カテゴリー  森林再生

第27回森づくりワークキャンプ・秋 開催報告

10月30日~11月3日の期間で100平方メートル運動地の森づくりイベント「森づくりワークキャンプ」を開催しました。合宿形式で森づくり作業を行うこのイベントは、毎年春と秋に開催しています。今年も春はコロナ禍につき中止しましたが、秋は感染対策を講じて開催することができました。

今年もワークキャンプの定番作業、広葉樹大型苗の移植を行いました。苗畑で育てた大型苗は種子から育てています。大型苗に仕立てるまでには、10年以上の歳月が費やされ、その間苗木の成長には多くの森づくりボランティアさんが関わっています。自然を愛する人々の思いがこもった大型苗が、知床の森の一員となるこの時、我が子の門出を祝福するような気持ちで作業に臨みます!

重労働の掘り取り作業。根鉢を崩さないように慎重に作業を進めます。

今回は、参加者7名のお力添えに加えて斜里町役場の職員や更には「THE NORTH FACE/HELLEY HANSEN知床店」のスタッフが助太刀してくれました。結果、立派に育ったミズキやカシワ等8本の大型苗広葉樹を移植することができました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございましたー!この場を借りて心から御礼申し上げます。

知床財団の職員と参加者が交流を深め、終始和やかで楽しい時を知床の森で過ごしました。

 

 

, コメント (0)

第25回しれとこ森の集い(植樹祭)開催報告

10月10日に「第25回しれとこ森の集い(植樹祭)」を開催しました。当日は晴れ渡る秋空の下、全国各地から約130人の参加者が知床に集いました。

今年は、広葉樹200本を防鹿柵内に植樹しました。広葉樹の苗木はシウリザクラとキハダの2種類です。2016年に運動地の森から種子を採集して、森づくりボランティアさんと一緒に5年間苗畑で大切に育てました。

知床の厳しい自然の中では木々の生長は極めてゆっくりですが、皆さんが心を込めて植えた苗木は、きっと大きく育ちます。

ササの根が張る土を掘るのは大変ですが、丁寧に植えていただきました。

全国各地から駆けつけてくれた運動参加者の皆様、今年も知床にご参集いただき誠にありがとうございました。100平方メートル運動の森づくりは、皆様に支えられながら着実に歩みを進めています!

 

 

 

, コメント (0)

ダイキン工業「第18回知床ボランティア」開催報告

10月2日~10月5日にかけて、ダイキン工業の社員さん9名が知床にお越しになり、しれとこ100平方メートル運動の森づくり作業にご参加いただきました。なおこの活動は、今年で10周年を迎え、これまでものべ196名の社員さんが、森づくり作業にご参加いただいています。

今回の作業は、ササ地を森林化する試みの一環として、広葉樹の植樹を行いました。知床では、若い広葉樹はエゾシカに被食される可能性が高いため、ある程度大きく育てた広葉樹の苗木に樹皮保護ネットを巻いて移植しています。この手法は労力がかかるため、一度にたくさん植えることができませんが、知床の厳しい自然の中でも着実に広葉樹を増やすことができます。ダイキン工業の皆さんが植えた広葉樹も知床の森の一員となり、大きく育ってくれるはずです!

広葉樹は、樹皮保護ネットを巻いて植樹します。

皆さんのご協力により、広葉樹を植えることがきました!

今回は作業中に大雨に見舞われましたが、荒天をものともせず作業に参加してくれたこと、心から感謝しております。皆さまの応援があればこそ、現場の職員も森づくりに励むことができます。

これからも100平方メートル運動の森づくりは、人と自然の関わり方を問い続け、豊かな自然を次世代に継いでいく活動を展開していきます。どうそ今後ともよろしくお願い致します!

 

, コメント (3)

知床自然教室Web集会を開催しました 

9/12(日)、知床自然教室Web集会を開催しました。

 知床自然教室は「しれとこ100平方メートル運動」の参加者のお子さんを対象に、知床の自然や森づくりを体験してもらうキャンプ事業です。昨年と今年は2年連続で新型コロナウイルス感染拡大によって開催が中止となりました。そこで、知床に来ることができなくても子供たち同士がつながれる企画として、知床自然教室Web集会を開催しました。全国各地の参加者14名と指導員12名が画面を通じて再会することができ、久しぶりに見る子供たちはみな笑顔で安心しました。

 Web集会では今年のポンホロ(キャンプ地)の様子の動画を鑑賞したり、子供たちの近況を報告しあったりして、お互いに会えなかった時間をほんの少しだけ埋め合わせすることできました。最後に、自然教室が開催されなかった2年間に高校3年生となった3名には、最終学年で参加できなかった代わりに、指導員らで事前に用意した寄せ書きを贈りました。
 スタッフ一同、来年こそは知床自然教室が開催できることを願っております。

 

 

, コメント (0)

「斜里っ子自然教室」を開催しました。

9/5(日)、斜里町在住の元気な児童17名を対象に日帰り自然体験活動「斜里っ子自然教室」を開催しました。
活動内容は、森の散策や自然の素材を活かした工作、その他野外調理など、キャンプならではのアクティビティを行いました。キャンプ初体験の子も経験豊富な指導員のもと、火のおこし方やタープ張りにチャレンジして、基礎的な技術を身につけました。また、子どもたちは活動を通して、野生動物や植生に配慮する大切さも学びました。

初の炊飯も大成功。

木工ではバードコールを作りました。

withコロナの時代においても、子どもたちに自然の神秘に触れる機会を提供したい。そんな思いから今回の自然体験活動を開催しました。今後も私たち知床財団は、地域の大人と連携して、子どもたちがのびのびと自然体験できる場を創出していきます。

なお実施にあたり、新型コロナウィルスの予防対策を徹底することができたのは、参加者ご家族のご理解とご協力の賜です。この場を借りて御礼申し上げます。

知床の森に子どもたちの元気な声が響きました

, , コメント (0)

ブログ