活動報告BLOG

第7回羅臼ブログ「海中ビュッフェは自粛ムード関係なし」

 昨年4月に羅臼ビジターセンターに異動となってから、早いもので1年がたとうとしています。羅臼ブログも今回で7回目となりました。そろそろ私のブログにも飽きが来てないだろうかと心配になりますが、お付き合いください。

 新型コロナウイルスの関係で北海道から「緊急事態宣言」が発令され、羅臼の観光船も流氷シーズンの営業が早々に終了し、心なしか静かな羅臼の海となっています。そんな羅臼の海岸でカモメとカラスたちが集まって大騒ぎしている場面に先日遭遇しました。

わずかに湾になっている場所にだけ、オキアミの死体が溜まっていたようです。

 もしかして、よからぬ物が漂着しているのではと思い、海岸へ降りて周囲を警戒しながら捜索するもそれらしき物はなかなか見つかりません(よからぬ物とはヒグマを誘引してしまう可能性のある動物の死体等のこと)。私がドキドキしながら海岸を捜索している時も、カモメたちは一心不乱に頭を海に突っ込み続けています。不思議に思い海中をのぞくと無数の白っぽいものを発見しました。すくってみると死んだオキアミでした。鳥たちはこれを発見して狂喜乱舞のお祭り騒ぎで食べ放題パーティーをしていたようです。オキアミを除去するわけにもいかないので食事中に邪魔してすまんねとその場を離れました。

漂っていたオキアミ(エサダ)
まだ新鮮だった。

 後から聞いた話では、羅臼ではオキアミのことを「エサダ」と呼び、漂着はこの時期によくあることで珍しくはないとのことでした。私にとっては珍しい現象でしたが、海岸から急傾斜で落ち込んで水深1000mもの深海が近海にある羅臼の海の特徴の一つなのでしょうか?羅臼の海の豊かな理由の一部に触れた気がしました。

 今年は3月下旬になっても羅臼の海には流氷が残っていますが、雪解けの早い斜面ではフキノトウも頭を出し始めています。またオキアミが漂着しているのを発見した翌日には、羅臼町で今年初のヒグマ目撃もありました。少しずつですが、春が近づいてきているようです。明日から新たな年度も始まります。新年度はどんな羅臼を見ることができるか楽しみです。

 

コメント (2)

電気柵稼働開始

ヒグマが活動する季節になったため、ウトロ市街地の電気柵を順次稼働させています。


適切に設置された電気柵はヒグマの侵入を防いでくれますが、雪や倒木、雑草などに触れると漏電してしまい、電圧が著しく低下し、効果を無くします。

そのため、電気柵は設置から撤去するまでの間に何度も何度も電圧が落ちていないか確認する必要があります。

かなりの労力はかかりますが、ヒグマが市街地に侵入し、駆除せざるを得ない状況を無くすことができます。

ちなみに、電気柵に接触すると強いショックを受けますが(実体験)、流れる電気は基準に沿った安全なものを使用しています。

 

(知床財団 村上)

 

, コメント (0)

冬眠から明けたヒグマの姿を初確認

知床で冬眠明けしたヒグマの姿を、今シーズン初めて確認しました。

斜里側の国立公園内で、鹿を捕獲するためのわなに仕掛けた自動撮影カメラに映りました。

 

撮影日時は3月12日です。年によって前後しますが、知床でヒグマが活動を開始するのは例年3~4月です。ヒグマの姿を初確認したのは、2015年は3月12日、2016年は3月5日、2017年は3月17日、2018年は4月2日、2019年は3月10日でした。今年の初ヒグマ情報は、”平年並み”と言えそうです。

 

これからの時期、野外で活動する際は、冬眠から明けているヒグマがいることを頭に入れておく必要があります。ヒグマ対処法については、こちらを参照ください。

知床のヒグマに関する情報は、「知床情報玉手箱」「知床のひぐま」サイトで随時発信しています。

 

コメント (0)

冬期「森づくりボランティア」活動報告

実施日:2/8(土),2/9(日),2/15(土),2/16(日)

伐採木の運び出し作業。雪上での作業はとてもハードです。

100平方メートル運動の森づくりは、冬期もボランティアさんの協力を得て作業を行っています。この冬は、アカエゾマツの間伐作業を中心に行いました。
作業対象地は、植樹後15年~20年経ったアカエゾマツの植樹地です。植樹地のアカエゾマツは順調に生育していますが、アカエゾマツのみが育つ単調な環境になっています。この植樹地を知床本来の森に近づけるためには、間伐作業が必要です。アカエゾマツを適度に伐ることで林内が明るくなり、徐々に多様性の高い環境に変化し、やがて広葉樹と針葉樹が混ざり合う、知床らしい森に変わっていくことが予想されます。

 

この日、気温は終日−10度以下。極寒での活動、お疲れさまでした!

