カテゴリー  会報誌SEEDS

SEEDS編集部が選ぶ、この記事面白かった!③

当財団の活動を支援してくださっている賛助会員の皆様向けに年4回発行しているSEEDS(シーズ)のバックナンバーの中から、SEEDS編集部が面白かった!と思う記事を編集部が独断で選び、ご紹介します。

2009年春号No.202「スタッフの本棚 第1回」

スタッフお気に入りの1冊を紹介するこのコーナーは、本とともにスタッフの素顔を知っていただけるコーナーとしてSEEDSがオールカラー化して11年、途中休みを挟みながらも好評の声をいただき通算27回続いてきました。今回は「スタッフの本棚」の第1回目をご紹介します。


■アラン・ラビノウィッツ著
JAGUAR(ジャガー)

 ラビノウィッツは、私のヒーローである。いや、「であった」いう方が正しい。彼が死んだから過去形というわけではない。私が変わったからである。

 彼はアメリカクロクマの研究で博士号を取り、動物学者としてのキャリアを始めた。あのジョージ・シャラー(知らない人は調べてください)と出会い、中南米のベリーズでジャガーの調査を進めることになる。数々の困難を経て、彼の仕事は野生動物保護区の創立という実を結ぶ。 

 よくある冒険家の成功譚と思うかもしれない。確かにこの手の本は多い。しかし、この本はその質の高さで凡百の冒険ノンフィクションとは一線を画する。 もっとも、この本を手にした当時、青年海外協力隊で不完全燃焼した後に渡米し、野生動物管理学の修士課程にいた私は、熱帯で4年間過ごした過去の自分と、動物学者である未来の自分を作者にダブらせ、憧れと羨望を感じながら読んだ。そんな私は、この本を客観的に批評する立場にないだろう。この先も主観的に続けさせてもらう。

 私はこの本に惚れ込んだのが高じてこの本の翻訳を試み、2~3の出版社に売り込んだことがある。話に乗ってくれる編集者もいたが、もう一歩で実現には至らなかった。

 今思えば、この本を日本で売るにしろ、素人の私を翻訳者として抜擢することはまずあり得なかったろうが、気の早い私は、「訳者あとがき」の内容まで考える脳天気ぶりだった。私はこの本を、日本の動物学者とその卵たちへ読ませて、「どんどん世界へ飛び出せ!」とけしかけたかった。そして、その頃の私は、熱帯生態系の保全のため、東南アジアに骨を埋めることを夢見ていた。

 ラビノウィッツは、このあとその東南アジアに活躍の場を移し、希少哺乳類の保全と研究の第1人者として成長し、円熟していく。彼はその過程を4冊(Jaguarを含む)の本にしている。2冊目までは前と同じように、血が騒ぐ思いで読んだ。3冊目になって、もはや彼の生き方に、自分の生き方を重ねられなくなっている自分に気がついた。単純に研究者としてケタ違い、比較にならんだろ、というツッコミが聞こえる。しかし、自分の人生の目的、夢が、以前とは質的に変わってきたためだろうとも思う。また、これが年をとるということか、とも思う。10年以上、彼の後ろを歩いているつもりでいたが、彼と私の進む道はいつの間にかずいぶんと離れてしまったようだ。

 それでも彼が私のヒーローであったことに変わりはないし、この本は今でも大事な1冊である。


SEEDSを今後も読みたい!と思ってくださる方はコチラ

コメント (0)

SEEDS編集部が選ぶ、この記事面白かった!②

当財団の活動を支援してくださっている賛助会員の皆様向けに年4回発行しているSEEDS(シーズ)のバックナンバーの中から、SEEDS編集部が面白かった!と思う記事を編集部が独断で選び、ご紹介します。

2012年秋号No.216「知床財団用語辞典」(2012年限定コーナー)

このコーナーでは、初めて聞いた人は誰でも「?」となってしまう、知床財団で日常的に使われている不思議な会話や言葉の数々をスタッフの実際の会話を聞きながら解説していきます。

