カテゴリー  森林再生

冬の森づくりボランティア開催中

2月に入り流氷も押し寄せ、知床は冬期観光シーズンの真っ只中です。

2/11,12日、道内外から総勢11名のボランティアさんが集い、しんしんと降る雪の中、冬の森づくりボランティアを行いました。

IMG_0913今回の作業の対象地は、密植されたアカエゾマツ造林地です。
私たちの森づくりでは、このような環境に在来の広葉樹を入れ込む手法を検討しています。

ボランティアの皆さんには、アカエゾマツの枝払いなどの作業をお手伝いいただきました。

生い茂る枝からの落雪を避けるために、深くフードをかぶって作業に臨みます。

IMG_0917音もなく降り積もる雪の中、枝を引くノコギリの音が冬の森に一心に響きました。

 

この度、降雪にもかかわらず森づくりボランティアに参加いただいた皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

(担当:草野)

, コメント (0)

「スノーシュー・歩くスキーコース」1/28(土)OPENします

今年も「スノーシュー・歩くスキーコース」がオープンします。


オープンを目前に控え、コースに案内標識を設置しました。
全長約6kmのコースに設置する案内標識は約100本もあり、毎年多くのボランティアさんの協力を得て行われています。

DSCF4333今年もコースの開設にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

冬の自然を満喫できるこのコースは、1/28(土)~3月中旬までのご利用を予定しています。

知床自然センターでは、スノーシューやコースマップの貸し出しも行っております。散策前には、ぜひお立ち寄りください。


コースの詳細は、こちら

(担当:草野)

, コメント (0)

あけましておめでとうございます

実施日:2017年1月9日(月)

皆さま、あけましておめでとうございます。IMGP0006
昨年は皆さまから多くのご支援を頂き、誠に有難う御座いました。

昨年は天候に翻弄されることが多く、自然環境の強大さを実感する年となりました。6月には遅い雪が降り、8月には多くの台風が到来し、11月には例年になく多くの雪が降りました。2017年は、どのような年になるでしょうか。

さて、本日は今年初めて100平方メートル運動地の巡視を行いました。
運動地はすっかり雪に覆われているため、スキーを履いて
歩くことになります。夏場とは打って変わって、すっかり
人気の無くなった運動地を歩くと、そこにはエゾシカやキ
タキツネの足跡があちこちに伸び、空にそびえる知床連山
と相まって、とても美しい風景に出会うことができます。
厳冬の季節ならではの、とっておきの風景です。

まだまだ長い冬が続きます。
力強く生きる野生動物たちに負けないよう、私たちも頑張
っていきます。
今年の知床も、どうぞよろしくお願いします。

(担当:森脩)

 

 

 

 

コメント (0)

第20回森づくりワークキャンプを開催しました!


img_0113%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8実施 日:2016年10月30日(日)~11月4日(金)

羅臼岳がすっかり白くなり、知床に本格的な冬がやってきました。11月にしては例年よりも気温が低く、雪がちらつくほどでした。

そんな中、第20回になるワークキャンプを開催しました。ワークキャンプは、毎年10月30日から11月4日までの5泊6日で開催している森づくりのイベントです。今回は道内外から9名のボランティアの方が参加し、森づくりの作業に打ち込みました。  

続きを読む →

, コメント (0)

「第20回しれとこ森の集い(植樹祭)」開催報告

img_9667実施日:2016年10月16日(日)

秋晴れの下、20回目となる「しれとこ森の集い(植樹祭)」を開催しました。

今年は、地元斜里町や道内・本州からお集まりいただいた皆さんとスタッフ合わせて約80名の手によって、トドマツの苗木191本を知床の大地へと植え付けました。


dsc_0367「森の集い」は、100平方メートル運動の現場をたくさんの皆さんに体験していただくために毎年開催しているイベントです。植樹祭としては、1977年の運動開始当初から数えると通算で42回目の開催になります。

まるまる1日を使っての「森の集い」。午前中は、ふたつのコースに分かれ、それぞれ秋の知床の森の中で過ごしました。

続きを読む →

, コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG