カテゴリー  野生動物の調査対策

ヒグマのGPS首輪を回収しました!~その2~

前回の活動ブログでは、冬眠穴の首輪を回収するまでの道のりを紹介しました。
(前回の記事はこちら ヒグマのGPS首輪を回収しました! )
今回はその続き、首輪のデータから判明したことをご紹介したいと思います。

13B-03F1Y1_DenpunTrap_130623 (79)P1090944

左は装着時(2013年6月)、右は回収時(2014年7月)の首輪です。
7か月間にわたりクマの行動を記録した首輪は泥まみれ&傷だらけです。
今回はベルトの木綿部分が切れてクマの首から脱落しました。
知床財団では、首輪が一定期間後にヒグマの首から脱落するよう、ベルトの一部を木綿布(柔道着の帯のようなもの)に交換しています。かなりアバウトな方法ですが、ヒグマの場合は木綿布1枚で約1年、2枚で約1~2年後に脱落します。

 P1090949P1090951

水洗いして汚れを落とした後、PCと接続するため首輪を分解します。
その後、PCと首輪を専用ケーブルで接続し、データをPCにダウンロードします。
今回、首輪には1万ポイントを超える位置情報が蓄積されていました。

 

今回、 得られたデータから次のことがわかりました。
・このクマ(個体ID : 13B03)の行動圏は約30平方キロ(標準的なメス成獣の行動範囲とほぼ同じ)、海岸近くの低標高帯から知床連山の稜線まで、季節に応じて標高を変えながらダイナミックに生活していること。
・13B03が越冬地に移動したのは11月14日、冬眠を開始したのは11月21日であること。
・11月21日から12月11日にかけて、冬眠穴をすくなくとも10回は出入りしていること(越冬穴から出ていたのは最大でも4時間)。越冬穴の出入りは12月11日が最後でした。
・クマから首輪が脱落したのは1月7日から14日であること。

ヒグマ(個体ID:13B03)の行動圏を示した図です。1点1点がヒグマのいた場所を示しています。 おおよそ岩尾別川からイダシュベツ川までを行動範囲にしていることがわかります。

ヒグマ(個体ID:13B03)の行動圏を示した図です。1点1点がヒグマのいた場所を示しています。
おおよそ岩尾別川からイダシュベツ川までを行動範囲にしていることがわかります。

 

 11月下旬は冬眠開始の時期としてはやや早めです。単独のヒグマの標準的な冬眠開始の時期は12月頃です。近年は、雪が積もるなか年末ぎりぎりまで野外で行動しているヒグマもいます。

首輪をつけていたこのメスのヒグマ、越冬穴に入ったもののなかなか寝付けずに穴から出たり入ったりを繰り返していたのでしょうか?思ったよりも早く冬眠穴の準備が完了してしまい、時間調整をしていたのでしょうか??実際の理由はクマに聞いてみないとわかりません。

ヒグマの行動を調べると毎回新しい発見や驚きがあります。
今回の調査では、冬眠穴に入る直前のヒグマの行動の一端をうかがい知ることができました。

今回のような調査活動を通じ、今後もヒグマの行動をひとつひとつ明らかにしていきたいと思います。

(担当:かさい)

コメント (0)

ヒグマのGPS首輪を回収しました!

知床財団ではヒグマの行動を調査するため、GPS首輪(衛星で場所を計測して記録する装置)をつけています。この装置によってヒグマがどのエリアをどの時期に利用しているかなど、詳しい行動を知ることができます。

首輪探し01

道なき道を進む回収班です

しかしGPS首輪は時々、首からすっぽ抜けたりベルトが千切れたりしてヒグマから外れてしまうことがあり、その際は落ちた場所に行って回収しなければなりません。運が良ければ道路に近い場所で回収できますが、アプローチが難しい高山帯に落ちてしまう場合もあります。そんな時は登山装備で回収に行く必要があります。

 

 

 

 

続きを読む →

コメント (0)