【例文①】
ストレート廃屋ガラくわえた無標識亜成獣単独個体目視中です。」

解説: 

 無線ではできるだけ短く要件を話すべし! 現場は常に緊迫している。むやみに大事な電波を独り占めしてはならないのだ。したがって発せられる一言一句には暗号のようにみっちり情報が詰まっている。例文を普通の言葉に置きかえてみよう。   
 「五湖の近くの道路のずっとまっすぐになっていてそばに廃屋があるあたりで(=ストレート廃屋)、追跡用の耳タグとか電波発信器のついてない(=無標識)、まだ大人になりきらないくらいの若めのヒグマが(=亜成獣)、他の動物に食べられて骨ばかりになった何かの動物の死体(=ガラ)をくわえてウロウロしてます。親子連れとかじゃなく一頭(=単独個体)です。で、そのヒグマは今まだ見える距離にいます(=目視中)。」
 けずれる言葉は極限までけずる。試合前のボクサー並みのストイックさでしぼられているのが無線で使う知床財団用語だ。いざという時さらっと言えるように普段から練習しておこう。

【例文②】

ダニスプレー10本も現金で買った人、誰ですかっ?
伝票書いて領収書と一緒に今すぐ持ってきてくださいっ!」

解説: 

 知床の大自然を相手に日々奮闘するのが仕事であっても、勤め人としてはたすべき義務が免除されるわけではない。マスの漁網にヒグマがからまって暴れているという通報に対応した後だからと言って、この間まとめ買いしたボールペンの伝票をあげなくていいわけではないし、100年後の大木たちのために雑草抜きをした後だからといって、ダニスプレーを買ったときの領収書をもらってこなくていいことにはならない。

 そもそも公益財団法人である知床財団には、実は普通の会社よりもずっと細かいオキテと書類があふれている。「クマ」とか「シカ」とか言うのと同じかそれ以上の頻度でスタッフは「伝票」「請求書」「決裁」などという言葉を口走っているのだ。ちなみに「ダニスプレー」とは、畳などに噴射して使うタイプの防ダニスプレーのこと。本来の使い方ではないけれど、大量に這い上がってくるダニの魔の手から逃れるために、長靴や長靴とカッパの継ぎ目にスプレーしているスタッフは多い。

 

SEEDSを今後も読みたい!と思ってくださる方はコチラ

コメント (0)

SEEDS編集部が選ぶ、この記事面白かった!①

当財団の活動を支援してくださっている賛助会員の皆様向けに年4回発行しているSEEDS(シーズ)のバックナンバーの中から、SEEDS編集部が面白かった!と思う記事を編集部が独断で選び、ご紹介します。

2011年夏号No.211「知床・人・インタビュー」

浜の郵便屋さん
「野田 敏明さん」

夏になると、羅臼の昆布漁師は、「番屋」と呼ばれる作業小屋で寝泊まりし、朝から晩まで昆布漁の作業に取りかかります。羅臼の相泊という地区から北の知床岬方向へ向かった先、およそ2.5キロメートルの浜にも昆布番屋があります。しかし、相泊から先に道路はなく、砂利の上を歩いて進むしかありません。
そんな場所へ、毎日歩いて郵便物を届ける野田さんに、今回はお話を伺いました。

〈インタビュアー:山本幸〉




山本:夏、相泊から先の道路のない、砂利の浜を歩いて郵便配達をしている、とお聞きしました。

相泊から先の風景

野田:そうだね。日曜日以外は毎日配達しているよ。自分が休みの時は、若い職員も手伝ってくれているけどね。毎年、かぎおろし(昆布漁が始まる日のこと)から始まって9月末くらいまでは配達が続くよ。
 歩いて行く場所は全部で14軒の番屋なんだけど、毎日行くからみんな顔なじみになっちゃうんだわ。番屋ではだいたいみんな犬を飼っているんだけど、最初のうちは吠えていた犬が、何度か通ううちにすっかり慣れてしまったりもするね。配達に行ったさきで「○○さんに、伝言お願い!」なんてご近所さんに頼まれることもあるわ。

山本:全部の番屋を歩いてまわるのに、どれくらいかかるんですか?

