カテゴリー  羅臼

羅臼ブログ第4回「羅臼町初!?住民参加型クマ会議開催」

 前回のブログを更新してから数日でイカ釣りの外来船が沖からいなくなり、「羅臼の海は就寝中」状態になってしまいました(羅臼ブログ第3回「羅臼の海は眠らない」)。旬を題材にブログを書く難しさを痛感した土屋のつぶやきに、引き続きお付き合いください。今回は、羅臼で12月14日に行った井戸端会議ならぬ「クマ端会議」について紹介したいと思います。

 クマ端会議とは、当財団スタッフと地元住民でヒグマについて情報交換し合う集まりのことです。井戸端会議のような感覚で気軽に集まってほしいという願いをこめて名付けました。隣の斜里では5年前から行っていたのですが、羅臼では今回が初開催となりました。初開催ということで参加人数が少ないのではと心配していたのですが、30名以上の町民のみなさまが参加してくださいました。

 

 今回の集まりではまず、「ヒグマの基礎知識」、「今年の羅臼のヒグマ事情」と「地域ぐるみの獣害対策」について紹介しました。その中で注目を集めたのは、今年最大のトピックス「ヒグマによる飼い犬被害、3件発生」です。私たちが強調したのは、どの事件現場もフキやオオイタドリなどの濃いヤブが近くにあり、フキはヒグマの好物でヤブは隠れ家となっていたことです。そして来年は同じ悲劇が起きないよう、住宅地周辺のヤブを町民の皆さんと一緒に刈り、安全であるだけでなく見通しの良いきれいな街並みにしてはどうかという提案をさせてもらいました。

 参加者からは、自治会ごとに草刈りイベントを企画しようという力強いお言葉をいただきました。来年からは「羅臼町住民総出のヒグマ対策スタート年」としましょうと思わず気合が入りました。私の目標は、個々の住民ができる範囲で対策を心がけることで羅臼町民全員がヒグマ対策員となり、「地域ぐるみのヒグマ対策に成功しているのは羅臼」と言われることですと、ビックマウスで会議を締めました。

 参加者には開催場所となった喫茶店「No Borders Café」特製のマフィンと飲み物をご提供する予定でしたが、満員御礼状態となり、飲み物だけの方も出てしまうほどでした。クマ端会議は来年も必ず羅臼で行いますので、ご参加お待ちしております。

コメント (0)

羅臼ブログ第3回「羅臼の海は眠らない」

 斜里町ウトロから羅臼町に異動して半年が経ち、いつまで新人面が許されるかドキドキしている土屋のつぶやきに、引き続きお付き合いください。今年も知床峠は冬季通行止めとなり、羅臼ビジターセンターがある湯ノ沢でも雪が降る日が増えてきました。冬の景色が見え隠れしてきた11月の羅臼を紹介したいと思います。

 ウトロの11月といえば、観光や漁業が一段落して閑散としてくるイメージでしたが、羅臼漁港では外来船(羅臼町外から来た漁船)が何十船も停泊して大にぎわいです。その外来船はすべてイカ釣り船で、イカを集めるたくさんの集魚灯がぶら下がっています。船の母港は全国各地、道内では函館市や江差町、道外では青森県、山形県や長崎県からはるばる来ているものまであります。彼らの狙いは、他海域のイカ漁が終わるこの時期に最盛となる羅臼のスルメイカです。今年は特にニュースになるほどの大漁と高値となっており、ここ数年では一番にぎわっています。

 

ひしめきあいながら一斉出漁の時を待つイカ釣り船

 

 羅臼漁港のイカ釣り船は、午後2時半に一斉出漁するという決まりがあるそうです。定刻に近づくと次々とエンジンの始動音と共に煙突から黒煙が吐き出され、港内の雰囲気があわただしくなります。私が見に行った時は、定刻を待ちきれないとばかりに少し早く動き出した一隻を皮切りに、ぞくぞくと出漁していきました。海の男たちが冬の海という戦場に出撃していく姿は迫力があり見応えがあります。

 

羅臼漁港から一斉出漁していくイカ釣り船

 

 漁船群が放つ「漁火」の輝きで羅臼沖は不夜城と化し、明け方まで続きます。陸から見ても、漁火に集まる小魚を食べるために、たくさんの海鳥が船の周りで大騒ぎしています。その光景たるや、まるで祭りの夜店に群がる人々のようで、夜の海は喧噪に包まれます。また、漁火の光は夜空を照らし、知床半島の山を越えたウトロからも明るく見えます。2017年11月20日には、羅臼の漁火がウトロの夜空で「光柱」という珍しい現象で見えて話題となりました。知床自然センターのツイッターでも紹介されています。(https://twitter.com/shiretoko_NC/status/932806552972492800)

 羅臼漁港から一斉出漁し我先にと漁場へ向かうイカ釣り漁船は、一見の価値ありです。ただ、この時期に必ず見られるものではなく、天気や海況、漁模様でも変わるので予報を確認してからどうぞ!

 

不夜城と化している羅臼沖(夜11時撮影)

コメント (2)

羅臼ブログ第2回 ウトロと羅臼の違い

 この春から斜里町ウトロから隣町の羅臼町に異動した「羅臼新人」土屋のつぶやきに、引き続きお付き合い下さい。さて、すぐ隣りとはいえ新しい地域に住むと、違いにずいぶんと気付かされます。今回はウトロと羅臼の「天気」と「フキ」の違いについて紹介させて頂きます。

ウトロと羅臼の降水量と日照時間(2019年4~9月

 羅臼は、天気予報が曇りだったら、雨が降るかもしれないと疑心暗鬼になるほど雨の多い町でした。まず、降水量と日照時間(2019年4月~9月)を気象庁のHPで調べてウトロと羅臼で比較してみました。羅臼は、ウトロより日照時間では約300時間少なく、降水量では約400㎜多いことが分かりました。原因は、春頃から発生する日本海低気圧の影響や知床連山が湿った南風を受け止めることによって降水量が増え、さらに根室海峡で発生する海霧の影響で曇りや雨の日が多くなるということでした。この現象は植物などの生育に大きく影響してくるのはいうまでもありません。羅臼ではウトロでほとんど見ることがなかったサルオガセというコケ(地衣類)をしばしば見かけます。サルオガセとは、ボロ布のように木に垂れ下がり、空気中の水分と光だけで成長する仙人のようなコケです。湿度が高い羅臼側の天候を象徴するコケといえるでしょう。

フキに関しては、北海道のフキの正式和名は「アキタブキ」といい、まるで雨傘並みの大きな葉をしげらせ、ヒグマの大好物ですが、ウトロ側では1980年代からのエゾシカの過増加が原因で激減した歴史があります。一つ一つのフキ群落も小さくてサイズは矮小化してしまっています。一方、羅臼のフキは人の背丈をこえるような大きさで、見るからに美味しそうなみずみずしいフキが至る所に生えています。ヒグマたちは初夏からフキをむさぼり食います。羅臼では道脇や住宅周辺までフキだらけで、毎年のようにヒグマが侵入してきています。

 つまり、フキが町中に繁茂しているということは、ヒグマを恒常的に誘引しているというたいへん危険な状態ということです。今年大きな話題になった飼い犬がヒグマに襲われた事件も、家の周辺にフキやオオイタドリなどが密生した場所で起きていました。フキが密生したヤブはヒグマに食べ物と隠れ場所を提供しているのです。フキは人間にとっても季節を感じられる食物ですが、家の周りでヒグマと鉢合わせるくらいなら刈り取ってしまうべきです。そうした危険な場所を減らすべく、今年から知床財団では地域住民と協力して草刈り活動を始めました。来年からはもっともっと大きく展開していく予定です。目標は、住宅地周辺のヤブをなくし、安全できれいな街並みにしていくことです。みなさん、来年は一緒に草刈りしませんか?

