活動報告BLOG

春の森づくり作業を行いました

100平方メートル運動の森づくりは、開拓跡地に森林を再生させる取り組みです。私たち知床財団は、この現地業務を担い、専門家や多くのボランティアさんと一緒に森づくりを行っています。

この春は、5月15,16,22,23日の4日間で作業を行い、アカエゾマツ林やササ地に広葉樹の苗木を植えました。
今年の作業も新型コロナウイルスの影響により、ボランティアさんと一緒に活動することができませんでしたが、斜里町役場や財団職員による少人数チームで作業を行い、予定通り植樹することができました。

アカエゾマツ造林地に広葉樹を植えて、樹種多様な森に変えていきます

開拓後ササ地になった所を森に戻すため、広葉樹を植えています

運動地の森は、エゾシカが高密度に生息した影響が色濃く残り、若い広葉樹が極めて少ない現状になっています。今は、一時に比べてエゾシカは少なくなり植生回復の兆しが徐々に現れていますが、依然としてオヒョウやハルニレ等、シカが好む樹種の生育は難しい状況です。
森づくりではこのような樹種に関しても、樹皮保護ネットを巻いて植えることで着実に増やしています。大自然の営みの中で、人の手で行えることは限られていますが、それでも自然のためにできる事を真剣に考え、知床の生態系が更に豊かになることを願いながら、私たちは森づくりを進めています。

, コメント (0)

母グマとはぐれてしまった0歳の子グマの対応について

5/12に母グマとはぐれてしまった0歳2頭の子グマが目撃されました。人が接近しすぎないように監視員を配置し、遠くから母グマが帰ってくるのを見守っていましたが、日没まで母グマは姿を現しませんでした。

 

翌日の朝に現地を確認すると、子熊はいなくなっていましたが、午後に再発見しました。1頭は生存していましたが、もう1頭は残念ながら死亡を確認しました。再発見した場所は道路脇であり、放置しておくと母グマが戻ってきた際に人身事故の恐れがあるため、生存個体については、利用者に危険が及ばず、なおかつ母グマと再会できる可能性のある母グマの行動圏内に移動放獣しました。また、死亡個体については現場から回収しました。

もし単独の子熊を見つけても、決して近づかないようにお願いします。付近に母グマが潜んでいる可能性があり大変危険です。

コメント (0)

知床ウトロ学校で「環境と観光」の授業を行いました

4月16日(金)、知床ウトロ学校で「環境と観光」について考えるための授業を行ってきました。

知床が世界自然遺産としてすばらしい自然を有する一方で、観光地として抱える課題があることを伝える内容です。

対象の5年生は男子が大半を占めるクラスとあって、元気いっぱいに盛り上がる授業となりました。

 

まずは世界自然遺産知床の環境をおさらいすることから始め、

多くの人が訪れる観光地だからこそ自然と人との間で問題が起きていること、

生活の身近なところでも野生動物被害があること、

そういった問題を防ぐための取り組みがあること、などについて順番に話をしていきました。

 

最後は、知床財団が制作したヒグマに関する普及啓発動画「~B☆Bが教える~ヒグマに出会ったときのスリーアウト」を見てもらいました。

(B☆Bの「アウトー!」の声が気に入ったようで、「もう一度見たい!」というリクエストの声まで!)

 

知床に住む児童たちらしく、ここに生息・生育している動植物や、ヒグマと人の間で起きる問題についての理解度は高く、さすがウトロっ子!と感心しました。

私たちが行っているヒグマ授業の内容もしっかり頭に入っているようで、嬉しく思います。

また、知床の有する自然環境が世界的にも珍しいものであることを伝えると、一部の児童は驚いていたようです。

知床が抱える問題についても理解しつつ、自分たちの住む地域をより大事に思ってくれるようになれば、それ以上に嬉しいことはありません。

今後もこのような場で、知床の魅力や課題、それに対応するための取り組みを伝えていきたいと思います。

(担当:近藤)

コメント (0)

2021年3月19日冬眠から明けたヒグマの姿を確認

2021年3月19日、知床で冬眠明けしたヒグマの姿を、今シーズン初めて確認しました。

確認された場所は斜里町の国立公園外でした。

 

知床でヒグマが活動を開始するのは例年3~4月です。

過去をさかのぼると、2015年は3月12日、2016年は3月5日、2017年は3月17日、2018年は4月2日、2019年は3月10日、2020年は3月12日でした。

野外で活動する際は、ヒグマがいることを頭に入れておく必要があります。

ヒグマの対処法については、こちらを参照ください。

 

3月22日にもヒグマの目撃がありました。

 

コメント (0)

B☆Bとクマ授業

2月20日、北海道日本ハムファイターズのマスコットB☆Bと一緒にモエレ沼公園ガラスのピラミッドの中でクマ授業を行いました。

なぜB☆Bと? と思った皆さん、思い出してください。B☆Bが行う地域貢献プロジェクト「The HOME~B☆Bみらい大志プロジェクト~」の初年度(2019年度)に斜里町が選ばれたことを!

そして知床財団が制作したヒグマに関する普及啓発動画「~B☆Bが教える~ヒグマに出会ったときのスリーアウト」にご協力いただいたことを!!

今回はそのご縁で、北海道日本ハムファイターズが新たに取り組むプロジェクト「EZOlogical」のキックオフイベントにお声掛けいただきました。光栄ですね。

たくさんのご応募の中から当選した50名の皆様に対し、ヒグマの生態や、ヒグマと出会わないようにするにはどうしたらいいのか、ヒグマとうまく付き合っていくにはどうしたらいいのか、などなどについてB☆Bにお手伝いいただきながらお話しし、楽しく授業が進みました。

B☆B、(話せないのに)アドリブでいろいろ無茶振りしてすいません。

ヒグマやその他の野生動物と上手に暮らしていくためには、私たち人間がまずは彼らのことを知り、適切な行動をとることが大事だと思います。今後もより多くの道民の方たちと一緒にそのことを考えていく機会として「EZOlogical」に貢献できれば幸いです。

因みに、B☆Bの好物は「チョコ」、イベント前夜のお食事は「カレーライス」だったそうです。

そう、ヒグマはなんでも食べる雑食ですよね。

(担当:岡本)

■日本ハムファイターズ球団ニュースリリース
https://www.fighters.co.jp/news/detail/00003061.html

■B☆Bブログ
https://www.bbthehome.com/sc/20210220213955/

コメント (0)

ブログ