カテゴリー  普及

博物館キッズの子供たちとロングトレイル歩きました!

RIMG4354s 10月18日土曜日、「博物館キッズ」の子供たちと現在期間限定で公開中のトレイルを歩きました。
 博物館キッズは斜里町内の小学生を対象に、斜里町立知床博物館が実施している連続講座です。当日は斜里町内の小学生13名が5.5キロのトレイル踏破にチャレンジしました。このトレイルは開拓跡地をかつての森に戻す森林再生の活動を進めているしれとこ100平方メートル運動地の中を歩きます。子どもたちは開拓の歴史とその後の森づくりの活動を学びながら、紅葉まっさかりのコースを歩きました。
 誰一人遅れることなく、みんな無事ゴール、トレイル最終盤の難所も、子供たちにはちょっと冒険心をくすぐる楽しいコースだったようです。最初から最後まで元気いっぱいでした!(担当:増田)。

コメント (0)

知床Kids 「アクアマリンふくしま」を体験!

setumei2014年10月4日

 知床Kidsは、羅臼町公民館、環境省、知床財団の共催により、羅臼町内の小学校4~6年生を対象に行なっている郷土学習事業です。

 今回は、なんと福島県にある水族館「アクアマリンふくしま」から3名のスタッフがはるばる羅臼までお越しいただき、羅臼の子どもたちに海の生き物の学習プログラムを実施してくれました。


 プログラムは盛りだくさん。DSCN6623 - cutまずは、魚の命の学習です。アクアマリンのスタッフがわざわざ本州から車で運んで来てくれた「マアジ」を自分たちで釣り、さばき、料理して食べます。まだピチピチとまな板の上で跳ねるマアジを手元に置き、魚の心臓はどこにあるかな?ヒレはいくつかな?ウロコはどんな風になっている?などとマアジをじっくりと観察します。 観察したあとは、思い切って包丁をマアジの頭の後ろにエイッ!とおろし、一人一匹ずつ捌きます。自分の手で命をいただいたマアジを唐揚げにして、昼食のおにぎりと一緒に美味しくいただきました。

続きを読む →

コメント (0)

社会実験準備中。今秋新遊歩道を期間限定で開設!

 DSC09313この秋実施予定(10月14~31日まで)の社会実験の準備にウトロスタッフは追われています!この社会実験は知床自然センターを拠点とした新たなトレイル運用を期間限定で実験的に行うものです。

 既存のフレペの滝遊歩道(2km)に加え、1kmほどのお手軽コースから、3km、5.5km少し健脚向きのロングコースまで新規3コースを新設、利用者には散策の際の注意事項やコースの見どころなどをご紹介する事前レクチャーを受講していただきます(無料です)。
 知床自然センター周辺はかつて開拓が行われていた地域で、開拓跡地を森に復元するナショナルトラスト運動「しれとこ100平方メートル運動」が地元斜里町によって行われているフィールドでもあります。歩道は開拓時代の農道などを活用しており、開拓時代の名残りや、その後の森づくりの活動などを歩きながら体感することもできます。
現在交替で歩道の整備や案内板の作成、レクチャー内容の検討など準備に追われています。この社会実験については今後も逐次報告します。間もなく特設ページも開設予定です。ご期待ください!

 社会実験トレイルマップ

, , コメント (0)

インターン活動中です。

RIMG0396 知床財団では、毎年夏と冬にインターンシップの受け入れを行っています。この夏も、全国から8名の学生がそれぞれの場所で、日々活動中です。  羅臼地区では、羅臼ビジターセンターの掲示物の作成や遊歩道の巡視活動などに取り組んでもらっています。

 先日羅臼の幼稚園で実施したクマ授業では、インターン2名に絵本の読み聞かせを担当してもらいました。  子供たちは、真剣な表情で、読み聞かせを聞いていました。

IMGP3225 また、シャチの実物大の布絵を制作する作業も行っています。設計図を書いて下絵を描くところから、全て担当してもらいます。  学校などでのレクチャーで使用する予定の布絵は、近日中に皆さんへお見せできると思います。

(担当:坂部)

コメント (0)

知床Kids 体験キャンプ実施しました

8月9日から8月10日、羅臼町で毎年行なわれている知床Kidsの体験キャンプにスタッフとして参加しました。
知床KIDSは羅臼町公民館、環境省、知床財団の共催で、羅臼町内の小学校4~6年生を対象に行っている事業です。 今回実施した体験キャンプは羅臼町で暮らす子供たちに、地域の自然に触れながら学習してもらい、キャンプ 技術を体験するというもの。

続きを読む →

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG