カテゴリー  公園管理

不法投棄が絶えぬ世界遺産

知床は原生的な自然が色濃く残っており、多くの野生動物が生息する場所です。

国立公園内の道路脇でヒグマを目撃することも、珍しくありません。

知床連山


エゾシカ


ヒグマ


 

そんな場所でも、今年度に入ってからゴミの不法投棄が3件確認されています。

 

(1)2020年4月16日 国立公園内 幌別地区 見晴橋の下

 回収物:みかん約50個、シャンプーの容器、建築資材等


投棄されたみかん

 


回収したゴミ




 

(2)2020年4月29日 国立公園外隣接地 幌別橋のたもと

回収物:もやし、キャベツ、空き缶、掃除機、電気髭剃り、食品トレー等

ミズバショウが咲いている場所に不法投棄されたゴミ


捨てられたキャベツ

回収したゴミ。掃除機や電気髭剃りもあった。



 

 

(3)2020年5月1日 国立公園内 幌別地区 見晴橋の下

回収物:タイヤ、建設資材、衣服洗剤、中身の入ったジュースの瓶、弁当の空箱等

投棄されたジュースなどの缶やペットボトル



回収したゴミ。タイヤもあった。

 

 

 

集めたゴミを確認すると、地元の人が捨てたと思われるゴミとビジターが捨てたと思われるゴミの両方が混在している状況でした。

前段でも述べたように、ヒグマをはじめとする野生動物と人との距離が近いがゆえに、ゴミの投棄だけの問題ではなく、野生動物との軋轢(問題)が発生します。

私たち知床財団は、軋轢を解消するために、情報発信や利用者への指導啓発を行っています。

ですが、実際に不法投棄する現場を目撃するケースは無く、本人に指導できたケースはありません。

 

改めて、皆様にお願いです。

食べ物を含めたゴミの投棄は絶対にしないでください。

特に知床では、人為的な食べ物を口にした野生動物が駆除または交通事故等により命を絶たれるケースが発生しています。

2020年4月18日には、見晴橋の近くで、ビニールが入ったヒグマの糞が確認されています。


ビニール袋が入ったヒグマの糞




糞の中からでてきたビニール袋



 

そもそも不法投棄自体は、知床に限らず、社会一般的にやってはいけない事(犯罪)です。

そして、今は閑散としていますが、例年なら遠方から多くの方々が知床に訪れます。

その方々に、ゴミにまみれた世界遺産を見せるのではなく、本当に訪れて良かったと思っていただけるような、本来の知床を見てほしいと、私たちは願っています。

 

地域の皆様、ビジターの皆様、ゴミはきちんと処理してください。

蓄積されたゴミは後世に残ります。

私たちの子孫に残すものがそれでいいわけがありません。

今後もゴミの不法投棄が無くなるまで、情報発信を続けていきます。

皆様にも、ご支援・ご声援をお願いいたします。

 

 

追記です(5月6日)。

5月5日、ビニール袋をくわえたコグマが幌別駐車帯近くで確認されました。

この場所は先日もゴミを回収した場所でした。

例年ゴミの多い場所ですが、今年は利用者が少ないにもかかわらず、ゴミの投棄が目立ちます。

おそらく、コロナウィルスの影響により、近隣のコンビニエンスストアのゴミ箱が撤去されており、また飲食店や道の駅等の各施設も閉鎖されているため、ゴミの投棄が増えているのではないかと思われます。

皆様、どうか どうか ゴミは責任を持って必ず持ち帰ってください。

人のゴミが原因で野生動物が不幸な道(駆除または交通事故等により死亡)をたどるのは、絶対に避けたいのです。

心からのお願いです。

 

※このビニール袋はヒグマ対策員が回収しています。

 


ビニール袋をくわえたヒグマ

 

 


 

 

(知床財団 村上)

 

ご支援していただける方はこちら

個人の方へ

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

, , コメント (1)

国立公園内での不法投棄

4月16日、知床国立公園内である幌別地区で大量のみかんが道路脇に捨てられていると通報が入りました。

対策員が現場を確認すると、このような有様でした。






 

回収したのは約50個のみかん。

幸いにも、ヒグマが気付く前に回収することができましたが、怒りが抑えられません。

場所はウトロ市街地から直線距離で約2キロの場所です。

 

一度人の食べ物を口にしたヒグマはこれまでと行動を大きく変え、人の食べ物を求めるようになります。

その結果、市街地にヒグマが侵入し、人命を危険にさらす可能性があるのです。

市街地には学校があり、子供たちが登下校もしています。

二度と、不法投棄をしないでください。

 

(知床財団 村上)

 

 

 

 

 

 

, , コメント (0)

4月7日フレペの滝遊歩道を開放しました。

4月7日からフレペの滝遊歩道を開放します

3月31日から閉鎖していたフレペの滝遊歩道についてです。

関係機関と協議した結果、本日4月7日から開放することとなりました。

 

フレペの滝遊歩道が閉鎖された3月31日以降、毎日1~2回のパトロールを入れました。

4/4に単独のヒグマを発見し、4/3にヒグマの足跡をフレペの滝遊歩道で確認しましたが、積極的に人に接近してくるヒグマ、人を追いかける行動を取るようなヒグマは確認されませんでした。

