活動報告BLOG

エゾシカ航空カウント調査に参加しました。

3月に入り、晴天の日が続いています。

S1670004ブログ用

上空から見たウトロの海。水平線まで流氷です!

気温がプラスになる日が続き、春が待ち遠しくなる今日この頃です。

知床財団では環境省からの受託業務として、2月27日~3月12日の期間にエゾシカ航空カウント調査を行いました。
これは知床の世界遺産地域で越冬するエゾシカをヘリコプターからカウントし、世界遺産地域におけるエゾシカの生息状況を把握することを目的としています。遺産地域の沿岸部分が主な調査地域で、毎年2月後半
から3月上旬にかけて数回の航空カウント調査が実施
されています。

S1670023ブログ用

流氷に囲まれる知床半島。

「シカをカウントしつつ、流氷と知床半島の断崖絶壁が織りなす美しい風景を上空から満喫できる・・・」と思いきや、航空カウントはかなり過酷な業務です。シカをカウントするためにヘリコプターは谷筋や尾根筋を舐めるように飛行しますし、風が吹けば機体は急に上下して体が浮きます。一度離陸したら2時間以上帰ってこれない場合もあり、乗り物酔いをしやすいスタッフにとってはまさに「試練」のような業務です。

去る2月27日、私(財団職員:森)は初めて航空カウ
ント調査に、記録係として参加しました。その日の調
査は、知床岬とその周辺地域が調査地域です。

IMG_1023ブログ

森の中や草原にいるエゾシカを探します。

乗り物に弱い私は、先輩からの様々なアドバイス(主に、酷く乗り物酔いをした「万が一」の場合はどうするのかについて)を頂き、「万が一」に備えビニール袋を握りしめてヘリコプターに乗り込みました。

リコプターが町の上空へ飛び立つと、知床半島に押し寄せる流氷を一望できました。どこまでも海を埋め尽くす流氷と抜けるような空のコントラストは、ため息がでるような美しさです。

風景に感動しているのも束の間、離陸して20分経つころにはフラフラと揺れるようなヘリコプターの飛行に
私はすっかり乗り物酔いとなっており、カウント調査
が始まってヘリコプターが旋回や上昇・下降を繰り返
し始めた頃には最初の「万が一」に襲われていました。

S1670009ブログ用

私(職員:森)が風景を楽しめたのは最初の10分だけでした。あとは乗り物酔いとの闘いです。

何度「万が一」が襲って来ようとも調査員(記録係)
としての任務を全うせねばなりません。私と同じよ
うに乗り物酔いに耐えていたカウント係にシンパシ
ーを感じながら、私は記録用紙にペンを走らせてい
ました。

毎年、スタッフが体を張って挑んでいるエゾシカの
航空カウント調査。大変な調査でしたが、エゾシカ
が厳冬の知床で生き延びている姿を目の当たりにし、
知床の自然とどのように向き合っていけば良いのか
考えさせられる機会でもありました。

 

(担当:森 脩)

 

 

 

コメント (0)

羅臼の小学校でちょっと特別なクマ授業を実施しました

 先日、今年度最後のクマ授業を羅臼町内の小学校で実施しました。IMGP7116s

この小学校では、この夏学校の近くでのヒグマの出没が相次ぎ、子供たちもヒグマの追い払いを目撃することもありました。

この日授業を受けた5年生は、ヒグマの生態についてや実際に出会ってしまったらどのように対処したらいいのかということを楽しみながらも真剣に聞いてくれていました。

 

 そして実はもう一つ、この日の授業は特別な授業でもありました。

 羅臼町では、2007年から羅臼町内のすべての中学校と高校でのクマ授業を行っていますが、この日メインで授業を行ったスタッフは、羅臼の中学校と高校でこのクマ授業を受けて育った羅臼出身の21歳のスタッフでした。IMGP7121s

