活動報告BLOG

【スタッフのつぶやき】幌別川でのヒグマの捕殺を受けて

2020年8月24日の昼前、幌別川の少し上流側(国指定知床鳥獣保護区内)にて、推定年齢3-4歳の若いオスグマが捕殺されました。

「このクマが駆除されたら幌別の釣り場が開放になる」、「9/1から幌別川河口での釣りが解禁になる」など、出どころ不明の噂が釣り人の間で広まっているそうです…。単にヒグマが捕殺されて、釣りの再開が期待されるというこの流れ、現地でヒグマ対応に携わる人間としては大きな疑問を持たざるを得ません。

最終的に今回のヒグマは、釣り人が釣った魚に餌付いてしまい、日中に何度も人前に姿を現すように行動を変えました。幌別川、フンベ川、オンネベツ川、金山川、オチカバケ川等々、斜里~ウトロ間の河川の周辺はいずれもヒグマの生息地です。羅臼町内の河川も同様です。
釣った魚を放置すれば、ヒグマが出現した際に釣った魚を置き去りにして避難すれば、ゴミを投げ捨てれば、釣った魚を捌いて内臓を河川に投棄すれば…今回と同じようなことが今後も繰り返されるのは確実です。そしてこれまでも散々繰り返されてきたことです。

 

昨日(8/25)も、金山川とオショバオマブ川の河口付近で45リットル袋×4つのゴミを回収しました。今年のゴミの散乱状況は、例年以上に酷い状態です。

国道上に散乱するゴミ(弁当ガラ、犬の糞など)、8月16日撮影

海岸に投棄されていた即席めんのカップ、8月25日撮影

海岸で回収されたゴミ、短時間で相当量のゴミを回収した、8月25日撮影


幌別川にときどき姿を現す、満1歳の子グマ2頭を連れた親子グマがいます。この子グマは国道沿いで、ペットボトルをかじっている姿やポリ袋を口にくわえている姿がすでに確認されています。

今回のヒグマのように、距離感が壊れてしまったヒグマと人間が共存することは不可能です。ヒグマの“距離感”を壊すような振る舞いは、絶対に止めてください。距離感が壊れてしまったヒグマは、釣り人の皆さん、観光客の皆さん、カメラマンの皆さん、そして斜里町に暮らす住民の安全を脅かす極めて危険な存在になります。

今後の対応方針に関する関係機関(主に行政機関)の会議は、まだ行われていません。仕事で立ち入らざるをえない漁業者の方以外は、幌別川河口周辺に立ち入らないよう、引き続き警告します。

