カテゴリー  お知らせ(ヒグマ)

ヒグマによる人身事故が発生

2019年4月16日、知床(斜里町)でヒグマによる人身事故が発生し、ハンター1名がけがを負いました。
ヒグマが活動する季節になっています。山菜採りなどで山野に入る際は十分にご注意ください。

 

詳細はこちらをご参照ください(斜里町役場サイトへリンクしています)。

http://www.town.shari.hokkaido.jp/00news/catetemp2018_news/files/20190416higuma-keii.pdf

【2019年5月30日追記】

調査した結果を、斜里町がホームページに掲載しました。さらに詳しい経緯を参照できます。

https://www.town.shari.hokkaido.jp/00news/catetemp2_news2019/higuma20190416.html

コメント (4)

冬眠から明けたヒグマの姿を初確認

知床(斜里町・国立公園外)でヒグマの姿を確認しました。知床で冬眠明けしたヒグマを確認したのは、今シーズン初です。

ヒグマの姿が確認されたのは斜里町の真鯉地区(斜里~ウトロの区間)です。鹿を捕獲するためのわなに仕掛けた自動撮影カメラに映りました。撮影されたのは単独のヒグマ、撮影日時は3月10日12時40分頃です。

年によって前後しますが、知床でヒグマが活動を開始するのは例年3~4月です。2018年の初ヒグマ情報は4月2日、2017年は3月17日、2016年は3月5日、2015年は3月12日でした。今年の初ヒグマ情報は、やや早いですが”平年並み”と言えます。

冬眠明けの順番は、単独個体→子連れメスと言われています。

これからの時期、野外で活動する際は、冬眠から明けているヒグマがいることを頭に入れておく必要があります。

ヒグマ対処法については、こちらを参照ください。

知床のヒグマに関する情報は、「知床情報玉手箱」「知床のひぐま」サイトで随時発信しています。


コメント (0)

野生生物と社会学会@九州大学でヒグマの話をしました

今年の第24回「野生生物と社会」学会大会は九州大学伊都キャンパスで開催されました。

そこで私達知床財団スタッフもテーマセッションとして、敷田教授(北陸先端科学技術大学院)と共同発表してきました。

 

今回のテーマは「知床国立公園における野生動物観光に対するICTの影響と課題」ということですが、簡単に言うと近年はスマートフォンの普及で野生動物の写真や情報がSNSで簡単に拡散されるようになり、それが人の動きに影響を与え、ひいては野生動物にも影響を与えている可能性がある、ということです。さらにざっくり言うと「インスタ映え」が野生動物に影響を与えているかもしれない、ということです。今回はSNSに投稿され拡散されている知床のヒグマの情報について現状を説明し、会場の皆様と議論しました。

続きを読む →

, , コメント (2)

【知床ヒグマ対策連絡会議より発信】知床世界自然遺産地域内におけるヒグマの捕獲について

 本日11月8日(木)午前9:30分頃、斜里町岩尾別地区(遺産地域内)においてヒグマ1頭(子グマ1頭を連れた親グマ)を捕殺しました。

 このヒグマについては人に対する警戒心が希薄で、遺産地域内の道路沿線で度々目撃されていました。5月27日に生ゴミを採食しているところを目撃されたことから、捕獲を検討しましたが、その後人に対する攻撃的な行動等は確認されなかったため、一旦経過観察としていました。

 しかし11月1日ウトロ市街地内への侵入徘徊があり、一旦遺産地域内に追い払いを行なった後も、その2日後には観光利用者が多く利用する道路上に滞留、通過しようとした車両2台に突進しました。車両の破損や人身被害は確認されませんでしたが、目撃者の聴き取り情報なども加味して、今後行動の改善は期待できないと判断し、捕獲やむなしとの判断に至り、本日捕殺しました。

 なお捕獲個体が連れていた子グマ1頭については、生ゴミの採食や人や車両に突進するといった行動は確認されていません(捕獲していません)。

 

○捕獲日時:11月8日 午前9:30頃

○捕獲場所:斜里町岩尾別(知床世界自然遺産地域内)

 

○捕獲に至るまでの経過:

5月27日:遺産地域内の岩尾別地区内で生ゴミを採食。一旦、追い払いを実施。生ゴミを片付けて事業者を指導。(、②)

(この間、周辺道路沿線で頻繁に目撃情報、その都度追い払い)

10月4日:学術目的で標識(首輪・耳タグ)を装着。

11月1日:ウトロ市街地へ侵入徘徊。追い払いで遺産地域内に誘導。

11月3日:遺産地域内の道路上に滞留、車両2台に突進、車両1台に接触。

11月8日:岩尾別で捕殺。

 

知床ヒグマ対策連絡会議

コメント (9)

ヒグマにGPS首輪を装着しました

知床ではヒグマの生態や行動を研究するため、ヒグマにGPS発信機を装着する調査を継続的に行っています。

今回は北海道大学獣医学部と協力して、0才1頭連れのメスのヒグマを麻酔で眠らせGPS発信機(首輪)を装着しました。この個体は観察記録から4才と推定され、今年初産と考えられます。

麻酔で眠らせたヒグマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年は動物行動追跡用の発信機も進化しており、GPSで緯度経度を測位して自動的にデータをインターネットにアップロードしてくれる高機能タイプがあります。ひと昔まえでは考えられませんでした。ただ機器が非常に高価なため、多くのヒグマに装着することはできません。

この度装着したモデル(Vectronic製 Vertex Plus)は、さらにカメラ機能がついており、ヒグマの目線(実際には首輪目線ですが)から見た映像を記録することができます。ただしこれは発信機を回収しないとデータを取りだすことができません。野生のヒグマがどのような世界を見て生きているのか、気になりますね。

今回の首輪装着は富士フィルムグリーンファンドから助成を受けて実施しています。

今回装着したカメラ付き発信機

発信機を装着したヒグマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の調査データではヒグマが季節的に低地と高山を行き来している行動が確認されました。その過程で高山のハイマツ帯に発信機が落ちてしまうことがあり、回収のためハイマツの藪をこいだり雪山を上って雪に埋まった発信機を掘ったりといった苦労がありました。その苦労も「ヒグマのことをもっと知りたい」という気持ちがあるから楽しめるのです。

首輪は一定期間が経過すると脱落する仕組みになっていますが、回収が楽にこしたことはないので、今回の発信機がなるべく回収しやすい場所に落ちることを祈るばかりです。

麻酔から覚めて無事に再会した親子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(担当:能勢)

, コメント (2)

ブログ