活動報告BLOG

冬期ボランティア活動報告【第2弾】

造林地のアカエゾマツには、枯れ枝がたくさんついています。

2/6・7日にボランティア活動を実施しました。今回は斜里町及び近隣からボランティアさん5名にご参加いただきました。活動内容は、春の植樹に備えた準備作業です。

現在、100平方メートル運動地の森づくりでは、間伐したアカエゾマツ造林地に広葉樹を移植する作業を実施しています。この移植作業は春に実施しますが、今回の活動ではその準備として、アカエゾマツの枯れ枝を伐る作業を行いました。広葉樹を移植する際に支障となる枯れ枝を事前に伐ることで、春の融雪後、直ぐに広葉樹を植えることができます。職員だけでは数日かかる作業量でしたが、ボランティアさんのお力添えにより、半日で終

春にはこの中に広葉樹を植えて、針葉樹と広葉樹が混ざる森をつくります。

えることができました。ボランティアの皆さん、今回もありがとうございました!皆さんのお力で森づくりは進んでいます。

, コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