カテゴリー  森林再生

5日目(8月3日):探検の日。 ~第39回知床自然教室~

朝4時30分起床。天気は晴れ。

今日は、知床の森の奥へと探検に出かけます。

低学年と高学年のチームに分かれ、森の奥にある秘密の川を目指します。

それぞれのチームは、ホイホイとクマよけの声をいつもより出しながら、森の奥へと道を進んでいきます。

道といっても、開拓当時に使われていた昔の道や動物が通るだけの獣道。そんな道をササや草むらをかきわけ進みます。森を歩き、草原をこえ、がけをくだりよじ登りそれぞれの川を目指しました。

行きついた先には、見たこともないような高さの滝や深い森の中を流れる小さな清流にたどり着きました。

おそらく誰も来ないであろう名もない滝や清流は、この道を歩いたみんなだけしか知らない秘密の場所になりました。

夕方、歩きつかれ、声を出しつかれた子どもたちはポンホロに帰り着きました。

知床の森と水を感じた一日になりました。

 

 

 

夕食を終えた後、みんなでギターを囲み歌います。

今日がポンホロでの最後の夜です。

 

 

 

, , コメント (0)

6日目(8月4日):さよならポンホロ。 ~第39回知床自然教室~

野外生活最終日。

やっと焚き火の扱いになれたころ、やっとテントで寝ることになれたころ、やっとお風呂に入らなくても気にならなくなったころ、でも今日が最後の日です。

朝、ポンホロ最後の食事を作ります。10人分の食事を作るのもこれが最後です。

 

テントをたたみ、使った道具を確認し、かまどを元通りに直して、トイレの穴も埋めました。

最後に、ポンホロにありがとうを言いました。

漁村センターまで歩きです。車、道路、電柱、建物、どれも久し振りに目にするものばかりです。

漁村センターで鍋やテントの片付けをした後に、数日ぶりのお風呂へ行きました。普段ではあたりまえのことでも、この一週間のあいだに、あたりまえではなくなっていることがたくさんありました。

 

夜はみんなでバーベキュー、自分たちで野菜を切らず、火も起こさず、何もしなくても料理が出てきます。これも久しぶりなことでした。

 

最後のキャンプファイアー、みんな火のまわりに集まります。

, , コメント (0)

7日目(8月5日):また来年、知床で。 ~第39回知床自然教室~

自然教室も今日で終わりです。

斜里町役場での閉校式。この日も青空が広がっています。

仲間と過ごす最後の時間。笑顔あり、泣き顔あり、空港へのバスが出発する直前まで輪になって最後の歌を歌いました。

 

班の仲間、この47人で過ごす一週間は、後にも先にももうありません。知床でできた仲間ともお別れです。

子どもも大人もそれぞれの想いを胸にこの夏の知床を旅立ちます。
 

また普段の生活の中で、たまにでも暑かったこの夏を、知床を思い出してもらえればうれしい限りです。

 

第39回知床自然教室、終了です。

また来年、知床で。

 

, , コメント (0)

「第22回森づくりワークキャンプ」開催報告 

実施日:2018年5月15日(火)~19日(土)

知床の開拓跡地に原生の森と自然を取り戻すための取り組み『100平方メートル運動の森・トラスト』。この運動の参加者の皆さんと現場スタッフが、共に森づくりに汗を流す「森づくりワークキャンプ」を5月15日~19日の日程で開催しました。

今回のワークキャンプは、1997年の第1回から数え22回目。これまでは秋だけのイベントでしたが、今年から春と秋の年2回開催することになりました。初めての春開催となる今回は、6名の皆さんにご参加いただき、森づくりに打ち込む5日間を過ごしました。

続きを読む →

, コメント (0)

雪が解けてみると。

実施日:2018年5月1日(火)

100平方メートル運動地の見回りを行いました。各地の作業道の雪もほぼなくなり、いよいよ本格的な森づくりの季節が巡ってきました。

そんな中、いつもの年より多く目に付くのが、皮をはがされた小さな木々です。その歯形や状況などからネズミの類が、冬の間に雪の下でかじったものと思われます。

苗畑で育てているトドマツの苗木の一部もかじられていました。

数年前の雪解け後にも同じような状況があり、その年は例年になくネズミを見る頻度が高く、キツネが何匹もネズミをくわえている姿を見かけることもあるなど、ネズミの多い1年になりました。

今年はいったいどんな年になるのでしょうか。自然を前に人のできることはわずかかもしれません。それでも、できることのひとつが、これまでの知見や経験を振り返り活かしていくことです。

雪がなくなった森を見て、そんな事を改めて考えた一日
でした。

(担当:松林)

 

コメント (0)

ブログ