活動報告BLOG

7/31から幌別川河口立ち入り禁止

2020年7月31日、幌別川河口で釣り人が釣った魚をヒグマに奪われる事件が発生しました。

人身被害は発生していませんが、今後、ヒグマが河口に頻繁に出没し、積極的に人に接近・追い回す可能性が非常に高い状況です。

そのため、関係機関※と協議の結果、幌別川河口で人身事故が発生する恐れが高まっていると判断し、緊急的に河口への立ち入りを禁止することとしました。

※幌別釣りを守る会・環境省・林野庁・北海道・斜里町・(公財)知床財団

 







, コメント (1)

コメント 1件

  1. said: kingfisher on
    立ち入り禁止はたいへん懸命な措置です。釣りを楽しみに来た方々にはとても残念ですが、人やクマの命を危険にさらしてまで釣りをする必要性はまったくありません。
    毎年のように、このような人々のために駆除されるクマのニュースを見て残念な気持ちになります。
    かつて和人はアイヌからサケを獲る権利を奪い、川に出てくるクマをことごとく殺し、自然の恵みをわが物としました。木彫りで見られるようなサケを食べるクマの姿は、もはや伝承のものでしょうか?いいえ、知床だけはその姿が遺されています。知床が世界遺産になった意味を考えてほしいと思います。
    世界遺産を守るために、多くの公的資金や寄付金が投入されているはずです。私達が行政やあなた方自然保護団体に望むのは、野外レクリエーションの推進ではなく、自然を守る盾となることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