活動報告BLOG

初日(7月30日):集合、知床へ。 ~第39回知床自然教室~ 

今年は地元斜里町から11人、その他の北海道内から12人、道外から24人、小学4年生から高校3年生まで全部で47人の子どもたちが知床に集まりました。今回は小学生が少し多く38名、中学高校生は9人です。その内の高校3年生の1人は、小学4年生の初参加から9回目の自然教室になります。

斜里町役場、ここで地元参加者と道外からの参加者の顔合わせ、もう何回も来ている子どもたちは一年ぶりの再会と、初めて参加の子 どもたちは「何が始まるんだろう」という期待と不安が入り混じった瞬間です。

役場の前での開校式の中、班分けと班を率いる大人のリーダーが発表されました。6つに分けられた各班には、小学生も中学生も高校生もそれぞれいます。この班の仲間で知床の一週間を過ごします。

参加者47人、リーダーとスタッフ28人、総勢65名の第39回知床自然教室の始まりです。

 

その後、斜里の町から知床国立公園の玄関口、ウトロへ向かいます。この日は、ここまで。ウトロ漁村センター(公民館)で、明日から始まる4泊5日の野外生活に備えます。この夜は、みんなでごはんを食べた後、この自然教室、野外生活での心構えを学んだり、みんなの緊張を解きほぐすレクを繰り広げました。

明日、いよいよポンホロです。

 

, , コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