カテゴリー  野生動物の調査対策

【フンベ川河口の状況】釣り人へのお願い

幌別川河口は7月31日から立ち入り禁止となっています。そのため、幌別川の近隣であるフンベ川河口に釣り人が集中しています。

残念ながら、人が増えるとゴミのポイ捨てや魚の内臓の残置などの問題も増えてしまいます。

食べ物のゴミ


本日(8月1日)、フンベ川河口近くのチャシコツ崎という場所で、ヒグマの目撃がありました。

私たちが現場に到着した時には、既にヒグマの姿はありませんでした。

ヒグマの明確な痕跡は確認できていないのですが、過去の経験から予想すると、フンベ川河口周辺から海岸を歩き、チャシコツ崎まで移動した可能性が疑われます。

つまり、今まさに釣り人がいる場所の周辺でヒグマが出没していた可能性があるのです。

そのため、注意喚起看板を急きょ設置することとなりました。


看板設置状況




注意喚起看板の内容


看板の内容は、食べ物・ゴミ・釣果を含む荷物の管理の徹底を釣り人にお願いする内容です。

このお願いを守って頂けないと、ヒグマによる人身事故の発生リスクが格段に上がってしまいます。

先日、幌別川河口でヒグマが釣り人の魚を奪いましたが、2016年・2018年にも斜里町ウトロ地区で同様の事例が発生しています。

同じ事を繰り返さないためにも、釣果を含む荷物等の管理を徹底してください。

また、ヒグマが出没しても釣りを続ける方がいますが、大変危険です。やめてください。

(知床財団 村上)

 

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, , コメント (0)

7/31から幌別川河口立ち入り禁止

2020年7月31日、幌別川河口で釣り人が釣った魚をヒグマに奪われる事件が発生しました。

人身被害は発生していませんが、今後、ヒグマが河口に頻繁に出没し、積極的に人に接近・追い回す可能性が非常に高い状況です。

そのため、関係機関※と協議の結果、幌別川河口で人身事故が発生する恐れが高まっていると判断し、緊急的に河口への立ち入りを禁止することとしました。

※幌別釣りを守る会・環境省・林野庁・北海道・斜里町・(公財)知床財団

 







, コメント (0)

知床国立公園の道路沿いで親子グマの目撃が多発しています

知床国立公園の道路沿いで親子グマの目撃が多発しています。

その親子グマを見るために、ヒグマの真横に車を停車させる、ヒグマの後をつけるなどの、ヒグマを挑発・刺激するような行為をする人がいます。




 

母グマは自分の子どもを守るために攻撃的な行動をとることがあります。

また、人の所有物を攻撃したヒグマは、行動段階2※の問題個体とみなされます。

※知床半島ヒグマ管理計画

その場合、駆除、すなわち命を奪うことになる可能性があります。

知床に来たのだから、ヒグマを見たい・写真を撮りたいという気持ちは分かりますが、

自分の行為がきっかけで、ヒグマが殺されてしまったら、あなたはどう思いますか。

 

改めて皆さまへお願いです。

道路沿いでヒグマを見ても、降車・接近をせずに遠くから見守ってください。

 

知床のヒグマは人馴れしていますが、飼育されているわけではなく、今も昔も野生動物なのです。

ヒグマをゆっくり観察したい場合は、観光船を利用してください。

それがヒグマの命を守ることにもつながります。

 

(知床財団 村上)

 

ご支援していただける方はこちら

個人の方へ

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, コメント (0)

今年も知床ウトロ学校で「ヒグマ授業」を行いました

6月20日(土)、知床ウトロ学校で「クマ授業」を行ってきました。クマ授業とは、地域に暮らす子供たちにヒグマの生態や出会った時の対処法を伝え、知床でヒグマと共に暮らしていくためにはどうすればよいか、を学んでもらう取り組みです。当日は学校の授業参観日でもあり、8年生が1・2年生向けに授業を行う回と、私たちが3・4年生と5・6年生に向けて授業を行う2部構成で実施しました。

 

まずは8年生から1・2年生への授業です。 

ヒグマの大きさを自分たちで作成した実物大のタペストリーで説明する8年生。
1・2年生、びっくりしていました。

 

クイズやロールプレイングを交えつつ、盛り上がりながら楽しく学んでいきます。

 

1~6年生の間、今まで自分たちが学んできたことを教える立場に立って伝えるのは、きっと難しくて緊張したことと思います。でも、分かりやすくて楽しくて、いい授業でした。

そして、私たち知床財団スタッフから3・4年生、5・6年生にむけた授業です。

いつもはクマ対応に奮闘するスタッフが授業を行います。子どもたちも真剣です。

 

本物の頭骨を使い、ヒグマが雑食であることを説明するスタッフ。

 

私たちが生活している場所のすぐ近くにヒグマも暮らしていること、ヒグマがどういう動物なのかということ、ヒグマと出会ったらどのように行動すべきかということを聞いてもらいました。そして授業の中では、もう一つ大事なこととしてゴミの問題も取り上げています。最近の不法投棄の問題を例とし、ゴミを捨てないことをみんなに約束してもらいました。

ヒグマが普通に暮らしている知床で、私たちが彼らについて学のはとても大事なことです。この先、世代が変わっても子どもたちがヒグマについて学び続け、それが知床にとっての当たり前になれば嬉しいです。

(担当:近藤)

, コメント (0)

地域の皆様と「クマ活」パートⅡ!

5月21日、22日に実施した北こぶしグループ様との「クマ活」、続編のご報告です。
6月17日、18日の2日間、前回刈り切れなかったところと、この1か月の間にぐんぐん伸びた
国道沿いの草を刈りに再度出陣いたしました。

太陽のエネルギーと雨水をたっぷり吸収した笹薮たちは元気いっぱいで
1か月前とはまるで違った手応え!
刈り込みばさみを何度も動かすものの、強靭な茎に阻まれ、なかなかサクッと刈れません。

 

 

 

 

 

なんとしても今日中に刈り切りたい!と、最後は人海戦術で立ちはだかる笹薮に
パワフルな男性陣たちを一気に投入。
おかげで刈り残しも全て終了、最初は見えなかった海まで見えるほど見通しがよくなりました。

 

 

 

 

 

こちらは国道沿いのオオイタドリの壁。左が草刈り前、右が草刈り後です。
おかげで一気にスッキリしました。みなさんの労働力のすごさがうかがえます。
これでヒグマがいつ出没しても一目瞭然です。
北こぶしグループの職員の皆様、今回もありがとうございました!
(担当・山本)

 

, コメント (0)

ブログ