 

~~~~
なお、8月24日に捕殺されたオスグマは “19MS01” と個体識別されたクマであり、昨年から遺伝子(DNA)で識別されていました。このヒグマの遺伝子が糞・毛根・皮膚片から検出された地理的範囲は非常に広く、知床岬~ルシャ~カムイワッカ~岩尾別川沿い~男の涙~フレペの滝遊歩道~幌別川河口と、約40kmの範囲にわたっていました。



19MS01は、釣り人に対してだけでなく、漁業者や自然ガイド等への異常な接近やストーキング(追跡行動)、荷物を口にくわえて持ち去りかける等の危険な行動が認められていました。そのため、知床世界自然遺産地域の関係行政機関が定めた「知床半島ヒグマ管理計画」に基づき、同計画の「行動段階2」のヒグマとして、エリアを問わない捕殺対象とされていました。

しかし、 人身事故を起こす危険性が特に高い、19MS01と同レベルで危険と私達が考えているヒグマは、知床半島にまだ少なくとも2頭が生存しています。この2頭のうち1頭はオスグマです。オスグマは19MS01のように広域を移動するため、知床半島内にこれらの危険なヒグマが現れない「絶対安全な場所」は存在しません。特にヒグマに魚や釣り餌・荷物を狙われやすい釣り人、ヒグマに接近しがちなカメラマンの皆さんは、自分の身は自分で守るようにお願いします。

また、釣った魚や食料、荷物は必ず肌身離さず持った上で、ヒグマから逃げるようにして下さい。繰り返しになりますが、あなたの魚や荷物がヒグマに奪われれば、そのヒグマの持つ“人との距離感”は破壊されます。それは周辺で働き、生活する人々の命を危険にさらすことになります。そして最終的にヒグマの命も奪われます。

 

皆さんのマナーやモラルに期待できないなら・・・ 真剣に次の手段や強制力のある仕組みづくりを考えなければならなくなります。それは、知床半島を窮屈でつまらない場所にすることでしょう。それが望ましいことなのでしょうか…。

(担当:ヒグマ対策スタッフ)

コメント (10)

8月18日硫黄山登山道において、ヒグマが荷物を物色する事例が発生しました。

2020年8月18日、硫黄山登山道において、利用者が一時的に残置した荷物(ザック)をヒグマに物色される事例が発生しました。

 

知床は高密度にヒグマが生息する場所です。

このような場所で荷物を残置してしまうと、ヒグマやキタキツネを誘引してしまいます。

そして、ヒグマが荷物の食料に餌付いてしまうと、全ての人が危険にさらされます。

登山をされる方は必ず以下を守ってください。

〇休憩の間も荷物からは目を離さずに行動すること

〇ゴミは必ず持ち帰ること

 

 

 

また、フードロッカーに荷物のデポや生ゴミを放置するのはやめてください。

フードロッカーは、利用者の食べ物をヒグマやキツネなどの野生動物から守るために設置されたものです。

フードロッカー


頂上を目指す際にザックをデポ、生ゴミを入れて放置、携帯トイレを入れるなどの迷惑行為はしないでください。

本来の正しい目的で使用したい人達が利用できなくなってしまいます。

ルールを守ってご利用ください。

 

, , , コメント (0)

おやすみヒグマ~野生のヒグマの睡眠とは~

環境研究総合推進費を活用したヘアトラップ調査を実施していますが、ヘアトラップ木を観察する自動撮影カメラも同時に仕掛けています。

本来は、ヘアトラ木からサンプルとして回収した毛をDNA解析にかけるにあたり、何頭のヒグマがヘアトラ木を訪れているか、ヘアトラ木のどのあたりで背擦りをしているか、確認し解析に役立てるためのものなのですが、半島中に60箇所以上仕掛けられていることもあり、驚きの映像が数多く撮影されています。

 

そのひとつを今回はご紹介します。

国立公園内のとある調査サイトでオスのヒグマが夜間に睡眠(!)をとっていました。

 

7/8  夜20:43    横になって寝ている姿から撮影開始

横になったり、寝返りをうったり、お腹をだしてあおむけになったり、足を伸ばしてみたり・・・ひたすら寝ている

7/9 早朝4:31   起きてヘアトラ木に背擦りして撮影終了

 

睡眠時間はなんと約8時間でした。

調査で使用する自動撮影カメラはセンサーで動く生き物を感知し撮影を開始します。ヒグマの寝姿を撮影した動画ファイルは36本ありましたが、30分や1時間近く撮影がとぶこともあり、その間、このヒグマは微動だにせず寝ていたものと思われます。

年配の男性を想像させる寝姿は、なんというかヒグマを身近な生き物に感じさせてくれます。知床で長くヒグマに接してきた職員も初めて見た!と驚くヒグマの寝姿、貴重な映像となりそうです。

 

ヒグマの調査の思わぬ副産物のご報告でした。

就寝(夜20:43)

足を上げて寝ています(夜中01:41)

寝起きの背擦り(早朝4:31)

 

追伸)

