活動報告BLOG

【知床ヒグマ対策連絡会議より発信】知床世界自然遺産地域内におけるヒグマの捕獲について

 本日11月8日(木)午前9:30分頃、斜里町岩尾別地区(遺産地域内)においてヒグマ1頭(子グマ1頭を連れた親グマ)を捕殺しました。

 このヒグマについては人に対する警戒心が希薄で、遺産地域内の道路沿線で度々目撃されていました。5月27日に生ゴミを採食しているところを目撃されたことから、捕獲を検討しましたが、その後人に対する攻撃的な行動等は確認されなかったため、一旦経過観察としていました。

 しかし11月1日ウトロ市街地内への侵入徘徊があり、一旦遺産地域内に追い払いを行なった後も、その2日後には観光利用者が多く利用する道路上に滞留、通過しようとした車両2台に突進しました。車両の破損や人身被害は確認されませんでしたが、目撃者の聴き取り情報なども加味して、今後行動の改善は期待できないと判断し、捕獲やむなしとの判断に至り、本日捕殺しました。

 なお捕獲個体が連れていた子グマ1頭については、生ゴミの採食や人や車両に突進するといった行動は確認されていません(捕獲していません)。

 

○捕獲日時:11月8日 午前9:30頃

○捕獲場所:斜里町岩尾別(知床世界自然遺産地域内)

 

○捕獲に至るまでの経過:

5月27日:遺産地域内の岩尾別地区内で生ゴミを採食。一旦、追い払いを実施。生ゴミを片付けて事業者を指導。(、②)

(この間、周辺道路沿線で頻繁に目撃情報、その都度追い払い)

10月4日:学術目的で標識(首輪・耳タグ)を装着。

11月1日:ウトロ市街地へ侵入徘徊。追い払いで遺産地域内に誘導。

11月3日:遺産地域内の道路上に滞留、車両2台に突進、車両1台に接触。

11月8日:岩尾別で捕殺。

 

知床ヒグマ対策連絡会議

コメント (7)

コメント 7件

  1. said: 鹿島零 on
    仕方のないことかもしれませんが、やり場のない悲しみを感じますね。それは皆さんも同じだと思います。
    ところでクマの遺体はどうなったのでしょうか。シカは有効活用されてると聞きましたが。
    道の駅にクマ肉の缶詰が売ってましたけど、これって、そういうことですか?
    • コメントありがとうございます。
      知床では、自然死も含め、生き物の死に立ち会うことが多くあります。
      悲しい死が無くなるよう、知恵を絞って行きますので、ご協力お願いいたします。

      クマの遺体ですが、我々が行政の仕事で有害捕獲した場合は、全て廃棄となります。
      ご覧になった商品は、ハンターさんが狩猟で獲ったものを製品化したもので、古くからあります。

      以下は私見ですが、
      死に立ち会った遺体をゴミとするのは心の痛む仕事です。
      殺した以上、食べるのが供養、という考えもあります。
      埋設して土に返すことも、法律上できません。
      正解は無く、だれかを悪者としても解決しない課題とも思います。
      悩みながら、進んでいきたいと思います。
      (知床財団 寺山)
      • said: 鹿島零 on
        気になったもので、ご説明ありがとうございます。とりあえず安心しました。仮にあの子熊が捕まっても人間に食べられることはないんだと。よそ者の勝手な感情だと思われても仕方ないですが、食べられるより廃棄の方がまだましです。食べもしない動物を遊び半分で殺すのは論外ですけど任務で仕方なかったのだから気に病むことはないと思います。
  2. クマのエサとなる鱒や鮭が岩尾別川に遡上していない。
    冬眠前の魚が人間が捕獲してしまうと言う行為が世界遺産の知床で行われていることがおかしいです。
    数少ない鮭の遡上出来る川が必要です。
    お母さんクマを殺された子グマは餌にありつけたのでしょうか、無事に春を迎えられるでしょうか…。
    知床財団はクマの命について、どうしたら共存出来るかを考えて下さい。
    • コメントありがとうございます。
      冬眠を迎えるにあたり、鮭はヒグマの貴重な栄養源です。ヒグマも懸命に生きています。
      その一方、人も懸命に生きています。
      近年は道内全体で鮭の回遊数・遡上数は減少しているそうです。
      このまま鮭の資源が少なくなれば...あまり想像したくないですね。

      岩尾別川、捕獲施設は確かにありますが、全ての魚を捕獲しているわけではありません。
      最近はダムの改良も進み、かなり上流まで魚が遡上している姿を見ることができるようになりました。
      ヒグマとの共存、我々だけの力では困難です。ぜひ一緒に!
      • 世界遺産知床はクマの生息地です。
        岩尾別川は貴重なクマの餌場でもあります。孵化場を造るならば、クマが安心して暮らせる生息地以外にすべきです。
        野生動物との共存、鮭が自然に遡上できる自然環境こそ世界遺産知床です。
        僅かな餌、追い払いや銃殺では共存とは言えません。
        クマの生息地に後から人が入り込んできたのですよ、もっと野生動物と人が共存するためにはどうすべきか…大好きな知床からクマの射殺という悲しい知らせが無くなりますように。
        多くの人の知識や声を聴いて下さい。
        • ありがとうございます。
          多くの課題があることは認識しています。
          また、その課題の解決が一朝一夕に出来ないことも事実です。

          ヒグマの生息地にあとから入り込んだのは人間だ...確かにその通りかもしれませんが、その話をしても何も進展は見込めないのではないでしょうか。
          いまを生きる私たちがとりうるのは、現時点でとりうる最善の方法を模索する、選択していくしかないのではないでしょうか。
          すこしづつを積み重ねて、10年後、20年後に大きく変わっていられるようやっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