カテゴリー  野生動物の調査対策

トド調査続報その1(2014年度冬季)

11月10日に当ブログで「今季のトド調査スタート」とお知らせしましたが、続報その1です。

10月末以降の調査実施日の中では、11月8日がある程度まとまった頭数の群れの「初認日」でした。
その後、知床半島東岸(羅臼町南部~標津町北部)でのトドの確認頭数は例年どおり徐々に増えており、
12月7日には6ヵ所ある調査定点のうちの1ヵ所で、46頭以上の遊泳個体を発見しました。

トドの遊び行動(背面跳び) 2014年12月7日撮影

トドの遊び行動(背面跳び) 2014年12月7日撮影



ただし今年度は20年以上ぶりに、11月の早い
時期から群れに対する強い攪乱があるため、
トドの警戒心がやや強くて遊泳個体をカウント
しにくい状況です。
そのため、定点から見えていたトドの実際の
頭数は、もう少し多かった可能性があります。

 


今季はこれまでに、計3頭の標識個体の全文字判読に成功しました。
この3頭のうちの1頭(Б 745)は、2012年度と2013年度にも羅臼町沿岸の定点で観察
されています。
つまり、3冬連続で知床半島東岸(根室海峡北部)へやって来たことが確認されました。

ロシアによるトドの標識個体の例: Б745 (2014年11月30日撮影)

ロシアによるトドの標識個体の例: Б745 (2014年11月30日撮影)Panasonic HC-V520M

 

 

 


続きを読む →

コメント (0)

ロシア極東でカワウソの生息環境調査に参加してきました

2014年9月13日から同23日までの11日間、ロシア極東の沿海地方とハバロフスク地方で実施された、ユーラシアカワウソ(ニホンカワウソと同一種)の生息環境調査などに調査助手として参加してきました。

海岸の砂浜にあったカワウソの足跡と尾を引きずった跡

海岸の砂浜にあったカワウソの足跡と尾を引きずった跡


私自身はカワウソなどイタチ類の専門家ではないため、海岸や、森の中を流れる河川でカワウソ調査の手伝いをしつつも、岩礁に多数上陸しているゴマフアザラシや、広大な森の中のシカ類やクマ類の低密度ぶり、林床に広葉樹の稚樹や幼木が豊富にあることなど、カワウソ以外の自然の方にも、ついつい目うつりしてしまっていました。

私がよそ見して観察していたロシア極東の自然については、先ずは近隣の方に向けて、ウトロの自然教育研修所で来週11月19日(水)の夜に開催される「知床ゼミ」で、詳しく紹介したいと考えています。

シホテ-アリンスキー国立生物圏保護区(世界自然遺産)の海岸と汽水湖

シホテ-アリンスキー国立生物圏保護区(世界自然遺産)の海岸と汽水湖

 

 

ところで、なぜ知床財団の職員がカワウソ調査に参加したのか?
理由は下記のとおりです。

 

 

 

 

 

続きを読む →

コメント (0)

今季のトド調査スタート

知床財団では、知床半島東岸の羅臼町南部と標津町北部において、冬期にトドの定点調査を実施しています。
今年もトドの越冬群の本隊が、ロシア海域から知床へやってくる時期が近づいたため、10月下旬から調査を開始していました。11月8日には、メス成獣主体の計9頭を確認しています。

sstc141108_C_SSL2

トドの定点調査は今季で9シーズン目。この調査データの一部は、知床世界遺産地域周辺にやってくるトドの現況を把握するための数少ない資料として、世界遺産の管理に関係する会議などで活用されています。

体が大きく大食漢のトドは、その海域に少数が滞在しただけでも多大な漁業被害を発生させるため、その増減傾向の把握が特に重要な種です。
知床のトドの、本調査による各冬の最大確認頭数は、2006~2010年度には急速に増加していましたが(60-179頭)、夏季の死体漂着が目立つようになった後の2011~2013年度は横ばい、または微減傾向となっており(110-131頭)、この冬の動向が注目されます。

