活動報告BLOG

コメント 5件

  1. said: 林 真 on
    そこは野生動物のテリトリー住処。
    人間を護る為ではなく、野生動物を護るために活動していただきたいです。
    人間に近づいた動物を駆除するのではなく、知識の無い人間を近づけないで動物を護って頂きたい。
    野生動物に近づく人間は自己責任で!ってならないですよね…羆が人間を襲ったら、人間の都合で駆除するんですからね…
  2. said: オシン on
    ゴールデンウィークに斜里からウトロ温泉を経て羅臼までのバイク旅行を計画しています。
    国道334号線でヒグマに遭遇する可能性はありますでしょうか?その場合、どのような対策を取ればよいでしょうか。もしよろしければアドバイスなどいただけますでしょうか
    • 知床横断道路、ウトロ~斜里市街地の海岸線、いずれもヒグマと遭遇する可能性はあります。
      特に横断道路はカーブが多く、見通しが悪い箇所があり、ヒグマの発見が遅れることがありますので、まずはスピードを出し過ぎないようにして下さい。
      ヒグマと遭遇した際は無理に接近して追い越そうとせず、またヒグマが道路を横断している場合は渡り終えるまで距離を保って待ってください。
      ヒグマを刺激しないことが大事です。
      道路で待機する際は、他の車やバイクにもお気を付けください。
      いい知床旅になることを祈っております。
    • こんにちは。たしかに狩猟期間ではありません。
      ただ今回は「狩猟」ではなく、「ヒグマ対策技術者育成のための捕獲」下見の最中の事故でした。
      ヒグマ対策技術者育成のための捕獲は、北海道ヒグマ管理計画に基づき春先に実施されています。

      北海道サイトに以下のような資料が掲載されています。
      ヒグマ対策技術者育成のための捕獲は、項目18に出てきます。http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/higuma/H30_shiryou1.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