カテゴリー  野生動物の調査対策

クマ撃退スプレーの使用訓練を行いました

4月になってから知床国立公園の中ではヒグマの目撃情報や足跡の痕跡情報などが寄せられるようになりました。レジャーや仕事で野外へ行く方は、ヒグマ対策を忘れないようにお願いします。

私達も仕事でヒグマの生息地に入ることが多いわけですが、ヒグマと事故を起こすことがあってはいけません。そのため万が一のために常にクマ撃退スプレーを携帯しています。

しかしこのスプレーは持っているだけでは不十分で、いざという時にすぐに使えるよう訓練をしておく必要があります。またスプレーには使用期限があるので、定期的に日付をチェックしておく必要がありますね。

そのため職員を対象に4月上旬に練習用スプレーを使用した訓練を実施しました。※本物は劇物なので練習では使用しません。

実際のヒグマ相手に練習はできないので、写真を張った板が相手します

ヒグマがずんずん近づいてきます。 足が長すぎですね。

これで距離5mです。これ以上だとスプレーが拡散してヒグマに届きにくくなります。

 

 

 

 

 

 

まずヒグマ撃退スプレーには有効距離があるので、ヒグマとの距離感を掴む練習を行いました。ヒグマの巨大写真を張り付けた板を50m離れた場所から段階的に近づけていきます。だいたい2~3歳のヒグマがこの大きさです。野外では物の大きさや距離感が分かりにくくなるので、実際に距離を測りながら確かめていきました。

スプレーの有効距離は約5mと説明されているので、ヒグマが接近してきた場合はかなり引き付けなければいけません。実際、5mまで接近したヒグマ(写真ですが)はかなり大きく感じ、もし実物であればこの恐怖心は相当なものであろうと感じました。

このような練習は大事ですが、クマ撃退スプレーはあくまで最後の切り札です。実際はヒグマに会わないようにすることが重要だということを忘れてはいけません。

(担当:能勢)

 

コメント (0)

エゾシカ航空カウント調査に参加しました

 3月6日から3月11日までの期間、ヘリコプターで上空からエゾシカの頭数を調べる「エゾシカ航空カウント調査」を実施しました。この業務は環境省から業務として知床財団が請け負っているものです。ウトロや羅臼にお住まいの方は、空からのエンジン音に驚かれたかもしれません。お騒がせしました。

 知床は2005年に世界自然遺産に登録されましたが、その後エゾシカの高密度状態が植生や他の生物に影響を与えている可能性を指摘され、エゾシカの管理を適切に行うようIUCN(国際自然保護連合)から勧告を受けています。
もっと詳しく知りたい方は「第3期知床半島エゾシカ管理計画」をご覧ください。http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/170403p1.pdf

(環境省釧路自然環境事務所のホームページにジャンプします)
 エゾシカの管理を行うには、まず知床半島のどの辺りにエゾシカが何頭いるのか把握した上で、個体数調整(捕獲)する計画を進めなければなりません。この航空カウント調査はそういう意味でも重要な調査なのです。

 実はこの調査、昔から継続的に行われています。最初は2003年に行われ、その後は2011年に半島基部の範囲を含めた広域調査が行われました。2013年以降は毎年実施されています。このように継続的に調査を行うことによって、過去と比べてどの程度シカが増減しているか分かるという仕組みです。
 

 

 昨年の2017年は自然遺産エリアに747頭のエゾシカが確認され、今回は659頭でした。エゾシカが森の中に隠れていると見つけられないので、この数は実際の生息数より少なくなるはずです。多少の誤差はあると思いますが、エゾシカは着実に減少方向に向かっていると考えられます。2011年の調査では同じエリアで2,652頭確認されているので、この7年間でエゾシカは大幅に減少したと言えるでしょう。それは自然遺産エリアを含む知床半島で継続的にエゾシカの個体数調整(捕獲)が行われているからです。

 3月8日に私もヘリコプターに乗り込みました。空から見た知床半島は美しく雄大で、北から押し寄せる流氷が印象的でした。地上にいる時よりも、知床半島は細く長く、そして急峻だと感じました。北から押しよせる流氷の強大な流れを半島が受け止めてくれるから、オホーツク海は豊かな海でいられるのかもしれません。その代償として半島の海岸線は荒々しく削られ、場所によっては高さ100m以上の絶壁になっています。
 美しい景色に酔っている暇もなく、機体は風に揺られ、エゾシカをさがしながらぐるぐると旋回するものだから、今度はひどい乗り物酔いになってきます。上空から探すエゾシカはアリのように小さくて凝視しなければ見つけることができず、襲い来る吐き気に耐えながら地上にいるエゾシカを探し続けるのでした。

