活動報告BLOG

岩尾別川の状況

9月に入り、岩尾別川にヒグマが出没するようになりました。

そのヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンによる、いわゆる「ヒグマ渋滞」が発生しています。

時には、道路両側に車を停めたり、急カーブに車を停めるなど、危険な状況も発生しています。


岩尾別 急カーブに停車する人たち

 

 

 

 

 


岩尾別での混雑状況の様子

 

 

 

 

 

 

 

 


このヒグマ渋滞は、以前から発生しており、過去の活動ブログでもその状況を発信しています。

知床財団のTwitterアカウント「@bear_shiretoko」にも、今年の9月中旬に発生した岩尾別での混雑状況、人間の子どもが車に轢かれそうになった時の動画を投稿しました。最近では、マスコミにも報道されたためTVやネットニュースで目にした方もいるでしょう。


岩尾別橋の上から撮影する人たち

 

 

 

 

 

 

 


知床白書によると、2016年度には年間約173万人が知床(斜里町+羅臼町)訪れています。

このすべての人達に「ヒグマに接近しない」「エサを与えない」というルールを順守してもらうことを目標に、普及啓発活動を継続して実施してきました。

我々としても、せっかく世界遺産知床に来たのですからヒグマを見て、その生き物がもつ力強さ、命の尊さをここ知床で感じてほしいと思っています。

ですが、既にお願いベースのやり方では限界が来ています。

今後、我々に求められるのは、ヒグマを安全に見ることができる仕組みを作ることです。

この仕組みとして、例えばアクセスコントロールが考えられます。

ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステムなど。。。

 

知床が世界に誇れる場所であり続けるために、地域の皆さまや道路管理者、北海道庁、環境省等の行政機関等と協力して、この問題に対する解決方法を導き出していきたいと思います。

 

最後に、

勘違いしている方もいますが、我々はヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンが悪者だとは思っていません。

誰かを悪者にしたところで、何の進展もありません。

誰も悪者にしない、安全に利用できる世界遺産あるいは国立公園の利用システムを目指していきます。

(担当 村上)

 

 

, , , コメント (4)

コメント 4件

  1. said: やまたけ on
    9月の初めに羅臼岳へ登るためこの地点を通過しました。
    その時は何故こんなに多くの車がいるのかはわからずびっくりし、、また走行に支障が出るほど無秩序に路肩駐車や停まる場所を探してうろうろする車が走ってきて困りました。
    帰宅後調べてみるとこのブログに行き着きました。

    ヒグマのテリトリーに人間が入っていくのですから、熊さんにお許しを得てという感覚が必要ではではないでしょうか。
    それを皆で渡れば怖くない感覚で刺激するところまでズカズカ入っていくのは大変問題かと思います。

    生態系の維持や自然保護の観点からもっと思い切ったルールを早く作っていただきたいと思います。
    関係方面が多く大変かと思いますが、この事態を一刻も早くなくなるよう頑張って下さい。
    • said: 知床財団 on
      コメントありがとうございます。
      野生のヒグマを見たいという気持ちがそのような行動を起こさせているのですが、大勢の人が同じことをすれば混雑が発生し、危険な事も発生してしまいます。
      また道路を車で走る以上、ドライバーは交通ルールを守り安全に走行する責任があります。観光地であろうと国立公園であろうと、ヒグマ見たさに危険な運転をするなど社会的に許容されるものではありません。
      実はこの状況は最近始まったことではなく、10年以上も昔から続いている問題なのです。
      仰る通り生態系の維持や自然保護の観点から、人の行動を改善しなければ守るべきものも守れない状況です。
      私達は、すべての関係者がこの問題に真剣に目を向けて状況が改善されるまで情報発信と提言を続けていきます。
  2. said: オダノブコ on
    大阪のばあちゃんです。知床を応援しています。【ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステム】そんなシステムを是非作ってください。
    • said: 知床財団 on
      オダノブコ様
      応援頂き、ありがとうございます。
      皆さま一人一人の声を関係行政機関へ届け、安全に利用できる国立公園のシステムの早急な整備ができればと考えております。引き続き、ご支援いただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