活動報告BLOG

羅臼ブログ第2回 ウトロと羅臼の違い

 この春から斜里町ウトロから隣町の羅臼町に異動した「羅臼新人」土屋のつぶやきに、引き続きお付き合い下さい。さて、すぐ隣りとはいえ新しい地域に住むと、違いにずいぶんと気付かされます。今回はウトロと羅臼の「天気」と「フキ」の違いについて紹介させて頂きます。

ウトロと羅臼の降水量と日照時間(2019年4~9月

 羅臼は、天気予報が曇りだったら、雨が降るかもしれないと疑心暗鬼になるほど雨の多い町でした。まず、降水量と日照時間(2019年4月~9月)を気象庁のHPで調べてウトロと羅臼で比較してみました。羅臼は、ウトロより日照時間では約300時間少なく、降水量では約400㎜多いことが分かりました。原因は、春頃から発生する日本海低気圧の影響や知床連山が湿った南風を受け止めることによって降水量が増え、さらに根室海峡で発生する海霧の影響で曇りや雨の日が多くなるということでした。この現象は植物などの生育に大きく影響してくるのはいうまでもありません。羅臼ではウトロでほとんど見ることがなかったサルオガセというコケ(地衣類)をしばしば見かけます。サルオガセとは、ボロ布のように木に垂れ下がり、空気中の水分と光だけで成長する仙人のようなコケです。湿度が高い羅臼側の天候を象徴するコケといえるでしょう。

フキに関しては、北海道のフキの正式和名は「アキタブキ」といい、まるで雨傘並みの大きな葉をしげらせ、ヒグマの大好物ですが、ウトロ側では1980年代からのエゾシカの過増加が原因で激減した歴史があります。一つ一つのフキ群落も小さくてサイズは矮小化してしまっています。一方、羅臼のフキは人の背丈をこえるような大きさで、見るからに美味しそうなみずみずしいフキが至る所に生えています。ヒグマたちは初夏からフキをむさぼり食います。羅臼では道脇や住宅周辺までフキだらけで、毎年のようにヒグマが侵入してきています。

 つまり、フキが町中に繁茂しているということは、ヒグマを恒常的に誘引しているというたいへん危険な状態ということです。今年大きな話題になった飼い犬がヒグマに襲われた事件も、家の周辺にフキやオオイタドリなどが密生した場所で起きていました。フキが密生したヤブはヒグマに食べ物と隠れ場所を提供しているのです。フキは人間にとっても季節を感じられる食物ですが、家の周りでヒグマと鉢合わせるくらいなら刈り取ってしまうべきです。そうした危険な場所を減らすべく、今年から知床財団では地域住民と協力して草刈り活動を始めました。来年からはもっともっと大きく展開していく予定です。目標は、住宅地周辺のヤブをなくし、安全できれいな街並みにしていくことです。みなさん、来年は一緒に草刈りしませんか?

フキを食べているヒグマ

ヒグマがフキを食べた痕跡

 

 

 

コメント (2)

エゾシカの生体捕獲・標識放逐を実施しています

最近、耳にタグ(標識)をつけたエゾシカを国立公園内で見かけることがあるかと思います。

この標識ジカは、北海道立総合研究機構が今年から3年間かけて実施する調査・研究の取組みのひとつで、ルシャ地区と他のエリアで複数のエゾシカに発信機を装着し、行動追跡や生存率、妊娠率などを調べ、エゾシカの個体群がどのように変化しているか分析するために実施しています。

知床半島のルシャ地区は現在、エゾシカが最も多く生息している場所であり、昨冬のヘリコプターからのカウント調査では181頭が確認されました。ルシャ地区はヒグマも数多く生息する場所であり、ヒグマはシカの新生子や衰弱した個体を捕食していると考えられます。また高密度状態のシカは植生に影響を与え、ヒグマの利用できる植物を減少させるなど互いに影響を与えていると考えられます。しかしどの程度、ヒグマがエゾシカの個体群に影響を与えているか詳しく分かっていません。

 遺産地域の一部(幌別-岩尾別、知床岬、ルサ-相泊)では継続的にエゾシカの密度調整(捕獲)が進められていますが、現在ルシャ地区は人の手を加えていません。

 対照区として残され高密度が維持されているルシャ地区とこれまで人為的介入をしてきた幌別・岩尾別地域のそれぞれでシカの生体捕獲を実施し、捕獲個体には耳タグ及び発信機を装着します。そして、その個体の生存確認や子連れ状況を記録することで、各エリアのエゾシカの個体群特性を比較し、個体群の増加率に及ぼす特性の影響を明らかにします。

また、これらのデータは今後、知床半島エゾシカ管理計画の改訂やユネスコ/IUCNから求められている最小限の人為的介入によるエゾシカ過増加対策の検討に活用されます。

知床財団は現地でシカの生体捕獲・標識放逐に協力し、6、7月にルシャ地区、9月に幌別地区で麻酔銃による捕獲を実施しました。幌別・岩尾別地区では今後も生体捕獲を目標頭数(2019年は10頭)まで実施し、標識個体を増やしていく予定です。また、北海道立総合研究機構と協力して、現地で日常的に活動する私たちも、標識個体の目撃情報を蓄積していきます。知床自然センター周辺やその他の地域で標識個体を目撃することも増えていくと思いますが、調査にご理解をお願いします。

麻酔銃で捕獲し、標識を付けた後、覚醒させて放獣します。

ルシャ地区で捕獲した標識個体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本年度(2019年度)から3年間の予定で、「遺産価値向上に向けた知床半島における大型哺乳類の保全管理手法の開発」と題し、北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団が共同で調査・研究に取り組んでいます。実施にあたっては(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費【4-1905】を活用しています。

具体的には、①より正確なヒグマの生息数推定にむけた研究、②ヒグマ大量出没の要因解明に関する研究、➂ヒグマ捕食圧下におけるエゾシカの高密度維持機構に関する研究、の3つのテーマに取り組みます。

今後、活動ブログで順次、調査の様子などをお伝えしていきます。

(担当:清成)

コメント (0)

より正確なヒグマの生息数推定に向けた調査を行っています

「知床半島にヒグマは何頭生息しているでしょうか?」

知床にいらっしゃる観光客の方にもたくさんいただくこの質問ですが、実は現在、知床半島のヒグマ生息数は科学的に解明されておらず、過去と比較して増加しているのか、それとも減少しているのか正確に分かっていません。(現在の推定個体数は 559±440(知床半島ヒグマ管理計画,2017))

しかし、知床世界自然遺産地域では、この地域で暮らすヒグマ個体群を健全に維持するとともに人間社会との軋轢を軽減することが重要な課題となっています。ヒグマ個体群を健全に維持するためには、ヒグマの生息数に対し、捕獲数が一定以上を超えない事(捕りすぎない事)が求められ、精度の高い個体数を推定することで適正な捕獲数を求め、健全な個体群の維持と軋轢の軽減を目指すことができます。

北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団は本年度から3年間かけて調査を実施し、ヒグマの新鮮な糞、背こすり木などから回収した体毛、捕獲個体の肉片などからDNAを分析し、その個体を特定することで、より正確なヒグマの生息数を明らかにする個体数推定法を開発する研究に取り組んでいます。

私たち、知床財団は、主にその現地調査の大部分を担い、6月から11月までの予定で、知床半島の斜里町、羅臼町、標津町の広範囲でヒグマの糞を探すためのルートを設定し、ヒグマの体毛を採取するためのヘアトラップと自動撮影カメラを63箇所に設置し、調査を行っています。

ヘアトラップから毛を採集し、DNAで個体を特定します。

発見した糞から表面の組織を拭い(スワブ)DNAを分析します。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • ※本年度(2019年度)から3年間の予定で、「遺産価値向上に向けた知床半島における大型哺乳類の保全管理手法の開発」と題し、北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団が共同で調査・研究に取り組んでいます。実施にあたっては(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費【4-1905】を活用しています。

具体的には、①より正確なヒグマの生息数推定にむけた研究、②ヒグマ大量出没の要因解明に関する研究、➂ヒグマ捕食圧下におけるエゾシカの高密度維持機構に関する研究、の3つのテーマに取り組みます。

今後、活動ブログで順次、調査の様子などをお伝えしていきます。

(担当:清成)

 

コメント (0)

北海道大学獣医学部の野外実習を行いました【2019年】

 今年も9月24~27日の期間、北海道大学獣医学部の野外実習を受け入れました。今回の参加者は、獣医学部学生18名です。学生の皆さんには3班に分かれてもらい、知床自然センター周辺をフィールドに、それぞれのテーマに基づいた調査やサンプル収集を行ってもらいました。

