活動報告BLOG

【スタッフのつぶやき】幌別川でのヒグマの捕殺を受けて

2020年8月24日の昼前、幌別川の少し上流側(国指定知床鳥獣保護区内)にて、推定年齢3-4歳の若いオスグマが捕殺されました。

「このクマが駆除されたら幌別の釣り場が開放になる」、「9/1から幌別川河口での釣りが解禁になる」など、出どころ不明の噂が釣り人の間で広まっているそうです…。単にヒグマが捕殺されて、釣りの再開が期待されるというこの流れ、現地でヒグマ対応に携わる人間としては大きな疑問を持たざるを得ません。

最終的に今回のヒグマは、釣り人が釣った魚に餌付いてしまい、日中に何度も人前に姿を現すように行動を変えました。幌別川、フンベ川、オンネベツ川、金山川、オチカバケ川等々、斜里~ウトロ間の河川の周辺はいずれもヒグマの生息地です。羅臼町内の河川も同様です。
釣った魚を放置すれば、ヒグマが出現した際に釣った魚を置き去りにして避難すれば、ゴミを投げ捨てれば、釣った魚を捌いて内臓を河川に投棄すれば…今回と同じようなことが今後も繰り返されるのは確実です。そしてこれまでも散々繰り返されてきたことです。

 

昨日(8/25)も、金山川とオショバオマブ川の河口付近で45リットル袋×4つのゴミを回収しました。今年のゴミの散乱状況は、例年以上に酷い状態です。

国道上に散乱するゴミ(弁当ガラ、犬の糞など)、8月16日撮影

海岸に投棄されていた即席めんのカップ、8月25日撮影

海岸で回収されたゴミ、短時間で相当量のゴミを回収した、8月25日撮影


幌別川にときどき姿を現す、満1歳の子グマ2頭を連れた親子グマがいます。この子グマは国道沿いで、ペットボトルをかじっている姿やポリ袋を口にくわえている姿がすでに確認されています。

今回のヒグマのように、距離感が壊れてしまったヒグマと人間が共存することは不可能です。ヒグマの“距離感”を壊すような振る舞いは、絶対に止めてください。距離感が壊れてしまったヒグマは、釣り人の皆さん、観光客の皆さん、カメラマンの皆さん、そして斜里町に暮らす住民の安全を脅かす極めて危険な存在になります。

今後の対応方針に関する関係機関(主に行政機関)の会議は、まだ行われていません。仕事で立ち入らざるをえない漁業者の方以外は、幌別川河口周辺に立ち入らないよう、引き続き警告します。

