活動報告BLOG

「エゾナキウサギの生態」講座を実施しました

9月15日に、上士幌町のひがし大雪自然館で「エゾナキウサギの生態」講座を実施しました。「なぜ知床財団がエゾナキウサギ?」となるかもしれませんが、私は大学院時代にエゾナキウサギの研究を東大雪地域で行っていたため、同博物館の知り合いから講座を依頼され実施しました。

エゾナキウサギの写真

参加者は地元の十勝地域から20名ほどで、これまでにエゾナキウサギを観たことがないという方が大半でした。講座は前半の座学と後半の観察会に分かれ、博物館で身につけた知識を実際に野外で確認してみるという流れです。是非、観察会で姿を観られたら、、、!鳴き声だけでも聴けたら、、、!

座学では写真や動画を通して、エゾナキウサギの生息地や食べ物について発表しました。「鳴きうさぎ」が鳴いている様子を動画で紹介したときは、小動物が発しているとは思えない高い金属音のような声に、多くの参加者が驚いていました。悲しい話でありますが、全球規模で進んでいる気候変動下ではエゾナキウサギが脆弱な存在であることについても話しました。

講座の様子

観察会では、直前まで生憎の雨だったためか、エゾナキウサギは静かな様子でした。。。しかし、登山道を歩き生息地に近づくにつれて、様々な方向から鳴き声が聴こえてきます。ついさっきまで驚いていたような鋭い声に、参加者のみなさんが慣れていく様子が見受けられました。エゾナキウサギはあまり姿を見せてくれませんでしたが、子供たちは溜め糞を何個も見つけるなど、日ごろ見ることのない岩の積みあがった地形に夢中でした。

野外観察の様子。岩場で鳴き声を待つ。

今回の講座を行ったひがし大雪自然館のある大雪山の周辺地域では、エゾナキウサギが彼方此方に分布しています。知床からは直線距離で150kmほど、運転すると4時間ほどです。しかし、エゾナキウサギにこの距離はとても遠く、知床半島でエゾナキウサギは確認されていません。恐らく、分布拡大期に知床まで到達しなかったのかなと思います。何万年後かには、知床にもいるかもしれませんね。

(サキヤマ)

コメント (0)

ダイキン工業「第16回知床ボランティア」開催報告

実施期間:2019年9月19日(木)~22日(日)

ダイキン工業の社員の皆さん10名にお越しいただき、秋の知床の自然の中で森づくりのお手伝いをしていただきました。

今回で15回目となるこのボランティアは、ダイキン工業様からの寄付による森づくりの一環で、有志の社員の皆さんが実際の森づくりに携わる4日間のイベントです。

期間中、一時的に雨も降りましたが、概ね順調に各種作業を進めることができました。

 

続きを読む →

, コメント (0)

岩尾別川の状況

9月に入り、岩尾別川にヒグマが出没するようになりました。

そのヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンによる、いわゆる「ヒグマ渋滞」が発生しています。

時には、道路両側に車を停めたり、急カーブに車を停めるなど、危険な状況も発生しています。


岩尾別 急カーブに停車する人たち

 

 

 

 

 


岩尾別での混雑状況の様子

 

 

 

 

 

 

 

 


このヒグマ渋滞は、以前から発生しており、過去の活動ブログでもその状況を発信しています。

知床財団のTwitterアカウント「@bear_shiretoko」にも、今年の9月中旬に発生した岩尾別での混雑状況、人間の子どもが車に轢かれそうになった時の動画を投稿しました。最近では、マスコミにも報道されたためTVやネットニュースで目にした方もいるでしょう。


岩尾別橋の上から撮影する人たち

 

 

 

 

 

 

 


知床白書によると、2016年度には年間約173万人が知床(斜里町+羅臼町)訪れています。

このすべての人達に「ヒグマに接近しない」「エサを与えない」というルールを順守してもらうことを目標に、普及啓発活動を継続して実施してきました。

我々としても、せっかく世界遺産知床に来たのですからヒグマを見て、その生き物がもつ力強さ、命の尊さをここ知床で感じてほしいと思っています。

ですが、既にお願いベースのやり方では限界が来ています。

今後、我々に求められるのは、ヒグマを安全に見ることができる仕組みを作ることです。

この仕組みとして、例えばアクセスコントロールが考えられます。

ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステムなど。。。

 

知床が世界に誇れる場所であり続けるために、地域の皆さまや道路管理者、北海道庁、環境省等の行政機関等と協力して、この問題に対する解決方法を導き出していきたいと思います。

 

最後に、

勘違いしている方もいますが、我々はヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンが悪者だとは思っていません。

誰かを悪者にしたところで、何の進展もありません。

誰も悪者にしない、安全に利用できる世界遺産あるいは国立公園の利用システムを目指していきます。

(担当 村上)

 

 

, , , コメント (4)

ミンクの叫び

今年の9月14日に斜里町の弁財覆道近くの道路上で、何やら黒い動物の交通事故死体を見つけました。

最初は黒いネコかと思いましたが、よく見てみると胴が長くて足が短く耳が小さい。

これはアメリカミンクというイタチ科の動物です。

続きを読む →

コメント (0)

第40回知床自然教室を開催しました

2019年8月1日(木)~7日(水)の日程で第40回知床自然教室を開催しました。

今年のテーマは「縁」です。

知床自然教室はたくさんの人々に支えられて40回目を迎えることができました。

今では、元参加者の子どもが自然教室に参加するようになり、世代を超えて自然を尊ぶ気持ちは受け継がれています。このように、知床と縁を繋いでくれた皆さまのおかげで、自然教室は40年に渡り継続することができています。そして、これからもこの「縁」を広げ、末永く自然教室を続けることが私たちの目標です。どうぞこれからも、知床自然教室をよろしくお願いします。

今年も連日好天に恵まれた熱い夏!第40回知床自然教室をどうぞご覧ください。

また、映画「生きとし生けるもの」の今津秀邦監督が、特別に自然教室を撮影してくれました。

知床の自然で暮らす子どもたちの映像もぜひご覧ください。

 

 

, , コメント (0)

ブログ