カテゴリー  森林再生

知床自然教室Web集会を開催しました 

9/12(日)、知床自然教室Web集会を開催しました。

 知床自然教室は「しれとこ100平方メートル運動」の参加者のお子さんを対象に、知床の自然や森づくりを体験してもらうキャンプ事業です。昨年と今年は2年連続で新型コロナウイルス感染拡大によって開催が中止となりました。そこで、知床に来ることができなくても子供たち同士がつながれる企画として、知床自然教室Web集会を開催しました。全国各地の参加者14名と指導員12名が画面を通じて再会することができ、久しぶりに見る子供たちはみな笑顔で安心しました。

 Web集会では今年のポンホロ(キャンプ地)の様子の動画を鑑賞したり、子供たちの近況を報告しあったりして、お互いに会えなかった時間をほんの少しだけ埋め合わせすることできました。最後に、自然教室が開催されなかった2年間に高校3年生となった3名には、最終学年で参加できなかった代わりに、指導員らで事前に用意した寄せ書きを贈りました。
 スタッフ一同、来年こそは知床自然教室が開催できることを願っております。

 

 

, コメント (0)

「斜里っ子自然教室」を開催しました。

9/5(日)、斜里町在住の元気な児童17名を対象に日帰り自然体験活動「斜里っ子自然教室」を開催しました。
活動内容は、森の散策や自然の素材を活かした工作、その他野外調理など、キャンプならではのアクティビティを行いました。キャンプ初体験の子も経験豊富な指導員のもと、火のおこし方やタープ張りにチャレンジして、基礎的な技術を身につけました。また、子どもたちは活動を通して、野生動物や植生に配慮する大切さも学びました。

初の炊飯も大成功。

木工ではバードコールを作りました。

withコロナの時代においても、子どもたちに自然の神秘に触れる機会を提供したい。そんな思いから今回の自然体験活動を開催しました。今後も私たち知床財団は、地域の大人と連携して、子どもたちがのびのびと自然体験できる場を創出していきます。

なお実施にあたり、新型コロナウィルスの予防対策を徹底することができたのは、参加者ご家族のご理解とご協力の賜です。この場を借りて御礼申し上げます。

知床の森に子どもたちの元気な声が響きました

, , コメント (0)

春の森づくり作業を行いました

100平方メートル運動の森づくりは、開拓跡地に森林を再生させる取り組みです。私たち知床財団は、この現地業務を担い、専門家や多くのボランティアさんと一緒に森づくりを行っています。

この春は、5月15,16,22,23日の4日間で作業を行い、アカエゾマツ林やササ地に広葉樹の苗木を植えました。
今年の作業も新型コロナウイルスの影響により、ボランティアさんと一緒に活動することができませんでしたが、斜里町役場や財団職員による少人数チームで作業を行い、予定通り植樹することができました。

アカエゾマツ造林地に広葉樹を植えて、樹種多様な森に変えていきます

開拓後ササ地になった所を森に戻すため、広葉樹を植えています

運動地の森は、エゾシカが高密度に生息した影響が色濃く残り、若い広葉樹が極めて少ない現状になっています。今は、一時に比べてエゾシカは少なくなり植生回復の兆しが徐々に現れていますが、依然としてオヒョウやハルニレ等、シカが好む樹種の生育は難しい状況です。
森づくりではこのような樹種に関しても、樹皮保護ネットを巻いて植えることで着実に増やしています。大自然の営みの中で、人の手で行えることは限られていますが、それでも自然のためにできる事を真剣に考え、知床の生態系が更に豊かになることを願いながら、私たちは森づくりを進めています。

, コメント (0)

冬期ボランティア活動報告【第3弾】

若いアカエゾマツは、たくさん枝があるため、近づくのも大変です。

2/13・14日に冬期最後のボランティア活動を実施しました。

今回も地元斜里町及び近隣から7名の参加者にお集まりいただきました。活動内容は、アカエゾマツの間伐です。

近年100平方メートル運動地では、アカエゾマツの人工林を知床本来の森に近づけるため、間伐を実施しています。今回のボランティア活動では、20年前に植えたアカエゾマツ林で間伐を行いました。

アカエゾマツの大きさはノコギリで伐れるサイズですが、間伐対象が200本近くありました。また伐ったアカ

伐った木を林内から運び出すのはひと苦労です。

エゾマツは、森づくり作業の中で活用するため、運び出し枝を払う必要があります。そして、これら一連の作業は大変な労力がかかるため、職員だけでは作業がはかどらない状況でした。しかし、今回もボランティアさんの活躍により作業を完了することができました。

スノーシューを履いて雪上で行う作業は、想像以上に体力を消耗します。それにもかかわらず、私たちの要望に応えてくれるボランティアの皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!現場で働く私たちにとって、森づくりを応援してくださるボランティアさんの存在が何より心強く励みになります。

枝を払った間伐材は、広葉樹を植える時に使う支柱として活用します。役目を終えた後、運動地の土に還ります。

冬期の活動で予定していた作業は全て終えることができました。次の活動は春先を予定しております。まだ少し先ですが、職員一同再会できる日を楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

作業後は海側に足を延ばし流氷を眺めました。雄大な冬のオホーツク海、開拓当時の人々はどんな気持ちでこの景色を見ていたのでしょうか。

, コメント (0)

冬期ボランティア活動報告【第2弾】

造林地のアカエゾマツには、枯れ枝がたくさんついています。

2/6・7日にボランティア活動を実施しました。今回は斜里町及び近隣からボランティアさん5名にご参加いただきました。活動内容は、春の植樹に備えた準備作業です。

現在、100平方メートル運動地の森づくりでは、間伐したアカエゾマツ造林地に広葉樹を移植する作業を実施しています。この移植作業は春に実施しますが、今回の活動ではその準備として、アカエゾマツの枯れ枝を伐る作業を行いました。広葉樹を移植する際に支障となる枯れ枝を事前に伐ることで、春の融雪後、直ぐに広葉樹を植えることができます。職員だけでは数日かかる作業量でしたが、ボランティアさんのお力添えにより、半日で終

春にはこの中に広葉樹を植えて、針葉樹と広葉樹が混ざる森をつくります。

えることができました。ボランティアの皆さん、今回もありがとうございました!皆さんのお力で森づくりは進んでいます。

, コメント (0)

ブログ