 知床半島の冬は長く、4~5ヶ月間は雪に閉ざされます。エゾシカは冬枯れの山の中を、秋までに蓄えた栄養を消費しながらササの葉や木の芽、樹皮などを食べて命を繋ぎます。メスは冬期に妊娠しているので、お腹の子どもの分まで食べて生きなければなりません。寒さと飢えに耐え忍んで生き抜くこと、それが彼らの能力なのだと思います。
 知床世界自然遺産はエゾシカの存在を悪としているのではありません。増えすぎて他の生物に影響を及ぼすことが問題視されているのであり、エゾシカも知床の自然の一部であるということを忘れてはならないでしょう。

(担当:能勢)

↓ Youtubeで上空からの知床半島の景色を見ることができます。画面酔いにご注意ください。

コメント (0)

31年ぶりのヒグマによる人身事故について

2017年10月9日に、知床半島(斜里町・羅臼町)では1986年以来31年ぶりとなる、ヒグマによる人身事故が発生しました。
事故現場は斜里町の朱円東地区。半島つけ根寄りの広大な畑作地帯の端の方で、最近観光地として有名になってきた「天に続く道」のすぐ近くです。

当初の一部報道では、「ハンター(地元の猟友会員男性)が親子グマの子グマの方を先に撃ってしまった結果、怒った母グマに逆襲されて負傷した」というような内容が流されていました。
しかし、関係する行政・研究機関・猟友会斜里分会・知床財団などで、現場も含めて詳しく調査した結果、まったく異なる状況であったことが判明しました。

DSC08116_事故現場cs

 

詳しくは、斜里町が事故直後に立ち上げた「ヒグマ人身事故対策本部」による下記の報告書をご覧ください。

171127WG資料_斜里町ヒグマ人身事故報告書

 

(担当:石名坂)

, , コメント (0)

とある鳥の死

斜里からウトロへ走っている途中、道路上に大型の鳥の死体を発見しました。

まさかオオワシ!?と思って確認してみると、オオセグロカモメの交通事故死体でした。

オオワシでなくてほっとしたのですが、ここでふと疑問がわき上がってきました。

オオセグロカモメは死んでもいいのか?天然記念物じゃないから?希少種じゃないから?

そうではないはずです。

確かにオオワシは希少な鳥です。

しかしこのオオセグロカモメの命も一つしかなかったものです。

私はいつの間にか命を天秤にかけているのだと気が付きました。

オオセグロ02

自動車というものは野生動物にとって非常に恐ろしいものです。知床は野生動物が多い反面、ロードキルで死亡する動物も多いのです。エゾシカ、キツネ、タヌキ、カラス類、カモメ類が多く、ごく稀にヒグマも交通事故に遭います。

もちろんわざと動物を轢く人などいないでしょう。しかし少しゆっくり注意深く運転していれば避けられた事故もあるのではないでしょうか。

(担当:能勢)

コメント (0)

電気柵の撤収作業

知床は雪が舞う季節になりました。

つい先日まで活発に活動していたヒグマたちも、そろそろ冬眠に入ったのかもしれません。

ヒグマの出没騒動もだいぶ落ち着いてきました。

 

毎年、雪が積もり始めると、電気柵の撤収作業が待っています。

電気柵が完全に雪に埋もれてしまうと、電気柵のラインが断線してしまうため、

区間によってはラインを落としたり、ポールや杭の回収を行います。

DSCF5288-1

 

 

 

 

 

 

 

この電気柵は、ヒグマの市街地侵入を防止する目的で設置しており、

ウトロの町をぐるりと一周囲う形になっています(総延長は約7.5km)

(電気柵にヒグマが触れると電気ショックが起こる仕組みです。

 接触すると強いショックを受けますが、流れる電気は基準に沿った安全なものです)

 

電気柵は、ヒグマの市街地侵入を100%防いでくれる訳ではありませんが、

ウトロの町を守ってくれる心強い道具です。

今年一年、お疲れ様でした。

 

コメント (0)

ブログ