カテゴリー  羅臼

第7回羅臼ブログ「海中ビュッフェは自粛ムード関係なし」

 昨年4月に羅臼ビジターセンターに異動となってから、早いもので1年がたとうとしています。羅臼ブログも今回で7回目となりました。そろそろ私のブログにも飽きが来てないだろうかと心配になりますが、お付き合いください。

 新型コロナウイルスの関係で北海道から「緊急事態宣言」が発令され、羅臼の観光船も流氷シーズンの営業が早々に終了し、心なしか静かな羅臼の海となっています。そんな羅臼の海岸でカモメとカラスたちが集まって大騒ぎしている場面に先日遭遇しました。

わずかに湾になっている場所にだけ、オキアミの死体が溜まっていたようです。

 もしかして、よからぬ物が漂着しているのではと思い、海岸へ降りて周囲を警戒しながら捜索するもそれらしき物はなかなか見つかりません(よからぬ物とはヒグマを誘引してしまう可能性のある動物の死体等のこと)。私がドキドキしながら海岸を捜索している時も、カモメたちは一心不乱に頭を海に突っ込み続けています。不思議に思い海中をのぞくと無数の白っぽいものを発見しました。すくってみると死んだオキアミでした。鳥たちはこれを発見して狂喜乱舞のお祭り騒ぎで食べ放題パーティーをしていたようです。オキアミを除去するわけにもいかないので食事中に邪魔してすまんねとその場を離れました。

漂っていたオキアミ(エサダ)
まだ新鮮だった。

 後から聞いた話では、羅臼ではオキアミのことを「エサダ」と呼び、漂着はこの時期によくあることで珍しくはないとのことでした。私にとっては珍しい現象でしたが、海岸から急傾斜で落ち込んで水深1000mもの深海が近海にある羅臼の海の特徴の一つなのでしょうか?羅臼の海の豊かな理由の一部に触れた気がしました。

 今年は3月下旬になっても羅臼の海には流氷が残っていますが、雪解けの早い斜面ではフキノトウも頭を出し始めています。またオキアミが漂着しているのを発見した翌日には、羅臼町で今年初のヒグマ目撃もありました。少しずつですが、春が近づいてきているようです。明日から新たな年度も始まります。新年度はどんな羅臼を見ることができるか楽しみです。

 

コメント (2)

羅臼ブログ第6回「羅臼が誇る高級食材」

 いつも土屋の羅臼ブログを読んで「いいね!」やコメントまでしていただき、ありがとうございます。実はとても励みになっています!今回はブログで好評になりやすい食べ物ネタです。先日、ウニの加工場を見学させてもらい色々な話を聞けたので、羅臼のウニについて紹介したいと思います。

 羅臼で獲れるウニは、エゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆)といい、名のごとく馬糞のような形をしており、棘は短く10㎝前後の大きさに育ちます。味はもちろん絶品で、口に入れると思わず笑みがこぼれるほど濃厚で甘く、うまみがつまっています。羅臼産のウニは、良い出汁が出ることで有名な羅臼昆布を餌として食べているから美味しいとされており、高級食材として扱われています。

羅臼で獲れるエゾバフンウニ

 ウニ漁は、磯舟の上から箱メガネで海をのぞき、見つけたウニを網ですくう方法が一般的で1月中旬~6月下旬まで続きます。浅瀬で漁がおこなわれるので羅臼の町から見ることができます。資源管理のためウニ漁師1人につき、1日に規定のカゴにすりきり1杯までしか獲ってはいけないルールが決まっており、昼頃までに漁は終わることが多いそうです。午後には漁師自らウニを加工し、出荷します。ウニは柔らかく繊細なためすべてが手作業です。ピンセットでゴミを取り除き、ウニによってわずかに違う色合いを選別していました。私が見学した作業場では10種類以上の色わけがされていました。オリ箱に詰めた際、見た目の良いグラデーションにするためだそうです。殺菌と身崩れ防止でミョウバンにつけてある「折ウニ」と、水につけてある「塩水ウニ」の2種類が主に作られていました。

ウニ漁の様子。箱メガネで海をのぞいて、たも網でウニをすくっている。

ウニの殻は口の方から専用器具で割っていました。
ウニは体の下に口があり、てっぺんに肛門があります。


色とサイズごとに選別し、ゴミを取り除いている繊細さが求められる作業。

我々が食べているのはウニの生殖巣(精巣または卵巣)です。一つのウニに5つ入っています。

 羅臼ではこのウニを購入できる場所がいくつかあります。道の駅「知床・羅臼」の建物に入っている羅臼漁業協同組合の直営店「海鮮工房」もその1つです。観光客はもちろんのこと、町民も購入する人気のお店です。天候や海の状況によってウニが取れず、店頭に並ばない日もありますが、漁期の間に羅臼に来た際はぜひ食べてもらいたい一品です。ちなみに私のおすすめは塩水ウニです。濃厚で甘い素材の味を一番楽しめると思います。