間伐は、ノコギリを使用した伐採や伐採木の運び出しが主な作業です。雪上での作業は重労働になりますが、道内外からのべ22名のボランティアさんが集い、間伐作業にご協力いただきました。また作業期間中は、吹雪や気温が-15度まで下がる厳しい環境下の活動日がありました。そんな中でも、快く作業にご参加下さった皆さま、本当にありがとうございました。この場を借りて心より御礼申し上げます。

100平方メートル運動の森づくりは、皆さまのご支援で実現しています。

 

, コメント (0)

羅臼ブログ第6回「羅臼が誇る高級食材」

 いつも土屋の羅臼ブログを読んで「いいね!」やコメントまでしていただき、ありがとうございます。実はとても励みになっています!今回はブログで好評になりやすい食べ物ネタです。先日、ウニの加工場を見学させてもらい色々な話を聞けたので、羅臼のウニについて紹介したいと思います。

 羅臼で獲れるウニは、エゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆)といい、名のごとく馬糞のような形をしており、棘は短く10㎝前後の大きさに育ちます。味はもちろん絶品で、口に入れると思わず笑みがこぼれるほど濃厚で甘く、うまみがつまっています。羅臼産のウニは、良い出汁が出ることで有名な羅臼昆布を餌として食べているから美味しいとされており、高級食材として扱われています。

羅臼で獲れるエゾバフンウニ

 ウニ漁は、磯舟の上から箱メガネで海をのぞき、見つけたウニを網ですくう方法が一般的で1月中旬~6月下旬まで続きます。浅瀬で漁がおこなわれるので羅臼の町から見ることができます。資源管理のためウニ漁師1人につき、1日に規定のカゴにすりきり1杯までしか獲ってはいけないルールが決まっており、昼頃までに漁は終わることが多いそうです。午後には漁師自らウニを加工し、出荷します。ウニは柔らかく繊細なためすべてが手作業です。ピンセットでゴミを取り除き、ウニによってわずかに違う色合いを選別していました。私が見学した作業場では10種類以上の色わけがされていました。オリ箱に詰めた際、見た目の良いグラデーションにするためだそうです。殺菌と身崩れ防止でミョウバンにつけてある「折ウニ」と、水につけてある「塩水ウニ」の2種類が主に作られていました。

ウニ漁の様子。箱メガネで海をのぞいて、たも網でウニをすくっている。

ウニの殻は口の方から専用器具で割っていました。
ウニは体の下に口があり、てっぺんに肛門があります。


色とサイズごとに選別し、ゴミを取り除いている繊細さが求められる作業。

我々が食べているのはウニの生殖巣(精巣または卵巣)です。一つのウニに5つ入っています。

 羅臼ではこのウニを購入できる場所がいくつかあります。道の駅「知床・羅臼」の建物に入っている羅臼漁業協同組合の直営店「海鮮工房」もその1つです。観光客はもちろんのこと、町民も購入する人気のお店です。天候や海の状況によってウニが取れず、店頭に並ばない日もありますが、漁期の間に羅臼に来た際はぜひ食べてもらいたい一品です。ちなみに私のおすすめは塩水ウニです。濃厚で甘い素材の味を一番楽しめると思います。

 よくある話かもしれませんが、私はウニが得意ではありませんでした。しかし、羅臼産の美味しいウニを食べてから好きになりました。ウニが苦手な方も挑戦してみてはいかがでしょうか?もしかしたら大好物になるかもしれませんよ。

羅臼漁協直営店で販売しているウニ。左が「折りウニ」右が「塩水ウニ」
値段は時価です。おおよそ、1つ2000~3500円くらいです。

 

 

コメント (0)

ブログ