 班ごとのテーマは以下の通りです。

1班:「熊の糞から考えられる嗜好性と感染症の調査」

2班:「疫ノ学調査」

3班:「鹿!植物!ダニ!」

 スケジュールは実質2日半、この中で野外調査とデータ分析、取りまとめ、発表を行います。忙しいスケジュールでしたが、水で洗ったクマの糞に目を凝らす人、顕微鏡を使って寄生虫卵を必死に探す人…、皆さん意欲的に課題に取り組んでいました。

 実習の成果報告という形で、学生の皆さんにブログ用のレポートを書いてもらいましたので、ご紹介します。

 ブログへの投稿は2013年から毎年行っていますのでよかったら過去記事もご覧ください(2018年2017年2016年2015年2014年2013年)。

 以下からが学生のレポートになります。

続きを読む →

コメント (0)

羅臼ブログ第1回 「子どもたちと知床岬をめざす」

 知床半島を共有する斜里町と羅臼町が設立した知床財団は、半島を一体的に保全するために両町に事務所を置いて活動しています。私は今年4月に羅臼ビジターセンターに異動となり、羅臼町にやってきました。同じ知床とはいえ、半島の東西では気候も産業も全くちがいます。隣町でもまるで異国に来たような感覚の毎日です。これから月1回、羅臼町初心者の目で、羅臼地区事業部・土屋(つちや)が体験したことを紹介させていただきます。

「子どもたちと知床岬をめざす」

 羅臼に来て1ヶ月たった頃、私は「ふるさと少年探険隊」(以下、探険隊)に参加が決まりました。探険隊では、町内の子どもたち(小学4年生~中学3年生の希望者)が、街並みの北のはずれ、道も途絶える相泊から大自然中の海岸を歩いて、はるか24km先の知床岬をめざします。探険隊はなんと今年で37回目の伝統行事です。「ふるさとの自然に親しみ、豊かな心を養うとともに、郷土愛や忍耐力、協調心を育てる」を主旨とし、羅臼町子ども会育成協議会と羅臼町教育委員会が主催しています。参加2年目以降に入隊可能な岬まで行く「チャレンジ隊」。参加1年目の子どもは「わんぱく隊」で、途中のモイルス湾(地形図ではモイレウシ湾、語源はアイヌ語で静かな湾の意味)まで行き、野外生活をしながら先輩たちの冒険に思いを馳せます。

 出発まであと数日に迫ったある日、歩く予定にしている海岸に漂着したトドの死体にヒグマが餌付いているとの情報が入ってきていました。ヒグマはトドのような大きい餌は一度に食べきれないため、何日もそこに留まって食べ続けます。そこに人間が近づこうものなら、ヒグマは餌を守ろうと攻撃的になるため、大変危険な状況になることがあります。出発日までにトドを食べ終えて去ってくれることを願っていたのですが、ヒグマはその場所に居座り続けました。しかもそれは、遠目からは大岩と見まごうばかりの300㎏を超える真っ黒なオス。さらに周りには大グマの次は自分もと、順番待ちのヒグマたちがうろついている状態です。結果、ヒグマのいる海岸を船で迂回し、北側の海岸に移動して岬をめざすことになりました。

知床岬に思いをはせるわんぱく隊の子ども

 いよいよ出発の日を迎えました。わんぱく隊の担当の私は、子供たちとともにモイルス湾にたどり着きました。そして、ヒグマとの遭遇など様々な困難に出会うであろうチャレンジ隊の旅路を想いながら見送りました。ところが、ヒグマの王国知床の真骨頂を経験したのはわんぱく隊の方だったのです。海沿いからも山からも、出てくる出てくる、毎日が「熊祭り」。結局、計13回もヒグマを見てしまいました。クマたちは餌を探すための通り道としてモイルスを使っているようです。一方、岬まで踏破したチャレンジ隊は、不思議にも一度もヒグマを見なかったとのこと。もちろん探険隊のヒグマ対策は万全であり、子供たちはみな無事に帰還しました。

 今回私たちが目指した知床岬は、誰でも挑戦することはできます。しかし、崖の登攀や打ち寄せる大波など、ヒグマ以外にも難関をいくつも乗り越えなければなりません。子供たちは経験豊富な地元の大人たちにサポートされて困難に挑戦できました。私たちが常駐する羅臼ビジターセンターやルサフィールドハウスでは、知床岬をめざすために必須の情報を提供しています。
必ず立ち寄って準備万端にしてから挑んでください。

(担当:土屋)

コメント (0)

ブログ