カテゴリー  普及

岩尾別川の状況

9月に入り、岩尾別川にヒグマが出没するようになりました。

そのヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンによる、いわゆる「ヒグマ渋滞」が発生しています。

時には、道路両側に車を停めたり、急カーブに車を停めるなど、危険な状況も発生しています。


岩尾別 急カーブに停車する人たち

 

 

 

 

 


岩尾別での混雑状況の様子

 

 

 

 

 

 

 

 


このヒグマ渋滞は、以前から発生しており、過去の活動ブログでもその状況を発信しています。

知床財団のTwitterアカウント「@bear_shiretoko」にも、今年の9月中旬に発生した岩尾別での混雑状況、人間の子どもが車に轢かれそうになった時の動画を投稿しました。最近では、マスコミにも報道されたためTVやネットニュースで目にした方もいるでしょう。


岩尾別橋の上から撮影する人たち

 

 

 

 

 

 

 


知床白書によると、2016年度には年間約173万人が知床(斜里町+羅臼町)訪れています。

このすべての人達に「ヒグマに接近しない」「エサを与えない」というルールを順守してもらうことを目標に、普及啓発活動を継続して実施してきました。

我々としても、せっかく世界遺産知床に来たのですからヒグマを見て、その生き物がもつ力強さ、命の尊さをここ知床で感じてほしいと思っています。

ですが、既にお願いベースのやり方では限界が来ています。

今後、我々に求められるのは、ヒグマを安全に見ることができる仕組みを作ることです。

この仕組みとして、例えばアクセスコントロールが考えられます。

ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステムなど。。。

 

知床が世界に誇れる場所であり続けるために、地域の皆さまや道路管理者、北海道庁、環境省等の行政機関等と協力して、この問題に対する解決方法を導き出していきたいと思います。

 

最後に、

勘違いしている方もいますが、我々はヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンが悪者だとは思っていません。

誰かを悪者にしたところで、何の進展もありません。

誰も悪者にしない、安全に利用できる世界遺産あるいは国立公園の利用システムを目指していきます。

(担当 村上)

 

 

, , , コメント (4)

共同プログラム~WILDERNESS HEALING WALK in ポンホロ沼~

WILDERNESS HEALING WALK~幻の沼「ポンホロ沼」へ行く~
実施日:2019年7月27日(日)

THE NORTH FACE/HELLY HANSEN、BARISTART COFFEEとの共同プログラム第2弾を実施しました。
今回は地元で長年ガイドを務めている「知床のガイド屋pikki」の若月氏に案内役をお願いし、春先の雪解けの時期にしか姿を現さない幻の沼とも言われる「ポンホロ沼」に行って来ました。
前回に引き続き、遠くは東京からお越しいただき、計7名の方にご参加いただきました。


ポンホロ沼は地元の方でも知る人ぞ知る場所。
様々な樹種や香り、鳴き声などを若月さんに解説していただきながらポンホロ沼までの森歩きを楽しんでいただきました。
目的地のポンホロ沼は一面緑。
ぽっかりと空いた空間とヒメシダの群生がとてもキレイでした。
ここで若月さんお手製のほおの実茶をいただきながら、しばしこの不思議で静寂な空間を堪能。



知床自然センターに戻ってからは、BRISTART COFFEEの特製ランチをいただきながら、若月さんの知床スライドトークを楽しみました。
最後は皆様笑顔でお帰りいただき、私たちも嬉しい限りでした。

次回は「海」をテーマに9月に実施予定です。

また各FacebookやInstagramで告知させていただきますので、ぜひ次回もご参加ください。

(担当:田中)

コメント (0)

知床ウトロ学校で毎年恒例、「クマ授業」を実施しました。

 今回は私たち知床財団スタッフだけでなく、今まで同校でクマ授業を受けてきた8年生も先生役になり授業を行いました。

 まずは1、2年生に8年生がクイズも交えて優しく教えます。

8年生が丁寧にヒグマの知識を説明。

元気いっぱいに答える1,2年生達。

 

 

  ヒグマと遭遇した時、どうしたらよいか実際に演じてみるロールプレイングも行いました。

  1、2年生たちは8年生の授業を熱心に聞いていました。

  大事なことはきちんと伝えつつも、みんな楽しく学んでもらえたと思います。

 

  次は知床財団スタッフによる3、4年生と5、6年生の授業です。

8年生の見事な授業を見て、私たちもプレッシャーを感じてスタート。

 

  私たちもスライドにクイズを交えながら実践しました。

  しかし、3年生以上となると何度もクマ授業を受けてきたベテランぞろい。

  どうやらクイズは簡単すぎたようです。

 

全員クイズの答えを即答!

