カテゴリー  森林再生

第22回「しれとこ森の集い(植樹祭)」開催報告

実施日:2018年10月21日(日)

10月の秋晴れの下、毎年恒例の「しれとこ森の集い」を開催しました。

地元斜里町や道内・本州から92名の方々にお集まりいただき、トドマツの苗木約150本を知床の大地へと植え付けました。

「森の集い」は、100平方メートル運動の参加者と斜里町民の皆さんを対象に毎年行っているイベントです。過去には、防鹿柵の中に森づくりで育てた広葉樹を植樹している時期もありましたが、ここ数年は、柵のない場所でシカに食べられない針葉樹(トドマツなど)の植樹を続けています。 

 

この日の午前中は、二手に分かれ、森の散策と子ども向けのプログラムを行いました。

ひとつは知床財団スタッフの案内で、昨年オープンした「森づくりの道」を歩きました。知床開拓の歴史や森づくりの様子を見ながらの散策です。

 

もうひとつは、子ども向けのコースで、今年は北海道環境財団のスタッフによる「子ども環境教室」や落ち葉を使った工作などを行いました。

 

10年後、20年後、この日植えた木々が、そして知床の森がどうなっているかをたまにでも思い出していただけることがあればうれしい限りです。

お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。
これからも知床の森づくりをよろしくお願いいたします。

(担当:松林)

 

コメント (0)

ダイキン工業「第14回知床ボランティア」開催報告

実施期間:2018年9月20日(木)~23日(日)

この週末、ダイキン工業の社員の皆さん10名が秋の知床を訪れ、羅臼町のルサ地区で防鹿柵の設置作業に汗を流しました。

この企画は、2011年より始まったダイキン工業様からの寄付による森づくりの一環で、有志の社員の皆さんがボランティアで実際の森づくり作業に関わるというものです。この秋で14回目の開催となり、今回はいつも斜里町側を離れ、お隣の羅臼町にて作業を行いました。

ルサ川の河口にあるルサフィールドハウスの裏手には、石がごろごろとした草地が広がっています。かつてここには、湿地や灌木林があったそうなのですが、今はその面影はありません。そこで、昨年から地元の方のご寄付を受け、この場所での森づくりをスタートしています。

今回は、昨年設置開始した小さな柵を拡張する作業を行いました。柵を立てるといっても、足元や地面の中には石がごろごろしているため、穴を掘ることはできません。そこで、これまでの森づくりのノウハウを活
かし、柱を立てず、支柱をトライアングルで組ん
でいく方法で作業を進めました。

続きを読む →

, コメント (0)

初日(7月30日):集合、知床へ。 ~第39回知床自然教室~ 

今年は地元斜里町から11人、その他の北海道内から12人、道外から24人、小学4年生から高校3年生まで全部で47人の子どもたちが知床に集まりました。今回は小学生が少し多く38名、中学高校生は9人です。その内の高校3年生の1人は、小学4年生の初参加から9回目の自然教室になります。

斜里町役場、ここで地元参加者と道外からの参加者の顔合わせ、もう何回も来ている子どもたちは一年ぶりの再会と、初めて参加の子 どもたちは「何が始まるんだろう」という期待と不安が入り混じった瞬間です。

役場の前での開校式の中、班分けと班を率いる大人のリーダーが発表されました。6つに分けられた各班には、小学生も中学生も高校生もそれぞれいます。この班の仲間で知床の一週間を過ごします。

参加者47人、リーダーとスタッフ28人、総勢65名の第39回知床自然教室の始まりです。

 

その後、斜里の町から知床国立公園の玄関口、ウトロへ向かいます。この日は、ここまで。ウトロ漁村センター(公民館)で、明日から始まる4泊5日の野外生活に備えます。この夜は、みんなでごはんを食べた後、この自然教室、野外生活での心構えを学んだり、みんなの緊張を解きほぐすレクを繰り広げました。

明日、いよいよポンホロです。

 

, , コメント (0)

2日目(7月31日):ポンホロ入り、野外生活。 ~第39回知床自然教室~ 

電気も水道もガスもトイレもない5日間が始まります。

そしてそこは自然のなか、普段の生活とはまったく違う毎日が待っています。とくにここ知床は、たくさんの野生動物が住んでいる場所です。その中に「おじゃまする」という心構えを、出発する前にもう一度おさらいします。

準備を整え、いよいよポンホロへと出発です。

ポンホロとは、かつての開拓地跡、いまは草原となっている自然教室の野外生活の舞台です。

漁村センターからポンホロまで歩いて向かう途中、道路や建物、電線、どんどん人工的なものはなくなっていき、最後に見えるのは、空、山、海そして森だけです。

この日の気温は32度。北海道にしては暑く、強い日差しが照り付けます。日陰を探し、休み休み歩みを進め、ポンホロへとたどり着きました。

そして、ここからが本番です。テント立てやかまど作り、トイレの穴掘り、どれもこれから生きていくためにやらなければなりません。

青空と太陽の下、こまめに休み、水分を補給しながら、生きる準備を進めます。

 

自然教室2日目にして、木陰のありがたさ、その木陰をつくる森のありがたさを実感します。

夕方にはすべてが整い、ようやく夕食作りが始まります。

野外生活が始まりました。

 

 

, , コメント (0)

3日目(8月1日):ポンホロの日。 ~第39回知床自然教室~ 

野外生活の初めての朝。

今日も晴れの予報です。ただ、暑さはひと段落し、だいぶ過ごしやすくなりそうです。

一日の始まりは朝食作り。焚き木を探し、火を起こし、ごはんを作る、これが自然教室の基本です。

 

今日は、ポンホロを知る一日です。班ごとに歩き回り、例えば、この道を行くとどこへ行くのか、見通しの良い場所、悪い場所、それから大事な焚き木はどこで拾うかなど、ポンホロで生活をしてくために必要なことを学びます。

もちろん、ここは知床の自然の中。歩き、見つめ、探し、聞き、触れ、自分の全部を使ってその全てを感じていきます。少しづつ知床の森と自然教室の世界が広がります。

歩き、ごはんを作り、食べ、そうこうしているうちにあっという間に夜はやってきます。夜7時、ふだんの生活では、少しも遅くない時間ですが、電気も何もないポンホロでは、もう真っ暗な世界です。

そうなると、夜空に広がる星を見るぐらいであとは寝るだけ、次の日に備えます。

 

 

, , コメント (0)

ブログ