野田:往復で1時間から1時間半くらいかな。郵便物の他に新聞も代行して配達しているんだけど、夏の間番屋で生活する人たちは、特にこの新聞を楽しみにしてるのさ。羅臼町は町内の法事とかのチラシも新聞に折り込まれるから、情報源としてはとっても大事なものなんだ。だから、なるべく早く届けたい、といつも思っているけど、道路のある町内の配達も一部まわってから行くから、どうしても午後になっちゃうんだよねぇ。郵便物がなくても、新聞は毎日あるから、そんなときは「新聞で~す」なんて言って配達に行くのさ。新聞屋さんじゃなくて、郵便屋さんなんだけどね。

浜辺にならぶ番屋

小包なんかももちろんあって、それも担いで持って行くよ。夏の番屋生活を気遣う知人などから果物とかが送られてくるみたいで、お届けしたら逆に「これ、少し持って行きなさい」なんておすそ分けをいただいてしまったりして、配達の帰り道なのに荷物が減らないなんてこともしばしばだわ。ありがたいよね。

山本:道路もなくて人もあまり通らない場所でしょうから、ヒグマに出会ったりしたことはありませんか?

野田:あるよ。出会った、というか山の斜面にいるのを見たくらいだけどね。番屋に着いたら「よく来たな! さっきまでそこにヒグマがいたんだよ。大丈夫だったかい?」なんて言われたこともあったな。でも、人が番屋に出入りするようになれば、クマもそんなに山からはおりてこないさ。むしろシカに驚かされることがよくあるよ。ガサガサって音がするからヒグマかと思ってびっくりして立ち止まると、ひょこっとシカが藪から出てきた、なんてことたびたびだわ。

 そうそう、夏の観光シーズンなんかは郵便配達やりながら観光ガイドもやったりすることもあるね。配達で歩いているとよく観光客の人に「知床岬まではどのくらいかかりますか?」とか「どんな道ですか?」とか聞かれるんだわ。いつだったか、一緒に岬の方まで歩いて行きたいっていう観光客がいたから、いいですよって一緒に歩いてたんだけど、途中からだんだんついてこれなくなっちゃって、最後はその人、ひきかえしちゃったよ。

 あとは、ゴミ拾いなんてのも時々やるなぁ。特に釣りの時期はけっこう人が歩いて行くのか、コンビニ袋に弁当の食べカスが入ったまま、川の近くに捨ててあったりするんだ。そういうのを見つけると、拾って帰ってくるんだわ。配達の荷物も持ちながらだけど、やっぱりそのまま、ってわけにいかないからね。

山本:郵便配達とひと言でいっても、野田さんがなさっている事はたくさんあるんですね。そんなお仕事を夏の間毎日歩いて行うなんて、大変じゃないですか?

野田:いやいや、そんなことないさ。つらいとか嫌だとか思ったことは一度もないね。車での配達だけよりも、歩いて配達するのもなかなかいいものだよ。特に天気の良い日はすごく気持ちがいいしね。いい運動にもなるし。なによりも、番屋の人たちがみんな僕の配達する郵便物や新聞を毎日心待ちにしているからね。今年でこの地区の配達を担当して4年目だけど、これからもずっとここを担当して行きたいと思っているよ。


 今回のお話から、夏の羅臼の昆布漁は漁師の方だけではなく、野田さんのような方のお仕事によっても成り立っているんだな、と感じました。
 今年の夏も羅臼の海岸沿いに、郵便物をかかえた野田さんの姿を見かけることでしょう。どうかケガなどなさらず、郵便物とともにその素敵な笑顔を届け続けてください。

 

SEEDSを今後も読みたい!と思ってくださる方はコチラ

コメント (0)

ブログ