ただしフレペの滝遊歩道では、2019年11月27日にも、利用者がヒグマに追跡されるという今回と同様の事案が発生しています。今後も注意が必要な状況です。

 

ヒグマに出会ってしまった際の対処法はこちらです。

散策の前には、遊歩道の開閉状況を「知床情報玉手箱」でご確認ください。

 

ヒグマ情報はこちらでも発信しています。

Twitter:https://twitter.com/bear_shiretoko

Facebook:https://www.facebook.com/BearSafetyShiretoko/

Instagram:https://www.instagram.com/bear_safety_shiretoko/

知床のひぐま:https://brownbear.shiretoko.or.jp/

 

 

 

 

 

, コメント (0)

「フレぺの滝遊歩道周辺の植物リスト」が知床博物館研究報告 第42集に掲載されました

私たちの身近な遊歩道、フレペの滝遊歩道での6年間の取り組みについてまとめた記録が、知床博物館研究報告 第42集に掲載されました。この報告は以下の知床博物館のホームページにて公開されています。

http://shiretoko-museum.mydns.jp/shuppan/kempo/kempo42

フレペの滝遊歩道は、私たちが拠点を構える知床自然センターに隣接しています。知床連山の全景など、知床半島らしい壮大な景観と様々な自然環境(森・草原・断崖)を同時に感じていただける場所で、遊歩道沿いでは、季節ごとに咲く花を楽しむことができます。この遊歩道周辺における植生については、1980年から単発的な植生調査が実施されており、今回はその際に確認された全ての種と私たちがこの6年間に確認した種をひとつのリストにまとめて報告しました。

 

植生調査は、その経年変化を長年に渡って見ていくもので、一つ一つのデータの積み重ねが非常に重要です。特に知床では、数年前から問題になっているエゾシカの個体数の増加や、採食行動との関係についてはまだ未解明な部分が多く、それらは植生調査を行うことで明らかになる部分もあるのではないかと推測できます。知床自然センターでは、「フロラ・オブ・フレペ」プロジェクトと題したライン調査を2014年から現在に渡り行ってきました。

 

その種が確かに存在したと示せる証拠として、標本は不可欠なため、許認可申請を行い、確認された種においては間違いのない記録とするため可能な限り標本を採取しました。また、このプロジェクトで採取した標本167点は、知床博物館に収蔵されています。

 

この6年間のプロジェクトで確認した61科148属192種1亜種1変種のうち、107種は今回新たに確認された種でした。しかし、作成したリストの33種(全体の17%)が帰化植物だったことについては、決して手放しで喜べない結果です。ただ、エゾシカの減少により近年回復が進んだと考えられる種もありました。稀少植物であるシコタンハコベやクルマユリ、エゾスカシユリやチシマアザミ、エゾノヨロイグサなどです。これらの個体群が今後どのように推移していき、また回復する種が今後も増加するのか大変興味深いところです。

 

このプロジェクトは開始してまだ6年、植物史における長い年月のほんの一点にすぎません。私たちのプロジェクトはまだ始まったばかりです。私たちは一つ一つの調査の積み重ねが知床の自然保全活動にとって重要なデータとなることを信じています。今後も調査を継続してデータの蓄積を行い、得たデータを検証してフレペの植生が明らかになることを願っています。

(担当:片山)

コメント (0)

岩尾別川の状況

9月に入り、岩尾別川にヒグマが出没するようになりました。

そのヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンによる、いわゆる「ヒグマ渋滞」が発生しています。

時には、道路両側に車を停めたり、急カーブに車を停めるなど、危険な状況も発生しています。


岩尾別 急カーブに停車する人たち

 

 

 

 

 


岩尾別での混雑状況の様子

 

 

 

 

 

 

 

 


このヒグマ渋滞は、以前から発生しており、過去の活動ブログでもその状況を発信しています。

知床財団のTwitterアカウント「@bear_shiretoko」にも、今年の9月中旬に発生した岩尾別での混雑状況、人間の子どもが車に轢かれそうになった時の動画を投稿しました。最近では、マスコミにも報道されたためTVやネットニュースで目にした方もいるでしょう。


岩尾別橋の上から撮影する人たち

 

 

 

 

 

 

 


知床白書によると、2016年度には年間約173万人が知床(斜里町+羅臼町)訪れています。

このすべての人達に「ヒグマに接近しない」「エサを与えない」というルールを順守してもらうことを目標に、普及啓発活動を継続して実施してきました。

我々としても、せっかく世界遺産知床に来たのですからヒグマを見て、その生き物がもつ力強さ、命の尊さをここ知床で感じてほしいと思っています。

ですが、既にお願いベースのやり方では限界が来ています。

今後、我々に求められるのは、ヒグマを安全に見ることができる仕組みを作ることです。

この仕組みとして、例えばアクセスコントロールが考えられます。

ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステムなど。。。

 

知床が世界に誇れる場所であり続けるために、地域の皆さまや道路管理者、北海道庁、環境省等の行政機関等と協力して、この問題に対する解決方法を導き出していきたいと思います。

 

最後に、

勘違いしている方もいますが、我々はヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンが悪者だとは思っていません。

誰かを悪者にしたところで、何の進展もありません。

誰も悪者にしない、安全に利用できる世界遺産あるいは国立公園の利用システムを目指していきます。

(担当 村上)

 

 

, , , コメント (4)

ブログ