カテゴリー  森林再生

「スノーシュー・歩くスキーコース」1/31(日)OPENします!

今年は、雪が少ない少ないと言われていましたが、先日の暴風雪で一気に雪が降り積もりました。

毎年、冬季限定で開設している「スノーシュー・歩くスキーコース」も予定通りOPEN出来そうです。

そこで、先日、3日間にわたって、コースの案内標識を設置する作業を行いました。

OPENするのは、どちらも知床自然センターから出発する次の2つのコース。

かつての開拓の跡地をたどる「開拓地コース」は赤い矢印、森づくりの現場を知る「森林コース」は青い矢印が目印です。それぞれのコースのポイントに設置していきました。(共用のところは、2色の矢印です。)

森林コースは、青い矢印が目印!

森林コースの目印は、青い矢印!

開拓地コースの目印は、赤い矢印!

開拓地コースの目印は、赤い矢印!

馬そりの気分?!

馬そりの気分?!

両コース併せると、100本ほどの看板をすべて背負っていくことはできないので、事前にコース奥に置いておいたもの以外は、大きなそりに乗せて引っ張っていきました。
先頭を行く人は、ラッセルをして雪道を拓いていきます。次いで、大きなそりを引く人が続きます。車を用いることができない雪の遊歩道開設作業は、すべて人力です。
かつての開拓の先人たちの苦労を想う、毎年恒例の遊歩道開設作業。
最高気温-6度という極寒の外作業でも、汗だくになりました。

キツネの足跡。動物たちの自然な動きが分かるのも冬の楽しみ!

キツネの足跡。動物たちの自然な動きが分かるのも冬の楽しみ!

最後には、澄み切った青空も顔を出してくれ、冬の美しさを改めて感じました。
これらの遊歩道は、ヒグマが冬眠から目覚める3月中旬頃までのご利用を予定しています。

知床自然センターは、ただ今改修中ですが、仮設店舗で営業中です。散策前には、ぜひお立ち寄りください。無料でコースマップも貸出しています。

*遊歩道の詳細は、コチラ

(担当:喜内)

, , コメント (0)

「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)冬季閉園しました

柵内、森の中の様子。すっかり冬の森です。ルートがどこか分かりずらくなりました。

柵内の森の中。すっかり冬の森です。散策ルートが分かりずらくなりました。

昨年の7月末にオープンした、100平方メートル運動地公開コース「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)は、積雪によるコース不明瞭のため、本日11/29(日)をもって、今季の利用を終了いたしました。

思いがけない、11月の大雪ですっかり冬景色になり、今年は少し早めの閉園です。

 

 

続きを読む →

コメント (0)

防鹿柵の冬支度

DSCF2793期間:2015年11月19日(木)~11月23日(月)

秋色のカラマツもすっかり葉を落とし、冷たい風が身にしみる季節になりました。本格的な冬の到来もすぐそこです。知床の厳しい冬を越すためには、動物も人も冬支度を怠れません。

遠くに見える知床連山は少しづつ冬を装い、時折ちらつく雪に急かされながら、シカ柵の補修やかさ上げ作業を行っています。

(担当:草野)

 

コメント (2)

第19回 森づくりワークキャンプ実施報告

カラマツの黄葉。これからさらに黄金に輝きます。

カラマツの黄葉。これからさらに黄金に輝きます。

期間:2015年10月30日(金)~11月4日(水)

幾度かの大嵐で多くの木々は葉を落とし、見通しのきく林となりました。知床の晩秋を彩るカラマツの柔らかい黄葉も色鮮やかになってきました。
今年で19回目を迎える「森づくりワークキャンプ」。
今年は、長年ご参加くださっている方をはじめ、初めての方など計14名の方々が、道内各地および遠く九州・関西・関東方面からお越しくださいました。

 

続きを読む →

コメント (2)

「第19回しれとこ森の集い」開催報告

町内外よりたくさんの方がご参集くださいました。

町内外よりたくさんの方がご参集くださいました。

実施日:2015年10月18日(日)晴れ
天まで届くような澄み渡る青空のもと、毎年恒例の「しれとこ森の集い(植樹祭)」を開催しました。
一雨ごとに涼しさを増し、知床連山も冠雪、麓も冬支度を始めていましたが、この日の最高気温はなんと23℃!薄手の長袖をまくし上げるほどの暖かさでした。
今年は、地元斜里町や道内、そして本州各地から79名の皆さんにお集まりいただきました。

 

続きを読む →

コメント (0)

ブログ