フキを食べているヒグマ

ヒグマがフキを食べた痕跡

 

 

 

コメント (2)

羅臼ブログ第1回 「子どもたちと知床岬をめざす」

 知床半島を共有する斜里町と羅臼町が設立した知床財団は、半島を一体的に保全するために両町に事務所を置いて活動しています。私は今年4月に羅臼ビジターセンターに異動となり、羅臼町にやってきました。同じ知床とはいえ、半島の東西では気候も産業も全くちがいます。隣町でもまるで異国に来たような感覚の毎日です。これから月1回、羅臼町初心者の目で、羅臼地区事業部・土屋(つちや)が体験したことを紹介させていただきます。

「子どもたちと知床岬をめざす」

 羅臼に来て1ヶ月たった頃、私は「ふるさと少年探険隊」(以下、探険隊)に参加が決まりました。探険隊では、町内の子どもたち(小学4年生~中学3年生の希望者)が、街並みの北のはずれ、道も途絶える相泊から大自然中の海岸を歩いて、はるか24km先の知床岬をめざします。探険隊はなんと今年で37回目の伝統行事です。「ふるさとの自然に親しみ、豊かな心を養うとともに、郷土愛や忍耐力、協調心を育てる」を主旨とし、羅臼町子ども会育成協議会と羅臼町教育委員会が主催しています。参加2年目以降に入隊可能な岬まで行く「チャレンジ隊」。参加1年目の子どもは「わんぱく隊」で、途中のモイルス湾(地形図ではモイレウシ湾、語源はアイヌ語で静かな湾の意味)まで行き、野外生活をしながら先輩たちの冒険に思いを馳せます。

 出発まであと数日に迫ったある日、歩く予定にしている海岸に漂着したトドの死体にヒグマが餌付いているとの情報が入ってきていました。ヒグマはトドのような大きい餌は一度に食べきれないため、何日もそこに留まって食べ続けます。そこに人間が近づこうものなら、ヒグマは餌を守ろうと攻撃的になるため、大変危険な状況になることがあります。出発日までにトドを食べ終えて去ってくれることを願っていたのですが、ヒグマはその場所に居座り続けました。しかもそれは、遠目からは大岩と見まごうばかりの300㎏を超える真っ黒なオス。さらに周りには大グマの次は自分もと、順番待ちのヒグマたちがうろついている状態です。結果、ヒグマのいる海岸を船で迂回し、北側の海岸に移動して岬をめざすことになりました。

知床岬に思いをはせるわんぱく隊の子ども

 いよいよ出発の日を迎えました。わんぱく隊の担当の私は、子供たちとともにモイルス湾にたどり着きました。そして、ヒグマとの遭遇など様々な困難に出会うであろうチャレンジ隊の旅路を想いながら見送りました。ところが、ヒグマの王国知床の真骨頂を経験したのはわんぱく隊の方だったのです。海沿いからも山からも、出てくる出てくる、毎日が「熊祭り」。結局、計13回もヒグマを見てしまいました。クマたちは餌を探すための通り道としてモイルスを使っているようです。一方、岬まで踏破したチャレンジ隊は、不思議にも一度もヒグマを見なかったとのこと。もちろん探険隊のヒグマ対策は万全であり、子供たちはみな無事に帰還しました。

 今回私たちが目指した知床岬は、誰でも挑戦することはできます。しかし、崖の登攀や打ち寄せる大波など、ヒグマ以外にも難関をいくつも乗り越えなければなりません。子供たちは経験豊富な地元の大人たちにサポートされて困難に挑戦できました。私たちが常駐する羅臼ビジターセンターやルサフィールドハウスでは、知床岬をめざすために必須の情報を提供しています。
必ず立ち寄って準備万端にしてから挑んでください。

(担当:土屋)

コメント (0)

ブログ