カテゴリー  普及

平成28年度 北海道大学獣医学部の野外実習を行いました

今年度も、9月12日~16日の期間、北海道大学獣医学部の野外実習を受け入れました。

この実習の目的は、学生の皆さんに保全生態学と野生動物医学に関する知識と技術を習得してもらうことにあります。単に情報を伝えるだけの一方通行の学習ではなく、学生の皆さんが自主的にテーマを決め、事前に調査の内容や対象の動植物について調べてきてもらっています。

今回は知床自然センター周辺から岩尾別にかけてのフィールドで、3班に分かれて調査し、それぞれ結果をまとめてもらいました。各班のテーマは次の通りです。

1班:知床の植生とヒグマの食性について

2班:キツネ・タヌキの寄生虫(エキノコックスなど)について

3班:知床のシカと植生と寄生虫(ダニ類)について

野生動物の多い知床ならではのテーマですね。実際に学生の皆さんにブログ用のレポートを書いていただきましたので、続きをご覧ください。

注)寄生虫など一部グロテスクな写真が含まれています。

続きを読む →

, コメント (0)

マルハナバチ授業を行いました。

今日は、地元の知床ウトロ学校に出かけ、5、6、9(旧:中学3)年生と一緒に
「マルハナバチ」について学習してきました。
授業の目的は、マルハナバチという生き物を知ること、
そして、外来種である「セイヨウオオマルハナバチ」を識別し、ゆくゆくは自分たちで捕獲、駆除できるようになることです。
ひとコマ目は教室の中で、マルハナバチがどんなハチなのか、1年間、どんな風に過ごしているのか、
などその基本的な生態などについて学びました。
また、知床で見られるマルハナバチは何種類いるのか、
マルハナバチ識別シートをみながら覚えてもらいました。
ふたコマ目では、みんなでグランドに出て、早速セイヨウオオマルハナバチ捕獲実習を行いました。
グランドのところどころには、やはりこれも外来種のシロツメクサなどが咲き乱れていましたが、
マルハナバチ自体がなかなか見つかりません。
授業の後半、あきらめかけて
“この際、飛んでいるほかの虫も全て観察対象にしてみんなで勉強かな・・・”などと思っていたその時。
ひとりの生徒が大声で私たちを呼んでいます。慌てて走り寄ったら、いました!いました!
セイヨウオオマルハナバチの、しかも女王蜂!
最後の最後で、1頭のセイヨウオオマルハナバチを捕獲し、本日のマルハナバチ授業は無事に終了しました。
生徒の皆さん、これからもマルハナバチ観察、そしてセイヨウオオマルハナバチの捕獲のご協力、
どうぞよろしくお願いいたします。
(担当:新庄、山本)

真剣に授業に取り組むウトロ学校の生徒たち。

真剣に授業に取り組むウトロ学校の生徒たち。

コメント (0)

札幌・滝野すずらん丘陵公園「キャンピングフェア」に出展してきました。

私たち知床財団のことをもっと多くの方に知ってもらいたい!
知床の自然や野生動物がどんな風で、私たちがどのように関わっているのか、ご紹介したい!
そんな思いを胸に、札幌市にある国営滝野すずらん丘陵公園で、2016年5月21日(土)、22日(日)の二日間開催された『北海道キャンピングフェア』に出展させていただきました。
イベント当日は、両日ともにとっても良いお天気で、30度を超える暑さ。
知床の涼しさに慣れた体にはかなり堪えましたが、お天気に恵まれたおかげでたくさんの方にご来場いただき、賑やかなイベントとなりました。
会場に来てくださった皆様、ありがとうございました。

※今回の出展に際しては、株式会社 秀岳荘様に大変お世話になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。

DSCN7556DSCN7522

コメント (0)

クマ授業を行いました

5月12日、斜里町立知床ウトロ学校へお邪魔し、毎年恒例の「クマ授業」を実施しました。

今年は1~2年生、3~6年生、7~9年生の3クラスに分かれ、ヒグマ、触らないほうがよい植物、そしてエキノコックスと3つのトピックについて勉強しました。

DSCN3479

また、キツネにエサをやったり、近づいたりする観光客が後を絶たないため、7~9年生には観光客に対する啓発ポスターのキャッチコピーを考えていただきました。

以下、提案されたコピーです。皆さん、いかがですか?

○ 僕らの命 キツネの命 駅のエキノ

○ さわらない エサをやらない 近づかない

○ あなたの身勝手さがきつねを殺す

 

 

コメント (0)

クマ渋滞 交通事故にも注意!

世の中はゴールデンウィークです。知床では、道路脇に現われたヒグマを見物する車両による渋滞、いわゆ
る「クマ渋滞」が頻繁に発生しています。ここに載せた写真はすべて今日撮影したものです。二重駐車、急カーブでの駐停車、なんでもありです。

写真1. 急カーブに二重駐車. お子さん抱えてみんなで車外でクマ見物.

写真1. 急カーブに二重駐車. お子さん抱えてみんなで車外でクマ見物.

おまけに、野生のヒグマを近所の犬か何かと勘違いしているのでしょうか?皆さん平気で車から降りてきます。そして写真撮影。先頭を切って親子グマにずんずん接近して写真を撮りまくり、一般観光客の悪い手本になっているのは、知床常連のプロカメラマン・・・ もはや目も当てられません。

皆さんにお願いです。道路脇にヒグマがいるのを見つけても、けして車から降りないで下さい。ヒグマはとても個性豊かです。人間に向かってすぐに威嚇突進してくる危険なヒグマも、最近道路沿いに出てきています。車から降りたあなたの安全は、一切保障できません。その点はサファリパークと一緒です。まして、お子さんを抱えて車から降りて、ヒグマに近づく(写真1)など論外です。やめて下さい。

車内から何枚か写真を撮ったら、すぐに車を移動させて下さい。ヒグマ見物の渋滞は交通事故の原因になります。今日は警察にも何度も出動してもらいました。しかしパトカーを見ないと移動しないようでは、本当に困ります。

写真2. 危険な二重駐車. バスの通行の邪魔に. 人だかりの30m左下には親子グマ.

写真2. 危険な二重駐車. バスの通行の邪魔に. 人だかりの30m左下には親子グマ.

続きを読む →

, , コメント (2)

ブログ

旬の自然情報BLOG