カテゴリー  公園管理

「フレぺの滝遊歩道周辺の植物リスト」が知床博物館研究報告 第42集に掲載されました

私たちの身近な遊歩道、フレペの滝遊歩道での6年間の取り組みについてまとめた記録が、知床博物館研究報告 第42集に掲載されました。この報告は以下の知床博物館のホームページにて公開されています。

http://shiretoko-museum.mydns.jp/shuppan/kempo/kempo42

フレペの滝遊歩道は、私たちが拠点を構える知床自然センターに隣接しています。知床連山の全景など、知床半島らしい壮大な景観と様々な自然環境(森・草原・断崖)を同時に感じていただける場所で、遊歩道沿いでは、季節ごとに咲く花を楽しむことができます。この遊歩道周辺における植生については、1980年から単発的な植生調査が実施されており、今回はその際に確認された全ての種と私たちがこの6年間に確認した種をひとつのリストにまとめて報告しました。

 

植生調査は、その経年変化を長年に渡って見ていくもので、一つ一つのデータの積み重ねが非常に重要です。特に知床では、数年前から問題になっているエゾシカの個体数の増加や、採食行動との関係についてはまだ未解明な部分が多く、それらは植生調査を行うことで明らかになる部分もあるのではないかと推測できます。知床自然センターでは、「フロラ・オブ・フレペ」プロジェクトと題したライン調査を2014年から現在に渡り行ってきました。

 

その種が確かに存在したと示せる証拠として、標本は不可欠なため、許認可申請を行い、確認された種においては間違いのない記録とするため可能な限り標本を採取しました。また、このプロジェクトで採取した標本167点は、知床博物館に収蔵されています。

 

この6年間のプロジェクトで確認した61科148属192種1亜種1変種のうち、107種は今回新たに確認された種でした。しかし、作成したリストの33種(全体の17%)が帰化植物だったことについては、決して手放しで喜べない結果です。ただ、エゾシカの減少により近年回復が進んだと考えられる種もありました。稀少植物であるシコタンハコベやクルマユリ、エゾスカシユリやチシマアザミ、エゾノヨロイグサなどです。これらの個体群が今後どのように推移していき、また回復する種が今後も増加するのか大変興味深いところです。

 

このプロジェクトは開始してまだ6年、植物史における長い年月のほんの一点にすぎません。私たちのプロジェクトはまだ始まったばかりです。私たちは一つ一つの調査の積み重ねが知床の自然保全活動にとって重要なデータとなることを信じています。今後も調査を継続してデータの蓄積を行い、得たデータを検証してフレペの植生が明らかになることを願っています。

(担当:片山)

コメント (0)

岩尾別川の状況

9月に入り、岩尾別川にヒグマが出没するようになりました。

そのヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンによる、いわゆる「ヒグマ渋滞」が発生しています。

時には、道路両側に車を停めたり、急カーブに車を停めるなど、危険な状況も発生しています。


岩尾別 急カーブに停車する人たち

 

 

 

 

 


岩尾別での混雑状況の様子

 

 

 

 

 

 

 

 


このヒグマ渋滞は、以前から発生しており、過去の活動ブログでもその状況を発信しています。

知床財団のTwitterアカウント「@bear_shiretoko」にも、今年の9月中旬に発生した岩尾別での混雑状況、人間の子どもが車に轢かれそうになった時の動画を投稿しました。最近では、マスコミにも報道されたためTVやネットニュースで目にした方もいるでしょう。


岩尾別橋の上から撮影する人たち

 

 

 

 

 

 

 


