カテゴリー  普及

【フンベ川河口の状況】釣り人へのお願い

幌別川河口は7月31日から立ち入り禁止となっています。そのため、幌別川の近隣であるフンベ川河口に釣り人が集中しています。

残念ながら、人が増えるとゴミのポイ捨てや魚の内臓の残置などの問題も増えてしまいます。

食べ物のゴミ


本日(8月1日)、フンベ川河口近くのチャシコツ崎という場所で、ヒグマの目撃がありました。

私たちが現場に到着した時には、既にヒグマの姿はありませんでした。

ヒグマの明確な痕跡は確認できていないのですが、過去の経験から予想すると、フンベ川河口周辺から海岸を歩き、チャシコツ崎まで移動した可能性が疑われます。

つまり、今まさに釣り人がいる場所の周辺でヒグマが出没していた可能性があるのです。

そのため、注意喚起看板を急きょ設置することとなりました。


看板設置状況




注意喚起看板の内容


看板の内容は、食べ物・ゴミ・釣果を含む荷物の管理の徹底を釣り人にお願いする内容です。

このお願いを守って頂けないと、ヒグマによる人身事故の発生リスクが格段に上がってしまいます。

先日、幌別川河口でヒグマが釣り人の魚を奪いましたが、2016年・2018年にも斜里町ウトロ地区で同様の事例が発生しています。

同じ事を繰り返さないためにも、釣果を含む荷物等の管理を徹底してください。

また、ヒグマが出没しても釣りを続ける方がいますが、大変危険です。やめてください。

(知床財団 村上)

 

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

, , コメント (0)

知床自然愛護少年団「チャシコツ海岸観察会」

ウトロの子どもたちが参加する、知床自然愛護少年団の活動が7月5日(日)に行われました。

愛護少年団は、地域の大人や学校の先生が主体となって、自然の中で安全に楽しく遊ぶ知識や技術を子どもたちに伝えています。私たち知床財団は、地域の自然環境教育を支援するため、その活動をサポートしています。

潮だまりは天然の水族館

今回の活動は、毎年恒例の「チャシコツ海岸観察会」です。活動の舞台は、オホーツク海に突き出た亀のような岩が象徴的なチャシコツ岬です。干潮時に広がる磯で海の生物を間近で観察します。無数にある潮だまりを覗くと、そこは天然の水族館。クラゲやヒトデ、カジカやギンポ、そしてカニやウニまで、子どもたちは命溢れる知床の海の豊かさを実感しました。またこの日は、特別に漁業権のある魚貝類を獲ることができます。子どもたちは、自分たちが食べられる分だけ海の幸を獲り、昼食時に食べました。

 

大人気のエゾバフンウニを観察

チャシコツ海岸観察会は、ウトロ地域ならではの素晴らしい自然体験活動です。しかし安全に活動するためには、いくつか注意すべきことがあります。波の高さや満潮までの時間、海藻に隠れた深い潮だまり、棘や毒のある生き物、夏でも冷たいオホーツク海、そしてクマを引き寄せてしまうような漂着物。恵みをもたらす自然だけではなく、危険をもたらす自然を知ることは、ウトロで生活する子どもたちにとって重要なことです。

子どもたちは愛護少年団の活動を通して、積極的に知床の自然と関り、地域の大人たちに見守られながら、生きる力に結びつく経験を積んでいます。

夏でも冷たいオホーツク海。入るには元気と勇気が必要

私たち知床財団は、これからも地域に根ざした自然体験活動を応援していきます。

コメント (0)

今年も知床ウトロ学校で「ヒグマ授業」を行いました

6月20日(土)、知床ウトロ学校で「クマ授業」を行ってきました。クマ授業とは、地域に暮らす子供たちにヒグマの生態や出会った時の対処法を伝え、知床でヒグマと共に暮らしていくためにはどうすればよいか、を学んでもらう取り組みです。当日は学校の授業参観日でもあり、8年生が1・2年生向けに授業を行う回と、私たちが3・4年生と5・6年生に向けて授業を行う2部構成で実施しました。

 

まずは8年生から1・2年生への授業です。 

ヒグマの大きさを自分たちで作成した実物大のタペストリーで説明する8年生。
1・2年生、びっくりしていました。

 

クイズやロールプレイングを交えつつ、盛り上がりながら楽しく学んでいきます。

 

1~6年生の間、今まで自分たちが学んできたことを教える立場に立って伝えるのは、きっと難しくて緊張したことと思います。でも、分かりやすくて楽しくて、いい授業でした。

そして、私たち知床財団スタッフから3・4年生、5・6年生にむけた授業です。

いつもはクマ対応に奮闘するスタッフが授業を行います。子どもたちも真剣です。

 

本物の頭骨を使い、ヒグマが雑食であることを説明するスタッフ。

 

私たちが生活している場所のすぐ近くにヒグマも暮らしていること、ヒグマがどういう動物なのかということ、ヒグマと出会ったらどのように行動すべきかということを聞いてもらいました。そして授業の中では、もう一つ大事なこととしてゴミの問題も取り上げています。最近の不法投棄の問題を例とし、ゴミを捨てないことをみんなに約束してもらいました。

ヒグマが普通に暮らしている知床で、私たちが彼らについて学のはとても大事なことです。この先、世代が変わっても子どもたちがヒグマについて学び続け、それが知床にとっての当たり前になれば嬉しいです。

(担当:近藤)

, コメント (0)

札幌科学技術専門学校の野外実習を行いました

今年も6月23日に札幌科学技術専門学校の自然環境学科の学生12名の知床野外実習を受け入れました。

札幌科学技術専門学校は、世界自然遺産 知床エリアでの野外学習を通じて現場の取り組みを体感することをテーマに、2016年から毎年知床での野外実習を行っています。

午前中は自然センター館内展示の見学とフレぺの滝遊歩道散策。

知床を訪れるビジターへの様々な情報提供や展示の工夫を紹介しました。

前日ヒグマの出没があり閉鎖していたフレぺの滝遊歩道では、緊張感をもって散策です。

遊歩道沿いで出会う野鳥や草花を観察し、展望台から見たフレぺの滝に一同歓声があがりました。

午後は森づくりの道開拓小屋コース散策し、シカ対策用の防鹿柵や開拓家屋、知床100平方メートル運動ハウスを見学しました。

帰りがけ、遊歩道上にはヒグマの糞が!興味深く観察する一同。

 

観光だけでなく、私たち知床財団の取り組みの現場を実際に体感した一日。

この実習を通じて彼らにとって知床が特別な場所になってくれることを願っています。

(担当:片山)

 

 

コメント (2)

地域の皆様と「クマ活」パートⅡ!

5月21日、22日に実施した北こぶしグループ様との「クマ活」、続編のご報告です。
6月17日、18日の2日間、前回刈り切れなかったところと、この1か月の間にぐんぐん伸びた
国道沿いの草を刈りに再度出陣いたしました。

太陽のエネルギーと雨水をたっぷり吸収した笹薮たちは元気いっぱいで
1か月前とはまるで違った手応え!
刈り込みばさみを何度も動かすものの、強靭な茎に阻まれ、なかなかサクッと刈れません。

 

 

 

 

 

なんとしても今日中に刈り切りたい!と、最後は人海戦術で立ちはだかる笹薮に
パワフルな男性陣たちを一気に投入。
おかげで刈り残しも全て終了、最初は見えなかった海まで見えるほど見通しがよくなりました。

 

 

 

 

 

こちらは国道沿いのオオイタドリの壁。左が草刈り前、右が草刈り後です。
おかげで一気にスッキリしました。みなさんの労働力のすごさがうかがえます。
これでヒグマがいつ出没しても一目瞭然です。
北こぶしグループの職員の皆様、今回もありがとうございました!
(担当・山本)

 

, コメント (0)

ブログ