活動報告BLOG

【フンベ川河口の状況】釣り人へのお願い

幌別川河口は7月31日から立ち入り禁止となっています。そのため、幌別川の近隣であるフンベ川河口に釣り人が集中しています。

残念ながら、人が増えるとゴミのポイ捨てや魚の内臓の残置などの問題も増えてしまいます。

食べ物のゴミ


本日(8月1日)、フンベ川河口近くのチャシコツ崎という場所で、ヒグマの目撃がありました。

私たちが現場に到着した時には、既にヒグマの姿はありませんでした。

ヒグマの明確な痕跡は確認できていないのですが、過去の経験から予想すると、フンベ川河口周辺から海岸を歩き、チャシコツ崎まで移動した可能性が疑われます。

つまり、今まさに釣り人がいる場所の周辺でヒグマが出没していた可能性があるのです。

そのため、注意喚起看板を急きょ設置することとなりました。


看板設置状況




注意喚起看板の内容


看板の内容は、食べ物・ゴミ・釣果を含む荷物の管理の徹底を釣り人にお願いする内容です。

このお願いを守って頂けないと、ヒグマによる人身事故の発生リスクが格段に上がってしまいます。

先日、幌別川河口でヒグマが釣り人の魚を奪いましたが、2016年・2018年にも斜里町ウトロ地区で同様の事例が発生しています。

同じ事を繰り返さないためにも、釣果を含む荷物等の管理を徹底してください。

また、ヒグマが出没しても釣りを続ける方がいますが、大変危険です。やめてください。

(知床財団 村上)

 

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, , コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