活動報告BLOG

きたネット北海道環境活動フォーラム2018「都市のクマとヒト」に参加しました

NPO法人北海道市民環境ネットワークが主催する、きたネット北海道環境活動フォーラム2018「都市のクマとヒト」が札幌市のエルプラザで12/8に開催されました。そこで私たち知床財団もパネルディスカッションと分科会にて知床での取り組みについて発表してきました。

https://blog.goo.ne.jp/kitanet-staff

パネルディスカッションでは、ヒグマが高密度に生息している知床で40年近く前から子供たちとキャンプを行っている「知床自然教室」について発表しました。高密度にヒグマが生息する場所で私たちが子供たちと実際どのようにヒグマ対策を実践しているのかを具体的に紹介し、今までヒグマとの至近距離での遭遇や事故はゼロである現状を伝えました。

知床自然教室では、ヒグマが出没した際には迅速に対応できる体制が整っていること、そして子供たち一人一人がルールをしっかり守ることの二段構えがあってこそヒグマとの至近距離での遭遇を防げていると私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

また、分科会Bの森林保全のパートでは、知床の森づくりの活動報告も行いました。しれとこ100平方メートル運動地での森づくりのこれまでの取り組みと、未来へ繋げる森づくりのこれからについての思いを語りました。

今回のフォーラムではヒグマの専門家だけでなく、札幌近郊のビジターセンターや環境教育施設のスタッフ、多くの学生も参加しており、分科会および全体交流会でも活発な意見を交わすことが出来ました。全プログラムを通じ、登壇者含め200名という過去最大の来場者数であったことからも、多くの人たちがヒグマやそれを取り巻く環境について高い意識を持っていると感じました。

フォーラムの様子は、TVニュースや新聞にも大きく取り上げていただきました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/261639

知床と札幌は遠く離れていますが、同じ北海道。自然豊かな知床も、北海道を代表する大都市札幌も、その周辺にヒグマが生活している事実は一緒です。私たち一人一人がどの様な「ヒグマ観」を持ち、行政がどの様な具体的対策をしていくか、今一度共に考えたいテーマです。

(担当:片山)

コメント (0)

北海道斜里町でヒグマと共存するためのゴミステーション設置を!

知床財団では、「北海道斜里町でヒグマと共存するためのゴミステーション設置を!」
というタイトルで、はじめての試みであるクラウドファンディング(寄付プロジェクト)を実施中です。

2019年1月末までの期間で、目標金額160万円、ウトロにヒグマ対策ゴミステーション3基を設置する資金を獲得することを目指しています。

詳細は下記プロジェクトURLを参照ください。
(ご寄付いただく方も下記からアクセスください)
———————————–
「北海道斜里町でヒグマと共存するためのゴミステーション設置を!」
https://readyfor.jp/projects/bearsafety
———————————–

斜里町ウトロには、すでに6基のクマ対策ゴミステーションが設置されていますが、まだまだ不足しています。そこで今回、クラウドファンディングを活用して、地域へのクマ対策ゴミステーションの拡充を図ろうというのがプロジェクトの狙いです。

クマ対策ゴミステーションが普及して、ゴミに餌付いて捕殺されるクマがいなくなる、そんなコミュニティーを作りたいと考えています。

 

 

 

コメント (0)

保護したエゾリスを放獣しました

先日、住宅地で動かないエゾリスがいると連絡を受け現場に向かいました。

住宅の駐車場の車の下でうずくまっているエゾリスを見つけましたが、たしかに動かないので網を使って保護しました。

どうやら低体温症のようだったので、とりあえず湯たんぽで加温。

しばらくすると・・・

箱の中で暴れ出すくらい元気になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

これくらい元気なら大丈夫だろうと思い、林の中で放獣。初めは警戒したり混乱したりしていましたが、すぐに林の奥に走っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

若そうな個体だったのでひょっとしたら今年生まれで、初めて迎える冬だったのかもしれません。

長い長い冬なので、無事に乗り越えられることを祈ってます。

(担当:能勢)

コメント (0)

野生生物と社会学会@九州大学でヒグマの話をしました

今年の第24回「野生生物と社会」学会大会は九州大学伊都キャンパスで開催されました。

そこで私達知床財団スタッフもテーマセッションとして、敷田教授(北陸先端科学技術大学院)と共同発表してきました。

 

今回のテーマは「知床国立公園における野生動物観光に対するICTの影響と課題」ということですが、簡単に言うと近年はスマートフォンの普及で野生動物の写真や情報がSNSで簡単に拡散されるようになり、それが人の動きに影響を与え、ひいては野生動物にも影響を与えている可能性がある、ということです。さらにざっくり言うと「インスタ映え」が野生動物に影響を与えているかもしれない、ということです。今回はSNSに投稿され拡散されている知床のヒグマの情報について現状を説明し、会場の皆様と議論しました。

続きを読む →

, , コメント (0)

東京農業大学でヒグマトランクキット授業を行いました。

実施日:2018年11月28日(水)
東京農業大学のオホーツクキャンパスにて、ヒグマ学習貸貸出教材「ヒグマトランクキット」についての授業を行いました。
私たちが年に数回地元の学校で実施している「クマ授業」はヒグマの生態や対処法を教える授業ですが、今回はそれとは違い、学芸員を目指す学生さん達に向けてヒグマトランクキットの内容や活用方法を紹介する授業です。
学生さん達にはトランクキットに入っている本物の頭骨や毛皮、糞の内容物を実際に触れて見てもらうとともに、ヒグマの生態や人とヒグマとの共存についての見識も深めてもらいました。

将来、自然や文化を研究し、人々に伝える側になる彼らに「伝える仕事」や「伝えるツール」の大切さが伝わっていれば嬉しいです。

(担当:田中)

コメント (0)

ブログ