 

~~~~
なお、8月24日に捕殺されたオスグマは “19MS01” と個体識別されたクマであり、昨年から遺伝子(DNA)で識別されていました。このヒグマの遺伝子が糞・毛根・皮膚片から検出された地理的範囲は非常に広く、知床岬~ルシャ~カムイワッカ~岩尾別川沿い~男の涙~フレペの滝遊歩道~幌別川河口と、約40kmの範囲にわたっていました。



19MS01は、釣り人に対してだけでなく、漁業者や自然ガイド等への異常な接近やストーキング(追跡行動)、荷物を口にくわえて持ち去りかける等の危険な行動が認められていました。そのため、知床世界自然遺産地域の関係行政機関が定めた「知床半島ヒグマ管理計画」に基づき、同計画の「行動段階2」のヒグマとして、エリアを問わない捕殺対象とされていました。

しかし、 人身事故を起こす危険性が特に高い、19MS01と同レベルで危険と私達が考えているヒグマは、知床半島にまだ少なくとも2頭が生存しています。この2頭のうち1頭はオスグマです。オスグマは19MS01のように広域を移動するため、知床半島内にこれらの危険なヒグマが現れない「絶対安全な場所」は存在しません。特にヒグマに魚や釣り餌・荷物を狙われやすい釣り人、ヒグマに接近しがちなカメラマンの皆さんは、自分の身は自分で守るようにお願いします。

また、釣った魚や食料、荷物は必ず肌身離さず持った上で、ヒグマから逃げるようにして下さい。繰り返しになりますが、あなたの魚や荷物がヒグマに奪われれば、そのヒグマの持つ“人との距離感”は破壊されます。それは周辺で働き、生活する人々の命を危険にさらすことになります。そして最終的にヒグマの命も奪われます。

 

皆さんのマナーやモラルに期待できないなら・・・ 真剣に次の手段や強制力のある仕組みづくりを考えなければならなくなります。それは、知床半島を窮屈でつまらない場所にすることでしょう。それが望ましいことなのでしょうか…。

(担当:ヒグマ対策スタッフ)

コメント (10)

コメント 10件

  1. said: 宗田類 on
    仮に観光客のマナーやモラルが完全に守られれば、ヒグマは捕殺されずに済むのでしょうか?
    だとするならば強制力のある仕組みを真剣に考えるべきでしょう。
    何をもって知床半島をつまらない場所にすると言っているのか分かりません。
    世界自然遺産は単なる観光地・遊ぶ場所ではないでしょう。
    その普遍的な価値は後世まで守っていかなければなりません。
    地球の環境に負荷をかけ続けてきた人類が、これから自然や生き物たちとどう折り合いをつけて生きていくのか、それを実践して発信していくのが自然遺産の役割ではありませんか。
    今年は新型コロナの影響で観光客は少なかったし、外国人旅行者も少なかったはずです。しかし一方でコンビニなどでゴミ箱が撤去されたり、レジ袋の有料化が始まったことから不法投棄が増えるであろうことは、予想がついていたのではないですか。
    それなのにヒグマがゴミを食べたりする事態を防げなかった。もう少しうまく立ち回ることはできなかったのでしょうか。
    あなた方は毎年ヒグマをやむをえないという理由で捕殺しているようですが、その度に何か改善されてきたのでしょうか?
    もしあなた方が将来武器を捨てるつもりで、ヒグマとの共存の道を真剣に考えるなら寄付をしましょう。しかしヒグマを殺すための銃や弾を買うためだったら決して寄付はしません。
  2. said: 石川 on
    我が地元でも、毎年、里に出没したツキノワグマが殺されています。難しい問題ですが、地元民、観光客、そして離れた場所にいる我々全ての人間に自然環境への意識改革が必要だと思う。知床財団には希望となって欲しい。応援しています。
  3. said: 遠軽佐藤 on
    呆れた酷さですね。これでは幾ら拾っても追いつきませんね。いかに観光客のマナーに訴えるかですね!
  4. said: 伊藤 清二 on
    スタッフのつぶやき、を拝見しました。
    知床の事を考え、ご尽力されているスタッフの方のご苦労ご苦悩を考えますと、一人の釣り人として申し訳ない気持ちと、心から感謝致します。
    僕も全道の釣り場でゴミを見る都度、毎回怒りを感じております。一部の釣り人だと思いますが、マナーの悪い人間は釣り人に限らず存在します。
    釣り場が釣り禁止となる事も仕方ないとも思います。
    しかし、マナーを守る善良な釣り人も沢山います。
    その様な方は、個人情報を開示した上でマナーを守る事も約束しますし、これらに係る費用を負担することも納得すると思います。
    禁止する事は、多くの町が行っている様に簡単な事です。
    可能であれば、知床(ウトロ町)は、善良な釣り人、観光客と共存できるモデルケースになって頂ければと、勝手ながら思いメール致しました。
    突然コメントし、身勝手な事を記載しまして申し訳ありませんでした。

    追伸
    お盆に家族旅行でオシンコシンの滝&ウトロ温泉&カラフトマス釣りで堪能させて頂き、大変楽しませて頂き有難う御座いました。
  5. said: 伊藤 on
    はじめまして。
    釣り人のゴミ捨ては大問題ですね。
    このブログ記事にすごく考えさせられました。
    私も知床でアキアジ釣りをするのが楽しみですが釣り場がなくならないようにしたいですね。
    皆さま今後も頑張ってくださいね!
  6. said: ナオ on
    釣りに行きたいと思ってますが行かない事に決めてます。
    熊の怖さも経験してますし、知床には町民やヒグマに迷惑のかからない観光をしに行きたいと思います。
  7. said: かは丸 on
    釣りのタイプでゴミの投棄に差があるように思います。渓流のフライフィッシャーは、あまり捨てません。鮭釣り師は、かなりひどいですね。モラルの問題です。
  8. said: 谷野敦子 on
    愚かな人間がいる限り、このようなクマの犠牲が無くならない。個人的には、知床への関係者以外は立入禁止にして欲しい。
  9. said: ひろあき on
    なんということでしょう。多くの方々の善意による努力の裏腹で心を失ったとしか思えない人々のコメントがあるんですね。人間として恥ずかしく思います。
    実際に銃口を向けた人の気持ちは推し量れません。美しい自然と人も含む生き物たちが平和に暮らせるというのは夢なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