知床白書によると、2016年度には年間約173万人が知床(斜里町+羅臼町)訪れています。

このすべての人達に「ヒグマに接近しない」「エサを与えない」というルールを順守してもらうことを目標に、普及啓発活動を継続して実施してきました。

我々としても、せっかく世界遺産知床に来たのですからヒグマを見て、その生き物がもつ力強さ、命の尊さをここ知床で感じてほしいと思っています。

ですが、既にお願いベースのやり方では限界が来ています。

今後、我々に求められるのは、ヒグマを安全に見ることができる仕組みを作ることです。

この仕組みとして、例えばアクセスコントロールが考えられます。

ヒグマの核心的生息地の手前で、マイカーやレンタカーからシャトルバスへ完全に乗り換えるシステムなど。。。

 

知床が世界に誇れる場所であり続けるために、地域の皆さまや道路管理者、北海道庁、環境省等の行政機関等と協力して、この問題に対する解決方法を導き出していきたいと思います。

 

最後に、

勘違いしている方もいますが、我々はヒグマの撮影をしようとする観光客やカメラマンが悪者だとは思っていません。

誰かを悪者にしたところで、何の進展もありません。

誰も悪者にしない、安全に利用できる世界遺産あるいは国立公園の利用システムを目指していきます。

(担当 村上)

 

 

, , , コメント (4)

【警戒情報】知床峠~羅臼湖入口間 (ヒグマ)

 8月9日(金)の昼頃と夕方18時頃の計2回、ヒグマが車のボディーを叩く事例が、国道334号(知床横断道路)の知床峠~羅臼湖入口間において発生しました。

※この区間の周辺を徒歩で歩いたり、自転車・バイクで通過する、車から降りるといった行為は大変危険です。

 道路脇にいるヒグマを見かけても、絶対に車から降りず、車内に留まってください! 

 知床峠から羅臼湖入口へ歩いて向かうのも当面は危険です。羅臼湖へ行きたい方は、路線バスを「羅臼湖入口」バス停まで利用するか、送迎付きのガイドツアー等をご利用下さい。

 

続きを読む →

, , コメント (2)

冬の森づくりの道(スノーシューコース)オープン準備

実施日:2019年1月19日(土)~20日(日)

1月26日(土)より知床自然センターの周りに冬の森づくりの道(スノーシューコース)をオープンします。

それに先立ち、今回は、ボランティア2名の方にお集りいただき、コース標識の設置などの準備作業を行いました。数十本の標識をそりに積み、要所要所にさしていく作業です。ご参加いただいたお二人のお力もあり、予定の二日間で余裕をもって終えることができました。

 

現在のところの積雪は、50センチ程度とこの時期にしては少なめですが、これからが冬本番。このまま終わるはずもなく、今後どんどんと降り積もり、ますます冬の知床らしい景色になっていくものと思われます。

コースは、「開拓小屋コース」と「冬の森コース」の二つです。その他いろいろと冬の企画も行っておりますので、ぜひ知床にお越しの際はぜひ知床自然センターまで足の延ばしてみてください。お待ちしています。

詳しくはこちらより。
知床自然センターホームページ

, , コメント (0)

雑誌「モーリー」50号に記事が載りました

(公財) 北海道新聞野生生物基金が発行している自然系の雑誌「モーリー」の50号に、私たちが書いたヒグマに関する記事が掲載されました。

「知床半島のヒグマの現状 ~国立公園内で進む人なれと分散先で死んでいくクマたち~」、「クマと人を守るためのルール ~デナリ国立公園に学ぶ~」というタイトルで、合計6ページにわたって写真入りで掲載されています。

知床国立公園内やその周辺では、車から降りてヒグマに自ら接近して撮影する人々が、近年多数見受けられます。それがどういう結末につながるのか?遺伝子分析の結果、明らかになってきた知床の残酷な現実を書かせていただきました。

ヒグマの写真を撮りたい皆さんには、接近撮影が被写体となったヒグマの寿命を縮めることを是非とも理解していただきたい。ヒグマを見ても車から降りない、徒歩の状態でヒグマに出会っても自分から近づかない、最低でも50m以上の距離をとる、といった点を「ヒグマのために」守っていただきたいと思います。

続きを読む →

, , , コメント (0)

ブログ