 

 「もし、下校途中にヒグマと出会ったら?」、というシチュエーションを想定し、走らない・騒がない・近づかない、学校の先生に伝える等々、一連の行動をロールプレイングで復習しました。そして「間違えた行動をしている人がいたらどうする?」といった難しい課題も実践してもらいました。

 

「ヒグマへ不用意に近づいてはいけません!」着ぐるみアニエスも登場してロールプレイングを実施しました。

 

 知床で生活するヒグマの動画を見てもらったり、トランクキットにある頭骨標本にも触れてもらったりもしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 様々な動物が生活する知床に暮らす一人として、知床ウトロ学校の子どもたちが将来、人間とヒグマとの共存の道を導き出してくれると良いなと、未来の知床への期待が一層膨らんだ時間でした。

 

(担当:荒木)

コメント (0)

クマ端会議を開催しました。

開催日:2019年2月1日(金)@ウトロ、2019年2月2日(土)@斜里市街地


地元住民の方々とヒグマについてざっくばらんに語り合う井戸端会議、その名も「クマ端会議」を開催しました。
ウトロ地区では今年で6年目、斜里市街地では2年目となる「クマ端会議」は、昨年のヒグマの動向をお伝えしながら、クマに関する素朴な疑問や意見を地元の皆さんと共有し、一緒に知床のヒグマを考えていくことを目指して行っています。

会議といっても、雰囲気はとてものんびりです。皆でお茶とお菓子を味わいながら話し合います。

 

ヒグマの頭蓋骨はこっち。

この骨は何でしょう? ヒントは今年の干支です

ヒグマには開けられない仕組みを備えたゴミステーション

2月1日でウトロでおこなった回では、クラウドファウンディングで呼びかけていた「ヒグマと共存するためのゴミステーション」の実物をご紹介しました。(詳しくはこちら

2月2日の斜里市街地の回では、電気柵を使用してクマ対策をおこなっている農家さんから実情や問題点をお聞きしたり、山菜採りでクマに遭遇した方のエピソードなども飛び出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年に知床財団に寄せられたヒグマの目撃数は1617件。過去2番目に多い件数となりました。ヒグマはどんなところで多く目撃されたのか、知床財団はどんな対応をしていたのか。私たち人間側にできることはなにか。「クマ端会議」は、そんな実情を地元の方に直接お伝えできる大切な機会です。また、地元の方々の率直な意見を聞き、疑問や不安を共有する中で、ヒグマと人が共に暮らしていけるよう、これからも「クマ端会議」を続けていきたいと考えています。

 

(担当:川村)

コメント (0)

きたネット北海道環境活動フォーラム2018「都市のクマとヒト」に参加しました

NPO法人北海道市民環境ネットワークが主催する、きたネット北海道環境活動フォーラム2018「都市のクマとヒト」が札幌市のエルプラザで12/8に開催されました。そこで私たち知床財団もパネルディスカッションと分科会にて知床での取り組みについて発表してきました。

https://blog.goo.ne.jp/kitanet-staff

パネルディスカッションでは、ヒグマが高密度に生息している知床で40年近く前から子供たちとキャンプを行っている「知床自然教室」について発表しました。高密度にヒグマが生息する場所で私たちが子供たちと実際どのようにヒグマ対策を実践しているのかを具体的に紹介し、今までヒグマとの至近距離での遭遇や事故はゼロである現状を伝えました。

知床自然教室では、ヒグマが出没した際には迅速に対応できる体制が整っていること、そして子供たち一人一人がルールをしっかり守ることの二段構えがあってこそヒグマとの至近距離での遭遇を防げていると私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

また、分科会Bの森林保全のパートでは、知床の森づくりの活動報告も行いました。しれとこ100平方メートル運動地での森づくりのこれまでの取り組みと、未来へ繋げる森づくりのこれからについての思いを語りました。

今回のフォーラムではヒグマの専門家だけでなく、札幌近郊のビジターセンターや環境教育施設のスタッフ、多くの学生も参加しており、分科会および全体交流会でも活発な意見を交わすことが出来ました。全プログラムを通じ、登壇者含め200名という過去最大の来場者数であったことからも、多くの人たちがヒグマやそれを取り巻く環境について高い意識を持っていると感じました。

フォーラムの様子は、TVニュースや新聞にも大きく取り上げていただきました。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/261639

知床と札幌は遠く離れていますが、同じ北海道。自然豊かな知床も、北海道を代表する大都市札幌も、その周辺にヒグマが生活している事実は一緒です。私たち一人一人がどの様な「ヒグマ観」を持ち、行政がどの様な具体的対策をしていくか、今一度共に考えたいテーマです。

(担当:片山)

コメント (0)

ブログ