 よくある話かもしれませんが、私はウニが得意ではありませんでした。しかし、羅臼産の美味しいウニを食べてから好きになりました。ウニが苦手な方も挑戦してみてはいかがでしょうか?もしかしたら大好物になるかもしれませんよ。

羅臼漁協直営店で販売しているウニ。左が「折りウニ」右が「塩水ウニ」
値段は時価です。おおよそ、1つ2000~3500円くらいです。

 

 

コメント (0)

羅臼ブログ第5回「今年も来ています」

 令和2年となりました。今年も羅臼から土屋のブログをお届けしますので、みなさまよろしくお願い致します。

 年が明けて寒さが一段と厳しくなってくると、オホーツク海から流氷が、風と海流で北海道に押し寄せてきます。羅臼沖の根室海峡に流氷が流入してくるのもそろそろ時間の問題でしょう。オオワシやオジロワシは餌をとるために、アザラシ類は繁殖のために流氷とともにやってきて、羅臼の町も観光客で少し賑やかになります。トドも来ますが、彼らは実は流氷が嫌いです。流氷を避けるように回遊しています。今回は流氷が来ると羅臼の海から逃げていってしまうトドを紹介したいと思います。

 トドは、私たちと同様に魚介類が大好物で、大きなオスだと体重1トンにもなるアシカの仲間の海生哺乳類です。一時大幅に減少し、1990年代にはレッドデータブックで「絶滅危惧種」に指定されました。その後生息数は回復し、北太平洋東部の個体群は危険度ランクが下がりましたが、羅臼の海にやってくる西部の個体群はいまだ絶滅危惧亜種のまま据え置かれています。

 根室海峡では、彼らは越冬や採餌のために毎年11月ごろから来遊します。海岸近くの浅瀬でプカプカと波間に浮いているのがしばしば見られます。仲良く並んでヒレを海面に上げていることもあり、さながら東京2020で日本のメダルが期待されているアーティスティックスイミングみたいです。そんな穏やかな姿を見せてくれる反面、大食漢で漁網にかかった魚を食べ、網を破いてしまうこともあり、漁業者からは嫌われ者です。そのため、羅臼沿岸では、追い払いや銃による駆除(頭数制限あり)などの対策がされています。

プカプカと波間を浮いているトド。

 一方、世界自然遺産の審査を任されている機関(IUCN)からは、登録準備の段階から「有害駆除は考えなおすべき」とのきびしい勧告が出され、一時は漁業者の反発で遺産登録が危うくなったこともありました。その後、今に至るまで、保全状況の報告を上げる度にユネスコ世界遺産委員会やIUCNから対策の見直しを求める意見が出され続けています。陸ではヒグマやエゾシカ対策、海ではトド対策と、羅臼は人と野生動物の軋轢を多く抱えたたいへんな町だということを改めて実感しています。

 私たち知床財団は、羅臼沿岸のトドの数を定期的にカウントしながら、生まれた島や年齢がわかる標識(幼獣の頃にロシア人研究者がつけたロシア文字と数字の焼き印)のついたトドを12年間にわたり記録し続けています。毎年、多い日には100頭以上が羅臼沿岸で遊泳していることや、8年連続で羅臼に来ているトドがいることもわかってきています。今年も流氷が接岸して、トドが去って行く頃まで調査を実施する予定です。

ドローンから撮影したトドの群。陸上からの観察ではなかなか頭数確認が難しいが、水面下も含めて21頭が確認できる。写真下方の中央付近の個体には標識(C801)が見える。

 実は私、この調査には知床財団に入る前の大学生の時(2008年)から参加しています。かつての私はこの調査のために、そしてトドは越冬と魚を食べるために、お互い異なる目的でこの時期に羅臼を訪れていましたが、いつの間にか私は羅臼の住民となり、トドを迎える立場となりました。数年前に確認した標識個体を見つけると「今年も羅臼の海に来たのだな」と双眼鏡越しに懐かしい気持ちになりつつ、「漁師の人たちに面倒をかけるんじゃないぞ」と複雑な気持ちになります。

 人間とトドのうまい付き合い方はあるのでしょうか。最近の観光船やダイビングガイドツアーによるトドウォッチングは、彼らとの新たな関係作りのきっかけになるかもしれません。私たちが継続して収集した調査データが、軋轢の解消に少しでも役立つ情報になることを願っています。


ならんで泳ぐ標識個体(Б745、Б61)

コメント (4)

羅臼ブログ第4回「羅臼町初!?住民参加型クマ会議開催」

 前回のブログを更新してから数日でイカ釣りの外来船が沖からいなくなり、「羅臼の海は就寝中」状態になってしまいました(羅臼ブログ第3回「羅臼の海は眠らない」)。旬を題材にブログを書く難しさを痛感した土屋のつぶやきに、引き続きお付き合いください。今回は、羅臼で12月14日に行った井戸端会議ならぬ「クマ端会議」について紹介したいと思います。

 クマ端会議とは、当財団スタッフと地元住民でヒグマについて情報交換し合う集まりのことです。井戸端会議のような感覚で気軽に集まってほしいという願いをこめて名付けました。隣の斜里では5年前から行っていたのですが、羅臼では今回が初開催となりました。初開催ということで参加人数が少ないのではと心配していたのですが、30名以上の町民のみなさまが参加してくださいました。

 

 今回の集まりではまず、「ヒグマの基礎知識」、「今年の羅臼のヒグマ事情」と「地域ぐるみの獣害対策」について紹介しました。その中で注目を集めたのは、今年最大のトピックス「ヒグマによる飼い犬被害、3件発生」です。私たちが強調したのは、どの事件現場もフキやオオイタドリなどの濃いヤブが近くにあり、フキはヒグマの好物でヤブは隠れ家となっていたことです。そして来年は同じ悲劇が起きないよう、住宅地周辺のヤブを町民の皆さんと一緒に刈り、安全であるだけでなく見通しの良いきれいな街並みにしてはどうかという提案をさせてもらいました。

 参加者からは、自治会ごとに草刈りイベントを企画しようという力強いお言葉をいただきました。来年からは「羅臼町住民総出のヒグマ対策スタート年」としましょうと思わず気合が入りました。私の目標は、個々の住民ができる範囲で対策を心がけることで羅臼町民全員がヒグマ対策員となり、「地域ぐるみのヒグマ対策に成功しているのは羅臼」と言われることですと、ビックマウスで会議を締めました。

 参加者には開催場所となった喫茶店「No Borders Café」特製のマフィンと飲み物をご提供する予定でしたが、満員御礼状態となり、飲み物だけの方も出てしまうほどでした。クマ端会議は来年も必ず羅臼で行いますので、ご参加お待ちしております。

コメント (0)

羅臼ブログ第3回「羅臼の海は眠らない」

 斜里町ウトロから羅臼町に異動して半年が経ち、いつまで新人面が許されるかドキドキしている土屋のつぶやきに、引き続きお付き合いください。今年も知床峠は冬季通行止めとなり、羅臼ビジターセンターがある湯ノ沢でも雪が降る日が増えてきました。冬の景色が見え隠れしてきた11月の羅臼を紹介したいと思います。

 ウトロの11月といえば、観光や漁業が一段落して閑散としてくるイメージでしたが、羅臼漁港では外来船(羅臼町外から来た漁船)が何十船も停泊して大にぎわいです。その外来船はすべてイカ釣り船で、イカを集めるたくさんの集魚灯がぶら下がっています。船の母港は全国各地、道内では函館市や江差町、道外では青森県、山形県や長崎県からはるばる来ているものまであります。彼らの狙いは、他海域のイカ漁が終わるこの時期に最盛となる羅臼のスルメイカです。今年は特にニュースになるほどの大漁と高値となっており、ここ数年では一番にぎわっています。

 

ひしめきあいながら一斉出漁の時を待つイカ釣り船

 

 羅臼漁港のイカ釣り船は、午後2時半に一斉出漁するという決まりがあるそうです。定刻に近づくと次々とエンジンの始動音と共に煙突から黒煙が吐き出され、港内の雰囲気があわただしくなります。私が見に行った時は、定刻を待ちきれないとばかりに少し早く動き出した一隻を皮切りに、ぞくぞくと出漁していきました。海の男たちが冬の海という戦場に出撃していく姿は迫力があり見応えがあります。

 

羅臼漁港から一斉出漁していくイカ釣り船

 

 漁船群が放つ「漁火」の輝きで羅臼沖は不夜城と化し、明け方まで続きます。陸から見ても、漁火に集まる小魚を食べるために、たくさんの海鳥が船の周りで大騒ぎしています。その光景たるや、まるで祭りの夜店に群がる人々のようで、夜の海は喧噪に包まれます。また、漁火の光は夜空を照らし、知床半島の山を越えたウトロからも明るく見えます。2017年11月20日には、羅臼の漁火がウトロの夜空で「光柱」という珍しい現象で見えて話題となりました。知床自然センターのツイッターでも紹介されています。(https://twitter.com/shiretoko_NC/status/932806552972492800)

 羅臼漁港から一斉出漁し我先にと漁場へ向かうイカ釣り漁船は、一見の価値ありです。ただ、この時期に必ず見られるものではなく、天気や海況、漁模様でも変わるので予報を確認してからどうぞ!

 

不夜城と化している羅臼沖(夜11時撮影)

コメント (2)

ブログ