活動報告BLOG

「第23回森づくりワークキャンプ」開催報告

実施日:2018年10月30日(火)~11月3日(土)

知床の開拓跡地に原生の森と自然を取り戻すための取り組み『100平方メートル運動の森・トラスト』。運動の参加者の皆さんと現場スタッフが、共に森づくりに汗を流す「森づくりワークキャンプ」を10月30日~11月3日の日程で開催しました。

今回は、11名の皆さんにご参加いただき、森づくりに打ち込む5日間を過ごしました。

期間中、多少雨も降りましたが、大きな木の移植や2~3年後の植樹祭用のトドマツ苗木の掘り取り作業を行いました。どの作業も人数の力はやはり偉大です。スタッフ数人では、何日も掛かる作業も11名の皆さんの力でどんどんと進んでいきました。

今回ご参加いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました。長くて短い5日間、この日々の積み重ねが数百年先の未来の森へとつながっていきます。

〈参加者からの一言〉

・病後でどうかなと思って参加したが、再会できた人もいて楽しく生活できた。温かい気温で楽だった。(T・Yさん 70代女性 千葉県)

・天候が今まで一番たいへんだったけど、ラストの日に大苗を植えることまでできて満足です。(N・Nさん 70代女性 静岡県)

・天候のせいもありますが、作業にゆとりがありいつもより楽に過ごせました。(K・Mさん 60代 男性 札幌市)

・例年、楽しませてもらっています。(N・Tさん 70代男性 静岡県)

・大型苗の移植は、達成感があり良いと思います。(T・Sさん 60代男性 東京都)

・初めてのワークキャンプ参加。本格的な森づくりに参加できたような気分でとても満足しています。(H・Mさん 60代男性 釧路市)

・今回は寒さも厳しくなく清々しい気持ちで作業ができました。初参加の方々も増え有意義に過ごしました。(I・Sさん 50代男性 神奈川県)

・大型苗の移植は、天気に大きく左右される事を痛感した。ギャップ内の植え付けも終わった場所もあるが、先は長いと思いました。(H・Zさん 70代男性 東京都)

・皆さん楽しいワークキャンプですのでぜひ参加してください。(A・Yさん 70代男性 神奈川県)

・若い人たちにどんどん加わってほしいです。
(O・Hさん 50代男性 札幌市)

・普段体験する事のない時間を過ごす事ができる
だけでも価値があります。森の中は例えようもな
いくらいの美しさです。(O・Rさん 60代女性
茨城県)

(担当:松林)

 

, コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