カテゴリー  公園管理

不法投棄が絶えぬ世界遺産Part2

2020年5月に「不法投棄が絶えぬ世界遺産」というタイトルでブログを書きましたが、今回はその続編です。

相変わらずゴミの不法投棄(ポイ捨て)が無くなりません、それどころか増えている印象です。

はっきり言うと、めちゃくちゃです。

全てを紹介すると、キリがないため、ピックアップしたものを時系列で紹介します。

 

(1)2020年7月26日

   場所:岩尾別温泉道路

   投棄物:茹でたエビの殻


茹でたエビの殻。


 

(2)2020年8月11日

   場所:フンベ川周辺

   投棄物:中身の入った納豆、釣り餌・ペットボトル、たばこの吸い殻

 

釣り餌。

中身の入った納豆。


 

(3)2020年8月22日

   場所:知床横断道路

   投棄物:チャーハン、バナナの皮、ジュース、タバコなど


チャーハン、バナナの皮など。


 

(4)2020年8月25日

   場所:金山川周辺

   投棄物:カップめんの容器、ペットボトル、缶

カップ麺の容器。

回収したゴミ(45Lゴミ袋4つ分あった)。


 

(5)2020年8月26日

   場所:岩尾別温泉道路

   投棄物:食品包装紙やペットボトルなど

食品包装紙やペットボトルが散乱。


 

(6)2020年8月28日

   場所:オチカバケ川周辺

   投棄物:腐った釣り餌、中身の入ったジュース、ビール缶、タバコなど

腐った釣り餌、中身の入ったジュース

ビール、タバコなど。

回収したゴミ(45Lのゴミ袋4つ分あった)。


(7)2020年8月30日

   場所:知床国立公園内、自然センターから五湖へ向かう道路上

   投棄物:おにぎり

投棄されたおにぎり。


 

(8)2020年9月3日

   場所:フンベ川、三段の滝、遠音別川

   投棄物:中身の入った納豆、釣り餌・ペットボトル、たばこの吸い殻、マスの内臓(※釣った人に注意をして回収してもらった)

マスの内臓。川の中に捨てられていたため一カ所に集めた様子。

45Lゴミ袋5つ分。


ゴミの投棄は、ヒグマをはじめとした野生動物への餌付けです。

そもそも野生動物がいるいないに関わらず、犯罪です。

ヒグマが餌付けば、人身事故につながり、最悪命を落とす人が出てきてしまいます。

その場合、ヒグマは駆除されるでしょう。

そして、利用者のモラルが改善されなければ、今後もこの繰り返しです。

これが世界自然遺産なのでしょうか。

(知床財団 村上)

 

 

, , , コメント (4)

8月18日硫黄山登山道において、ヒグマが荷物を物色する事例が発生しました。

2020年8月18日、硫黄山登山道において、利用者が一時的に残置した荷物(ザック)をヒグマに物色される事例が発生しました。

 

知床は高密度にヒグマが生息する場所です。

このような場所で荷物を残置してしまうと、ヒグマやキタキツネを誘引してしまいます。

そして、ヒグマが荷物の食料に餌付いてしまうと、全ての人が危険にさらされます。

登山をされる方は必ず以下を守ってください。

〇休憩の間も荷物からは目を離さずに行動すること

〇ゴミは必ず持ち帰ること

 

 

 

また、フードロッカーに荷物のデポや生ゴミを放置するのはやめてください。

フードロッカーは、利用者の食べ物をヒグマやキツネなどの野生動物から守るために設置されたものです。

フードロッカー


頂上を目指す際にザックをデポ、生ゴミを入れて放置、携帯トイレを入れるなどの迷惑行為はしないでください。

本来の正しい目的で使用したい人達が利用できなくなってしまいます。

ルールを守ってご利用ください。

 

, , , コメント (0)

7/31から幌別川河口立ち入り禁止

2020年7月31日、幌別川河口で釣り人が釣った魚をヒグマに奪われる事件が発生しました。

人身被害は発生していませんが、今後、ヒグマが河口に頻繁に出没し、積極的に人に接近・追い回す可能性が非常に高い状況です。

そのため、関係機関※と協議の結果、幌別川河口で人身事故が発生する恐れが高まっていると判断し、緊急的に河口への立ち入りを禁止することとしました。

※幌別釣りを守る会・環境省・林野庁・北海道・斜里町・(公財)知床財団

 







, コメント (1)

知床国立公園の道路沿いで親子グマの目撃が多発しています

知床国立公園の道路沿いで親子グマの目撃が多発しています。

その親子グマを見るために、ヒグマの真横に車を停車させる、ヒグマの後をつけるなどの、ヒグマを挑発・刺激するような行為をする人がいます。




 