 

続きを読む →

コメント (0)

ヒグマのGPS首輪を回収しました!~その2~

前回の活動ブログでは、冬眠穴の首輪を回収するまでの道のりを紹介しました。
(前回の記事はこちら ヒグマのGPS首輪を回収しました! )
今回はその続き、首輪のデータから判明したことをご紹介したいと思います。

13B-03F1Y1_DenpunTrap_130623 (79)P1090944

左は装着時(2013年6月)、右は回収時(2014年7月)の首輪です。
7か月間にわたりクマの行動を記録した首輪は泥まみれ&傷だらけです。
今回はベルトの木綿部分が切れてクマの首から脱落しました。
知床財団では、首輪が一定期間後にヒグマの首から脱落するよう、ベルトの一部を木綿布(柔道着の帯のようなもの)に交換しています。かなりアバウトな方法ですが、ヒグマの場合は木綿布1枚で約1年、2枚で約1~2年後に脱落します。

 P1090949P1090951

水洗いして汚れを落とした後、PCと接続するため首輪を分解します。
その後、PCと首輪を専用ケーブルで接続し、データをPCにダウンロードします。
今回、首輪には1万ポイントを超える位置情報が蓄積されていました。

 

今回、 得られたデータから次のことがわかりました。
・このクマ(個体ID : 13B03)の行動圏は約30平方キロ(標準的なメス成獣の行動範囲とほぼ同じ)、海岸近くの低標高帯から知床連山の稜線まで、季節に応じて標高を変えながらダイナミックに生活していること。
・13B03が越冬地に移動したのは11月14日、冬眠を開始したのは11月21日であること。
・11月21日から12月11日にかけて、冬眠穴をすくなくとも10回は出入りしていること(越冬穴から出ていたのは最大でも4時間)。越冬穴の出入りは12月11日が最後でした。
・クマから首輪が脱落したのは1月7日から14日であること。

ヒグマ(個体ID:13B03)の行動圏を示した図です。1点1点がヒグマのいた場所を示しています。 おおよそ岩尾別川からイダシュベツ川までを行動範囲にしていることがわかります。

ヒグマ(個体ID:13B03)の行動圏を示した図です。1点1点がヒグマのいた場所を示しています。
おおよそ岩尾別川からイダシュベツ川までを行動範囲にしていることがわかります。

 

 11月下旬は冬眠開始の時期としてはやや早めです。単独のヒグマの標準的な冬眠開始の時期は12月頃です。近年は、雪が積もるなか年末ぎりぎりまで野外で行動しているヒグマもいます。

首輪をつけていたこのメスのヒグマ、越冬穴に入ったもののなかなか寝付けずに穴から出たり入ったりを繰り返していたのでしょうか?思ったよりも早く冬眠穴の準備が完了してしまい、時間調整をしていたのでしょうか??実際の理由はクマに聞いてみないとわかりません。

ヒグマの行動を調べると毎回新しい発見や驚きがあります。
今回の調査では、冬眠穴に入る直前のヒグマの行動の一端をうかがい知ることができました。

今回のような調査活動を通じ、今後もヒグマの行動をひとつひとつ明らかにしていきたいと思います。

(担当:かさい)

コメント (0)

ヒグマのGPS首輪を回収しました!

知床財団ではヒグマの行動を調査するため、GPS首輪(衛星で場所を計測して記録する装置)をつけています。この装置によってヒグマがどのエリアをどの時期に利用しているかなど、詳しい行動を知ることができます。

首輪探し01

道なき道を進む回収班です

しかしGPS首輪は時々、首からすっぽ抜けたりベルトが千切れたりしてヒグマから外れてしまうことがあり、その際は落ちた場所に行って回収しなければなりません。運が良ければ道路に近い場所で回収できますが、アプローチが難しい高山帯に落ちてしまう場合もあります。そんな時は登山装備で回収に行く必要があります。

 

 

 

 

続きを読む →

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG