活動報告BLOG

雪が解けてみると。

実施日:2018年5月1日(火)

100平方メートル運動地の見回りを行いました。各地の作業道の雪もほぼなくなり、いよいよ本格的な森づくりの季節が巡ってきました。

そんな中、いつもの年より多く目に付くのが、皮をはがされた小さな木々です。その歯形や状況などからネズミの類が、冬の間に雪の下でかじったものと思われます。

苗畑で育てているトドマツの苗木の一部もかじられていました。

数年前の雪解け後にも同じような状況があり、その年は例年になくネズミを見る頻度が高く、キツネが何匹もネズミをくわえている姿を見かけることもあるなど、ネズミの多い1年になりました。

今年はいったいどんな年になるのでしょうか。自然を前に人のできることはわずかかもしれません。それでも、できることのひとつが、これまでの知見や経験を振り返り活かしていくことです。

雪がなくなった森を見て、そんな事を改めて考えた一日
でした。

(担当:松林)

 

コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