インターン活動中!自動撮影装置回収&電気柵チェック

 DSC01566-s11月上旬から勤務していますインターンの佐藤です。

 先日、ルサ川の自動撮影装置回収とルサ相泊地区の電気柵のチェックに行ってきました。

 ルサ川下流の右岸は、元々沼地だった場所が埋め立てられ、現在何もない空き地となっているため、将来何らかの整備がなされることが予想されています。知床財団では、来たるべき時に備え、2011年からルサ川下流域に自動撮影装置を設置しています。ルサ川やその流域は、様々な野生動物が利用している場所であり、今後ルサ地区の整備をしていくためには、野生動物たちの生息状況を知ることはとても重要なことだからです。

 今回、実際にルサ川に行きましたが、少しの時間でカワガラスやカケス、またクマの食事をした跡などを見つけました。短時間でこれだけ見られる!ということは、多くの野生動物がいるということだと思います。これから冬本番、雪が降り始め、吹きだまって自動撮影装置が壊れてしまう前に回収しました。

 続きを読む →
, コメント (0)

ヒグマの年齢を調べています

ミクロトームで歯をスライスする

ミクロトームで歯をスライスする

今年の8月からヒグマの年齢を調べる作業をすこしずつ進めています。

人間と異なり、野生動物に出生日を記した戸籍はありません。また、栄養状態などの影響を受けるため、体の大きさから正確な年齢を判別することもできません。年齢を調べる方法は動物の種類によって異なりますが、ヒグマの場合は歯の根元(“歯根部”と言います)のセメント質に形成されるいわゆる“年輪”を数えることが、有効な年齢査定方法とされています。  

薄くスライスされたヒグマの歯

薄くスライスされたヒグマの歯

年輪を数えるためにはいくつかの作業が必要です。最初に必要な作業は、薬品を使って歯を柔らかくする脱灰(“だっかい”と読みます)です。次にミクロトームという精密な機械を使い、厚さ0.04㎜(おおよそコピー用紙の半分の薄さです!)に歯をスライスします。最後に、顕微鏡で観察しやすいように、スライドガラスに貼り付けた歯を染色し、サンプルに色の濃淡をつけます。このように作ったサンプルを顕微鏡で観察して年輪を数えます。 

 

顕微鏡でのぞいた時の様子(4本のラインが読めたため4才と判定)

顕微鏡でのぞいた時の様子(4本のラインが読めたため4才と判定)

今回の作業では、約60頭分のヒグマの歯を処理してサンプルを作成しました。顕微鏡による観察はこれからです。

 

調査結果は知床におけるヒグマの管理・対策に活用されます。これまでに知床で確認されているヒグマの最高齢は34歳、今回の調査でどのような新しい発見があるのか、今から結果が楽しみです。

 

土屋

コメント (0)

インターン活動中!ヒグマを眠らせるためのダートづくり

 8月中旬から勤務しています、インターンの中島です。
 今日は野生動物の調査に関わる業務の中から、“ヒグマを眠らせるための注射器(ダート)づくり”についてご紹介したいと思います。

  知床財団では、オリで生け捕りしたヒグマに首輪や耳タグを装着してヒグマの行動を追跡する調査を行っています。首輪や耳タグを装着するためには、オリで生け捕りにしたヒグマを麻酔で眠らせる必要があります。さまざまな方法がありますが、知床ではヒグマに麻酔をかける際に吹き矢を使用します。
 吹き筒という細長い筒に薬剤を入れたダートを込めて、筒の片側から息を吹き入れて、その空気圧を使ってヒグマにむけてダートを勢いよく飛ばします。ヒグマにダートが命中すると、ダート内の薬剤がヒグマの体内に注入される仕組みです。

完成したオリジナルダート(注射器)

完成したオリジナルダート(注射器)

 市販のダートもありますが、知床では安価で使い勝手の良い手作りのオリジナルダートを使用しています。ダートを作成するのに特別な道具は必要ありません。材料は注射筒と注射針、虫ピン、毛糸です(有名な某獣医漫画にも作り方が紹介されていますよね)。
 檻越しに安全に麻酔作業をおこなうためには、ダートの出来がとても重要です。ダートから薬剤が漏れてしまったり、吹き筒にダートが引っ掛かって軌道が変わってしまったり…、そうしたトラブルを防止するため、ダートをひとつひとつ丁寧に作成します。

  

続きを読む →

コメント (0)

ブログ

旬の自然情報BLOG