母グマは自分の子どもを守るために攻撃的な行動をとることがあります。

また、人の所有物を攻撃したヒグマは、行動段階2※の問題個体とみなされます。

※知床半島ヒグマ管理計画

その場合、駆除、すなわち命を奪うことになる可能性があります。

知床に来たのだから、ヒグマを見たい・写真を撮りたいという気持ちは分かりますが、

自分の行為がきっかけで、ヒグマが殺されてしまったら、あなたはどう思いますか。

 

改めて皆さまへお願いです。

道路沿いでヒグマを見ても、降車・接近をせずに遠くから見守ってください。

 

知床のヒグマは人馴れしていますが、飼育されているわけではなく、今も昔も野生動物なのです。

ヒグマをゆっくり観察したい場合は、観光船を利用してください。

それがヒグマの命を守ることにもつながります。

 

(知床財団 村上)

 

ご支援していただける方はこちら

個人の方へ

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, コメント (0)

不法投棄が絶えぬ世界遺産

知床は原生的な自然が色濃く残っており、多くの野生動物が生息する場所です。

国立公園内の道路脇でヒグマを目撃することも、珍しくありません。

知床連山


エゾシカ


ヒグマ


 

そんな場所でも、今年度に入ってからゴミの不法投棄が3件確認されています。

 

(1)2020年4月16日 国立公園内 幌別地区 見晴橋の下

 回収物:みかん約50個、シャンプーの容器、建築資材等


投棄されたみかん

 


回収したゴミ




 

(2)2020年4月29日 国立公園外隣接地 幌別橋のたもと

回収物:もやし、キャベツ、空き缶、掃除機、電気髭剃り、食品トレー等

ミズバショウが咲いている場所に不法投棄されたゴミ


捨てられたキャベツ

回収したゴミ。掃除機や電気髭剃りもあった。



 

 

(3)2020年5月1日 国立公園内 幌別地区 見晴橋の下

回収物:タイヤ、建設資材、衣服洗剤、中身の入ったジュースの瓶、弁当の空箱等

投棄されたジュースなどの缶やペットボトル



回収したゴミ。タイヤもあった。

 

 

 

集めたゴミを確認すると、地元の人が捨てたと思われるゴミとビジターが捨てたと思われるゴミの両方が混在している状況でした。

前段でも述べたように、ヒグマをはじめとする野生動物と人との距離が近いがゆえに、ゴミの投棄だけの問題ではなく、野生動物との軋轢(問題)が発生します。

私たち知床財団は、軋轢を解消するために、情報発信や利用者への指導啓発を行っています。

ですが、実際に不法投棄する現場を目撃するケースは無く、本人に指導できたケースはありません。

 

改めて、皆様にお願いです。

食べ物を含めたゴミの投棄は絶対にしないでください。

特に知床では、人為的な食べ物を口にした野生動物が駆除または交通事故等により命を絶たれるケースが発生しています。

2020年4月18日には、見晴橋の近くで、ビニールが入ったヒグマの糞が確認されています。


ビニール袋が入ったヒグマの糞




糞の中からでてきたビニール袋



 

そもそも不法投棄自体は、知床に限らず、社会一般的にやってはいけない事(犯罪)です。

そして、今は閑散としていますが、例年なら遠方から多くの方々が知床に訪れます。

その方々に、ゴミにまみれた世界遺産を見せるのではなく、本当に訪れて良かったと思っていただけるような、本来の知床を見てほしいと、私たちは願っています。

 

地域の皆様、ビジターの皆様、ゴミはきちんと処理してください。

蓄積されたゴミは後世に残ります。

私たちの子孫に残すものがそれでいいわけがありません。

今後もゴミの不法投棄が無くなるまで、情報発信を続けていきます。

皆様にも、ご支援・ご声援をお願いいたします。

 

 

追記です(5月6日)。

5月5日、ビニール袋をくわえたコグマが幌別駐車帯近くで確認されました。

この場所は先日もゴミを回収した場所でした。

例年ゴミの多い場所ですが、今年は利用者が少ないにもかかわらず、ゴミの投棄が目立ちます。

おそらく、コロナウィルスの影響により、近隣のコンビニエンスストアのゴミ箱が撤去されており、また飲食店や道の駅等の各施設も閉鎖されているため、ゴミの投棄が増えているのではないかと思われます。

皆様、どうか どうか ゴミは責任を持って必ず持ち帰ってください。

人のゴミが原因で野生動物が不幸な道(駆除または交通事故等により死亡)をたどるのは、絶対に避けたいのです。

心からのお願いです。

 

※このビニール袋はヒグマ対策員が回収しています。

 


ビニール袋をくわえたヒグマ

 

 


 

 

(知床財団 村上)

 

ご支援していただける方はこちら

個人の方へ

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

, , コメント (1)

ブログ