調査を継続していると・・・7月21日にも同じ場所で寝ているヒグマがいました。(同じ個体かは不明ですが、睡眠時間は3時間ほど)。調査地点を寝床にしまったのかもしれません。

また足を投げ出して寝ている
・・・

昨年度(2019年度)から3年間の予定で、「遺産価値向上に向けた知床半島における大型哺乳類の保全管理手法の開発」と題し、北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団が共同で調査・研究に取り組んでいます。実施にあたっては(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費【4-1905】を活用しています。

 

(清成)

 

, コメント (1)

2020年もヒグマの野外調査を実施しています

 2020年の春からは、新型コロナウイルス感染拡大防止のために多方面で影響が続いていますが、知床財団のヒグマ調査チームは昨年に引き続き、環境研究総合推進費を活用した現地調査を5月下旬に開始しました。調査は10月末までの予定で、知床半島の斜里町、羅臼町、標津町にまたがって設定された、67基(昨年から4基増設)のヘアトラップサイト、ヒグマの糞を探すための22のルートを2週間に一度の頻度で巡回を重ねていきます。

 2019年のヘアトラップ調査では、7,034サンプルのヒグマの体毛を収集し、ヒグマ糞は855サンプルも発見しました。北海道大学で行われているDNA解析の結果合計350頭(オス150頭、メス200頭)のヒグマが検出され、今まで把握できなかった個体が多く確認されました。また、回収されたヒグマ糞から半島内でも食性に地域差がみられることがわかってきました。今年度も昨年に引き続き調査を継続することで、さらなる研究成果が期待されます。

 事務所ではいつのまにか「ヘアトラ隊」という通称ができました。ほぼ毎日、2人一組の調査員がサンプル集めに知床半島の各所に出かけています。すでに調査も折り返し地点を迎えそうです。半島各所で毛と糞を必死で集めるヘアトラ隊に2020年も応援をよろしくお願いします。

ヘアトラ木を選定し、体毛を採集する有刺鉄線を巻く職員(昨年の調査を踏まえて、調査地点の移設・新設を数カ所行いました。)

林道上でクマ糞を発見!サンプルを採集します。

トラップについているヒグマの毛

今年もたくさん毛(サンプル)を採集しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知床財団の広報紙SEEDSでも調査について特集されました↓

https://www.shiretoko.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/245.pdf

昨年度(2019年度)から3年間の予定で、「遺産価値向上に向けた知床半島における大型哺乳類の保全管理手法の開発」と題し、北海道立総合研究機構と北海道大学、知床財団が共同で調査・研究に取り組んでいます。実施にあたっては(独)環境再生保全機構の環境研究総合推進費【4-1905】を活用しています。

 

(清成)

 

 

, コメント (0)

【フンベ川河口の状況】釣り人へのお願い

幌別川河口は7月31日から立ち入り禁止となっています。そのため、幌別川の近隣であるフンベ川河口に釣り人が集中しています。

残念ながら、人が増えるとゴミのポイ捨てや魚の内臓の残置などの問題も増えてしまいます。

食べ物のゴミ


本日(8月1日)、フンベ川河口近くのチャシコツ崎という場所で、ヒグマの目撃がありました。

私たちが現場に到着した時には、既にヒグマの姿はありませんでした。

ヒグマの明確な痕跡は確認できていないのですが、過去の経験から予想すると、フンベ川河口周辺から海岸を歩き、チャシコツ崎まで移動した可能性が疑われます。

つまり、今まさに釣り人がいる場所の周辺でヒグマが出没していた可能性があるのです。

そのため、注意喚起看板を急きょ設置することとなりました。


看板設置状況




注意喚起看板の内容


看板の内容は、食べ物・ゴミ・釣果を含む荷物の管理の徹底を釣り人にお願いする内容です。

このお願いを守って頂けないと、ヒグマによる人身事故の発生リスクが格段に上がってしまいます。

先日、幌別川河口でヒグマが釣り人の魚を奪いましたが、2016年・2018年にも斜里町ウトロ地区で同様の事例が発生しています。

同じ事を繰り返さないためにも、釣果を含む荷物等の管理を徹底してください。

また、ヒグマが出没しても釣りを続ける方がいますが、大変危険です。やめてください。

(知床財団 村上)

 

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, , コメント (0)

ブログ