活動報告BLOG

斜里町真鯉地区のエゾシカ日中カウント調査を実施しています

 知床半島ではエゾシカが高密度で生息しているため「知床半島エゾシカ管理計画」が策定され、関係機関による統一した管理が行われています。管理計画の実施項目の一つに主要越冬地でのエゾシカの生息動向を把握していくモニタリング調査があります。

 半島西側の基部寄りの斜里町真鯉地区はエゾシカの主要な越冬地となっていますが、行政が行う調査対象地区からは外れているため、私たち知床財団が独自でエゾシカの日中カウント調査を行っています。

 調査は2007年から継続して実施しており、1~3月の冬期に複数回、海岸沿いの国道上から山側の道路法面に出没しているエゾシカを確認し記録していきます。下の表は、シカ年度(6~翌5月)別最大確認頭数の年度推移です。

 

 

 

 

 

 

 

 この調査では年々、エゾシカの確認頭数が減少していますが、昨年(2018シカ年度)は3月下旬に110頭が確認され、2012年以来の増加となりました。調査で確認されるエゾシカ数の増減には、知床世界遺産地域の隣接地域の管理事業として実施されているエゾシカの個体数調整や狩猟等の影響が関係していると考えられます。

 先日の調査では、約12㎞のコースで計9頭のエゾシカを確認しましたが、例年3月に多くのエゾシカが確認されるので、今年の結果はどうなるでしょうか。双眼鏡でシカをカウントする調査員をのせた車が停車していても温かく見守っていただければと思います。

調査をしている斜里町真鯉地区

調査中に発見したエゾシカ

双眼鏡でエゾシカを数える調査員

※この調査では、カールツァイス社製の双眼鏡を使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(清成)

コメント (0)

クマ端会議、今年も開催しました。

開催日:2020年2月7日(金)@ウトロ、8日(土)@斜里市街地

私たち知床財団スタッフと地域の方々がヒグマについてざっくばらんに語り合う「クマ端(ばた)会議」を今年も開催しました。
今シーズンの斜里町でのヒグマの出没状況はどんな状況だったのか、ヒグマとうまく知床で暮らしていくためにどうしていけばいいのかをお茶を囲みながら地域の皆さんと意見交換しました。

2/7(金)@coffee albireo

 

ウトロでの開催は今回で7回目、斜里市街地での開催は3回目になります。
ウトロの回ではヒグマ状況に加え、昨年町内に新設したヒグマ対策ゴミステーション「とれんベア」をご紹介しました。斜里市街地開催の回では町外からのご参加もあり、今年話題となった札幌など市街地でのヒグマ出没を交えながら、盛んな質疑が飛び交いました。

2/8(土)@しれとこくらぶ

このクマ端会議は日ごろヒグマ対策に当たっている私たちスタッフと地域の方々が直接意見交換できる大切な場です。
私たちがどんな思いでヒグマ対策にあたり、なにを目指しているのか。
そして、地域の方々はヒグマと暮らしていることにどのような思いや心配事があるのか。
これから先も知床に住む私たちとヒグマが共存してうまくやっていくために、「クマ端会議」は今後も続けていきたいと思います。

(今年度は12月に羅臼でも初めて開催しました。詳しくはコチラ

また、今回の開催のため冬季休業中にもかかわらず臨時オープンしていただいたcoffee albireo様(@ウトロ)、そして3年連続でご協力いただいているしれとこくらぶ様(@斜里)にはこの場を借りて、御礼申し上げます。

(担当:田中)

コメント (1)

羅臼ブログ第5回「今年も来ています」

 令和2年となりました。今年も羅臼から土屋のブログをお届けしますので、みなさまよろしくお願い致します。

 年が明けて寒さが一段と厳しくなってくると、オホーツク海から流氷が、風と海流で北海道に押し寄せてきます。羅臼沖の根室海峡に流氷が流入してくるのもそろそろ時間の問題でしょう。オオワシやオジロワシは餌をとるために、アザラシ類は繁殖のために流氷とともにやってきて、羅臼の町も観光客で少し賑やかになります。トドも来ますが、彼らは実は流氷が嫌いです。流氷を避けるように回遊しています。今回は流氷が来ると羅臼の海から逃げていってしまうトドを紹介したいと思います。

 トドは、私たちと同様に魚介類が大好物で、大きなオスだと体重1トンにもなるアシカの仲間の海生哺乳類です。一時大幅に減少し、1990年代にはレッドデータブックで「絶滅危惧種」に指定されました。その後生息数は回復し、北太平洋東部の個体群は危険度ランクが下がりましたが、羅臼の海にやってくる西部の個体群はいまだ絶滅危惧亜種のまま据え置かれています。

 根室海峡では、彼らは越冬や採餌のために毎年11月ごろから来遊します。海岸近くの浅瀬でプカプカと波間に浮いているのがしばしば見られます。仲良く並んでヒレを海面に上げていることもあり、さながら東京2020で日本のメダルが期待されているアーティスティックスイミングみたいです。そんな穏やかな姿を見せてくれる反面、大食漢で漁網にかかった魚を食べ、網を破いてしまうこともあり、漁業者からは嫌われ者です。そのため、羅臼沿岸では、追い払いや銃による駆除(頭数制限あり)などの対策がされています。

プカプカと波間を浮いているトド。

 一方、世界自然遺産の審査を任されている機関(IUCN)からは、登録準備の段階から「有害駆除は考えなおすべき」とのきびしい勧告が出され、一時は漁業者の反発で遺産登録が危うくなったこともありました。その後、今に至るまで、保全状況の報告を上げる度にユネスコ世界遺産委員会やIUCNから対策の見直しを求める意見が出され続けています。陸ではヒグマやエゾシカ対策、海ではトド対策と、羅臼は人と野生動物の軋轢を多く抱えたたいへんな町だということを改めて実感しています。

 私たち知床財団は、羅臼沿岸のトドの数を定期的にカウントしながら、生まれた島や年齢がわかる標識(幼獣の頃にロシア人研究者がつけたロシア文字と数字の焼き印)のついたトドを12年間にわたり記録し続けています。毎年、多い日には100頭以上が羅臼沿岸で遊泳していることや、8年連続で羅臼に来ているトドがいることもわかってきています。今年も流氷が接岸して、トドが去って行く頃まで調査を実施する予定です。

ドローンから撮影したトドの群。陸上からの観察ではなかなか頭数確認が難しいが、水面下も含めて21頭が確認できる。写真下方の中央付近の個体には標識(C801)が見える。

 実は私、この調査には知床財団に入る前の大学生の時(2008年)から参加しています。かつての私はこの調査のために、そしてトドは越冬と魚を食べるために、お互い異なる目的でこの時期に羅臼を訪れていましたが、いつの間にか私は羅臼の住民となり、トドを迎える立場となりました。数年前に確認した標識個体を見つけると「今年も羅臼の海に来たのだな」と双眼鏡越しに懐かしい気持ちになりつつ、「漁師の人たちに面倒をかけるんじゃないぞ」と複雑な気持ちになります。

 人間とトドのうまい付き合い方はあるのでしょうか。最近の観光船やダイビングガイドツアーによるトドウォッチングは、彼らとの新たな関係作りのきっかけになるかもしれません。私たちが継続して収集した調査データが、軋轢の解消に少しでも役立つ情報になることを願っています。


ならんで泳ぐ標識個体(Б745、Б61)

コメント (4)

ダイキン工業「第17回知床ボランティア」開催報告

実施期間:2020年2月1日(土)~3日(月)

ダイキン工業の社員の皆さん8名にお越しいただき、冬の知床の自然で森づくりのお手伝いをしていただきました。

このボランティアは、ダイキン工業様からの寄付による森づくりの一環で、有志の社員の皆さんが実際の森づくりに携わるイベントです。冬の開催は、昨年に引き続き2回目です。今回は、天候の影響で予定より1日短い3日間の開催となりました。

2月の知床は、日中でもマイナスの気温が当たり前の季節です。本州からいらっしゃった皆さんにとっては、まずはスノーシューを履いて歩くところからがスタートです。慣れない雪の中、かつて植えたアマエゾマツやトドマツなどが立ち並ぶ植林地へと向かいました。

今回の森づくりは、15年から20年前に植えられた木々をノコギリを使って切っていく作業です。

 

続きを読む →

, コメント (0)

冬の間中、ヒグマの糞を洗って、内容物を分析しています

2019年の春~秋のシーズンには、知床財団ヒグマチームはヒグマの個体数推定のためのDNAサンプルを採集する目的で半島中に調査に出かけていましたが、実は、その調査で発見した糞はDNAサンプルを採取した後、内容物の分析をするために必要量を回収してきていました。

 

調査中に発見した糞

糞を回収する様子

糞を回収する様子

 

 

 

 

 

 

 

 

クマ類では食糧事情が悪い年に、餌を求めて行動圏が拡大し、人里への出没が増加する事例が報告されていますが、過去に知床でも2015年と2012年にヒグマの大量出没(捕殺)年がありました。

北海道立総合研究機構と北海道大学と今年度から共同で取り組んでいる調査では、大量出没に影響を与える鍵となるエサ資源(サケ・マス類?ドングリ?ハイマツ?他?)を明らかにするために、

①大量出没が起こった年のエサ資源の変化の特徴、例えばサケ・マス類の遡上の遅れがあったのか、それとも森のドングリが凶作だったのか、と

②知床全域のヒグマの利用資源、つまり半島内でもヒグマが暮らす地域によって食べ物は異なっているか、を把握していくこととなっています。

 そのために、半島中から設定した調査地のヒグマの糞を回収し、その内容物を分析することとなりました。回収してきた糞は軽く数百サンプル以上あるのですが、糞分析担当(夏の間はヘアトラップ調査担当)の職員が冬の間中、ヒグマの糞を洗って、ポイントフレーム法で内容物を確認しています。

この糞内容分析調査はなんとも細かく集中力がいる作業です・・・。

糞を洗っています

目視で内容物ごとにカウントしています

拡大写真

 

一日に何回もこの作業を繰り返しているS職員。

雪が融ける春までに、無事に作業が終わることを祈っています。

 

本年度(2019年度)から3年間の予定で、「遺産価値向上に向けた知床半島における大型哺乳類の保全管理手法の開発」と題し、北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団が共同で調査・研究に取り組んでいます。実施にあたっては(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費【4-1905】を活用しています。

具体的には、

より正確なヒグマの生息数推定にむけた研究          

②ヒグマ大量出没の要因解明に関する研究

ヒグマ捕食圧下におけるエゾシカの高密度維持機構に関する研究

の3つのテーマに取り組みます。

 

今後、活動ブログで順次、調査の様子などをお伝えしていきます。

(清成)

コメント (0)

ブログ