活動報告BLOG

ダイキン工業「第18回知床ボランティア」開催報告

10月2日~10月5日にかけて、ダイキン工業の社員さん9名が知床にお越しになり、しれとこ100平方メートル運動の森づくり作業にご参加いただきました。なおこの活動は、今年で10周年を迎え、これまでものべ196名の社員さんが、森づくり作業にご参加いただいています。

今回の作業は、ササ地を森林化する試みの一環として、広葉樹の植樹を行いました。知床では、若い広葉樹はエゾシカに被食される可能性が高いため、ある程度大きく育てた広葉樹の苗木に樹皮保護ネットを巻いて移植しています。この手法は労力がかかるため、一度にたくさん植えることができませんが、知床の厳しい自然の中でも着実に広葉樹を増やすことができます。ダイキン工業の皆さんが植えた広葉樹も知床の森の一員となり、大きく育ってくれるはずです!

広葉樹は、樹皮保護ネットを巻いて植樹します。

皆さんのご協力により、広葉樹を植えることがきました!

今回は作業中に大雨に見舞われましたが、荒天をものともせず作業に参加してくれたこと、心から感謝しております。皆さまの応援があればこそ、現場の職員も森づくりに励むことができます。

これからも100平方メートル運動の森づくりは、人と自然の関わり方を問い続け、豊かな自然を次世代に継いでいく活動を展開していきます。どうそ今後ともよろしくお願い致します!

 

, コメント (3)

コメント 3件

  1. ちょうど昨日、みんなで集まり、”反省会&ご苦労さん会”をしていました。(^-^;
    私たちが出来た事は、知床にとってはちっぽけな事ですが、私たちが伺う事によって、財団の皆様の励みになったり、モチベーションの維持にもなっているとか聞かされた日には、もう、みんな”財団ファン”に!
    みんながみんな、知床での再会を夢ながら、今後も自分たちに出来る支援を心に誓い、次回の”反省会&ご苦労さん会”の日程調整に入りました。
    今後とも、よろしくお願いします。
    18thボランティア一同
    • この度も森づくりにご参加いただき、本当にありがとうございました!
      知床は晩秋を迎え、山の上の方では雪がちらついております。
      私たちも森の木々も冬支度を徐々に進め、真冬に予定している次回の活動を楽しみにしております。
      冬の知床も魅力がいっぱいです。ぜひお越しください!
      職員一同、皆さまと再会できる日を楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