 羅臼でクマ授業をはじめて10年、クマ授業を実際に受けて育った人材が、これからの羅臼の子供たちにクマ授業を行うことは、実は今回がはじめてでした。

 自分も受けてきた授業を目の前の羅臼の子供たちに、何とかわかりやすく伝えようと頑張って話している新人スタッフを見ていると、この10年の様々な授業が思い出されました。

 知床財団がここ知床で活動を続けていくことで、このような繋がりがこれからも続くなら、こんなに素敵なことはありません。今回の授業を一人でちょっと特別な感慨に浸りつつ聞きながら、そんなスタッフたちとずっとこの活動を続けていきたいと改めて感じました。 (担当:坂部)

コメント (0)

冬の森づくりボランティア開催中

2月に入り流氷も押し寄せ、知床は冬期観光シーズンの真っ只中です。

2/11,12日、道内外から総勢11名のボランティアさんが集い、しんしんと降る雪の中、冬の森づくりボランティアを行いました。

IMG_0913今回の作業の対象地は、密植されたアカエゾマツ造林地です。
私たちの森づくりでは、このような環境に在来の広葉樹を入れ込む手法を検討しています。

ボランティアの皆さんには、アカエゾマツの枝払いなどの作業をお手伝いいただきました。

生い茂る枝からの落雪を避けるために、深くフードをかぶって作業に臨みます。

IMG_0917音もなく降り積もる雪の中、枝を引くノコギリの音が冬の森に一心に響きました。

 

この度、降雪にもかかわらず森づくりボランティアに参加いただいた皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

(担当:草野)

, コメント (0)

しれとこ住民講座(宇登呂灯台編)を実施しました

環境省の主催で世界遺産地域に住む地元の方々を対象に開催される「しれとこ住民講座」。
1月28,29日の流氷の座学講座に続き、2回目は流氷を観察しよう!ということで、
「宇登呂灯台から見下ろす”凍る海”」と題して、野外での体験講座を行いました。
フレペの滝展望台から見えている宇登呂灯台は、通常公開はしていませんが、
今回は紋別海上保安部の皆さまにご協力をいただいて、講座にあわせ公開していただきました。

当日の2月5日は、なんと雲ひとつない快晴!そして、無風!!

恵まれたお天気と普段入れない場所からの見学に参加者もテンションが最高潮です。

灯台上部に登ると、青空に映えた真っ白の知床連山や知床岬の先まで、反対側は網走の向こう、能取岬まで眺めることができました。そして目的の流氷は、水平線までびっしりとひろがっていました。

戻ってきた参加者からも「一生に一度の体験」「感動した」「大満足!」の声をいただき、
流氷が魅せる知床の自然の素晴らしさを町民の皆様に感じてもらうことができた、良い講座となりました。

最後に、ご協力いただきました紋別海上保安部の皆さまに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

(担当:山本、清成)

 

灯台上部に登った参加者

灯台上部に登った参加者。写真撮影に夢中です

眼下は流氷がみっちりです。

眼下は流氷がびっしりです

知床連山から岬まで見渡せます

知床連山から岬まで見渡せました

水平線まで一面の流氷です

水平線まで一面の流氷です

 

 

 

 

 

コメント (0)

今年も「クマ端会議」を実施しました。

kumabata2016ウトロ町民の皆さまとヒグマについてざっくばらんに語りあう「クマ端会議」を今年も開催しました。

今年も主婦の方や漁師の方など、幅広い方々にお集まりいただきました。
会場では、私たちスタッフから今シーズンのヒグマ状況の報告や、町民の方でも簡単に設置できる電気柵の設置実演などをさせていただきました。さらにその後、参加者の皆さまより普段疑問に思っていることや、私たちの活動への提案など、積極的な意見をたくさんいただくことができました。

kumabata2016_2

簡易電気柵の設置実演

このクマ端会議は今年で4回目になります。
私たちにとってもこの会議は町民の皆さんの声を直にお聞きできる貴重な機会です。
来年以降も継続して行っていきたいと思いますので、町民の皆様、またぜひご参加をお願いいたします。

(担当:田中)

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG