カテゴリー  普及

斜里高校で授業を行いました

エゾシカ、ホンシュウジカ、ヤクシカの頭骨。大きさや重さなど実際に触れて体験してもらいました。

エゾシカ、ホンシュウジカ、ヤクシカの頭骨。大きさや重さなど実際に触れて体験してもらいました。

日時:2015年6月24日(水)

 地元斜里町にある、北海道斜里高等学校(以下、斜里高校)は、2011年に創立70周年を迎えた伝統校です。2004年度には、道内8校目となる総合学科に学科転換し、生徒の多彩な学びに対応する教育活動を展開しており、生徒一人一人の適性や興味、今後の進路希望などによって学ぶ科目を選択することができます。

 

 

 

いろいろな植物の写真をパウチシートを使って、説明。エゾシカの好きな植物、あまり好きではない植物をOXカードで答えてもらいました。

いろいろな植物の写真をパウチシートを使って、説明。エゾシカの好きな植物、あまり好きではない植物をまるバツカードで答えてもらいました。

 私たちが斜里高校と関わらせて頂くようになって、もう10年以上にもなります。今回受け持った「知床自然概論」という科目は、地域の自然への理解と環境保全の意識を高めることなどを目的として始まりました。この授業は、様々な分野の専門家が外部講師として年間の講義を分担しています。今回、私たちは50分×2コマの授業を担当し、3年生15名の生徒が受講しました。
 前半の50分は、シカの生態と食べ物、そしてどんな1年を過ごすのか、シカと森の関係について、本物の頭骨やパウチシート、そして映像を交えて説明しました。生徒の皆さんには、まるバツカードを持ってもらい、参加型で進めていきました。

 

パウチシートを使って、増えすぎてしまったエゾシカへの対策について説明。

パウチシートを使って、増えすぎてしまったエゾシカへの対策について説明。

 後半の50分は、知床が世界遺産になるまでとなってから、開拓の歴史と100平方メートル運動の歩みやシカと森づくりの関係について、パウチシートや映像を交えて説明しました。
 知っているようで知らない、知床では身近な動物であるエゾシカ。今回の授業が、生徒の皆さんにとって興味を持ってもらえるきっかけになればうれしいです。

 「地元のこと」を「地元のいろいろな人」が「地元の子どもたち」に伝えるこの授業、ずっと続いてほしいと思いました。

(担当:喜内)

, コメント (0)

「しれとこシカ絵巻@旭山動物園」をリニューアルしました!

DSCN9030旭川市旭山動物園内に展示していました「しれとこシカ絵巻」をこのたびリニューアルしました。

初めて旭山動物園でシカ絵巻を作成したのは、エゾシカの森が完成した2009年。
あれから7年たち、雨風にさらされ、カラスにもつつかれ、ついに第1弾を園内から外して第2弾をつくることにしました。

7年経ち、知床のシカ事情も変わったことから絵巻の内容も一新!
前回に引き続き、斜里在住の絵本作家である「あかしのぶこ」さんの全面協力のもと、真っ白なパネルに一から筆をいれました。
エゾシカと身近に暮らしている私たちとエゾシカの、ちょっと笑える日常ネタに加え、増えすぎたシカとどう付き合っているのか、昨今話題のシカ肉がどう流通しているのかを分かりやすいイラストでご紹介した、見ごたえある絵巻に仕上がりました。
まだ見たことがない方も、すでに第1弾の絵巻を見ている方も、ぜひ旭山動物園におでかけになり、このNEWシカ絵巻を見に行ってください!

作りはじめはこんな感じ

作りはじめはこんな感じ

動物園のスタッフの皆さんも手伝ってくださいました。

動物園のスタッフの皆さんも手伝ってくださいました。

坂東園長も描いてくださいました!

坂東園長も描いてくださいました!

(担当:田中)

 

コメント (0)

ウトロ小中学校でクマ授業を行いました。

kuma

ヒグマクイズ

5月11日(月)、ウトロ小中学校で毎年恒例のクマ授業を行いました。
小学校1年生~中学校3年生を対象にヒグマとのつきあい方や生態について学んでもらう授業で、かれこれ10年以上実施させていただいています。

まずは「ヒグマってどんな動物?」「ヒグマに出会ったらどうしたらいいの?」などヒグマに関する基本的なことを、クイズ形式で学んでもらいました。
そして、ヒグマの着ぐるみアニエスを使って「もしも下校途中にヒグマにあったらどうする?」というシミュレーションも行いました。
1年生は初めて見るヒグマ(着ぐるみ)にドキドキした様子でしたが、高学生となるとその反応も慣れたものです。

タヌキのフンに興味深々な子どもたち

タヌキのフンに興味深々な子どもたち

恒例のクマ授業のあとには、ヒグマ以外の知床の自然や生き物について学習する時間を毎年設けています。今回のお題は「動物のウンチ」。普段野外で見るウンチがどの動物のものなのか、どんな情報がつまっているのか、など本物のタヌキやクマのフンのサンプルを間近で見て学んでもらいました。
※サンプルのフンは滅菌加工しています。

多くの野生動物が間近で暮らしている知床。そんな環境の中で育っている子供たちにとって、今回の授業がヒグマはもちろんのこと、野生動物の生態や暮らしぶりにも興味を持つきっかけになればと思います。

(担当:田中)

コメント (0)

新宿御苑にいってきました!

4月29日、新宿御苑で開催された「みどりフェスタ」はおかげ様で盛況に終わりました。

今年は「世界自然遺産・知床10周年」という記念すべき年で、この10周年をテーマとして、環境省のレンジャーや町の職員、町の関係団体、そして知床財団職員が一体となって知床をあますところなくPRしました。

当日は一日中いいお天気で、終始来場者のにぎわいが絶えないイベントとなりました。

昨年同様、ブースではヒグマ学習教材トランクキットをひろげて、来場者の皆様に本物のヒグマの毛皮や頭骨に触れていただいたり、環境省レンジャーによるヒグマに関するレクチャーを聞いてもらったりしました。また、布に実物大で描いたシャチの絵も会場に飾り、その大きさを新宿でお披露目しました。

ブース前でヒグマに関するレクチャーをする環境省のレンジャー

ヒグマについてレクチャーをする環境省のレンジャー

体長7メートルのシャチの実物大の絵

体長7メートルにもなるシャチの実物大の絵

 

販売物も売れ行き好調でした。

斜里町オリジナルブランドの「人参ジュース」や「エゾシカジャーキー」も人気だったほか、100枚以上持って行った羅臼昆布はなんと午前中で完売。
また、知床財団の寄付付きセット「鮭節昆布ドレッシング&昆布スープセット」など知床財団オリジナルグッズも好評でした。

知床ならではの食品やグッズを販売

知床ならではの食品やグッズを販売

 

 

 

 

 

 

 

 

ブースに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後もイベントに出展する際はこのHPで告知していきますので、ぜひまた遊びに来てください!

(担当:山本)

コメント (0)

羅臼の小学校でクマ学習を実施しました。

2月17日に羅臼の春松小学校5年生を対象にクマ授業を行いました。
春松小学校の5年生にとっては初めてのクマ授業でしたが、みんな一時間半の授業の間、集中が切れることなく授業に臨んでくれました。

知床は、住んでいる場所に山と海が隣接していて、ヒグマに会う確率がとても高い場所です。
実際に子ども達に聞いてみると、クラスの半数以上が「ヒグマを見たことがあるよ!」と
話してくれました。

授業では、そんな知床という場所でヒグマに出会った時に子ども達が自分の身を守れるよう、
対策として「ヒグマはどんな生き物か」、「ヒグマに会わないためにどうするか」、「ヒグマに会ったら何をしたらいいか」を学んでもらいました。

私はヒグマの着ぐるみアニエスを着て、子ども達がヒグマ対処法を実演で学ぶために、クマ役を演じました。

今回授業を受けた小学5年生の子ども達は、この後羅臼で中学1年・3年、高校3年とクマ授業を受けていきます。何度も授業を受けて覚えて、自分の家族やお友達、そして観光客にもヒグマのこと、そしてヒグマ対策法について教えられるようになって欲しいと思います。

ヒグマの生態について授業を受けている様子

ヒグマの生態について授業を受けている様子

ヒグマに出会った時の対処法を学ぶ様子

ヒグマに出会った時の対処法を学ぶ様子

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターン加藤)

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG