活動報告BLOG

幌別川河口のサケマス釣り~2021年の状況~

知床国立公園の斜里町側入口に位置する幌別川は、サケやマス釣りの人気スポットです。

2020年は、人から魚を奪うことを学習したヒグマが捕殺されましたが、幌別川周辺は、2021年も依然として人為的なゴミに餌付いてしまったヒグマを含む多数のヒグマが活動しており、釣りをするにしては非常にリスクの高い場所です。【釣りをする場合は、以下のルールを必ず守ってください。

 

1.ヒグマ出現時は、全ての荷物と魚を持って避難する

2.速やかな避難のために・・・

 ・釣った魚はすぐにネット等に入れる

 ・荷物は少なくし、魚と共に常に手の届く距離で管理する

 ・釣魚は一度に運べる本数に自制する

3.釣った魚は解体せず、全て持ち帰る】

 

2021年はゴミに餌付いた特定の要注意ヒグマも昨年に引き続き幌別周辺での活動が確認されており、国立公園側(右岸側)での釣りは背後から急にヒグマが出てきて特に危険なため、2021年については、幌別の釣りを守る会と関係機関(環境省、北海道森林管理局、北海道、斜里町、知床財団)が協議した結果、幌別川河口よりも国立公園側(右岸側)の海岸での釣りを自粛という判断になりました。

知床国立公園は多くのヒグマが生息しています。その生息域でマスやサケが遡上する数少ない河川が幌別川です。我々が個体識別しているヒグマで幌別川を利用すると予想される個体は、26頭います。そんなところで釣りをしていては、ヒグマとの軋轢が発生しないはずがありません。毎年必ず複数頭のヒグマが幌別川を餌場として利用しているという事実をどうかご理解ください。

 

※【 】内の文章は2021年7月22日に追加しました。

コメント (3)

コメント 3件

  1. said: こんにちは。 on
    よく訪れる者です。いつもお世話になっています。

    知床五胡は幌別川右岸よりも更に奥の国立公園内にあり、野生動物の活動も活発です。
    ガイド随伴が必須とはいえ、そんなところで散策をしていては、ヒグマとの軋轢が発生しないはずがありません。なぜこれが問題にならないのか不思議でなりません。
    ツアーによる観光収入、集客による地域振興に係る効果が釣りとは比較にならないからでしょうか?

    知床横断道路において、観光客レンタカーからの餌やりの様子を財団が写した動画は有名ですよね。
    これも国立公園内です。そんなところで不特定多数の車をドライブさせていては、ヒグマとの軋轢が発生しないはずがありません。なぜ公安委員会や開発建設部などと規制等について議論しないのか不思議でなりません。

    釣りもハイキングもドライブも同じレジャーの分類です。
    今回の活動報告では、釣りという特定の分野を特別視しているような文章と感じます。
    知床財団は公益財団法人ですよね?レジャーとは言え、公平的な視点で見ていただかないと困ります。
  2. said: ウトロの釣り人M・Y on
    「そんなところで釣りをしていては」という言い方はどういう事でしょうか?
    釣りをする人全員が知床財団や行政にとっての悪人罪人なのでしょうか?

    私は幌別川河口で釣りをして10年以上経ちますが、一度もヒグマとのトラブルは起こした事はありません。
    トラブルを起こす人はヒグマの事を理解していないごく一部の釣り人です。
    それを釣りをしている人全員に対して、「そんなところで」の一言を言われるのはとても腹が立ちます。

    遠音別川は?フンベ川は?糠真布川は?
    どこもヒグマの生息地で、トラブルが起こる可能性が高く、現にトラブルが起きてますよね?
    それを幌別川だけ槍玉に上げて、釣り人だけが100%悪人罪人のような言い方をされるのは心外です。

    昨年のトラブルの原因になったヒグマは、幌別川へ来る以前から問題行動がありましたよね?
    ルシャでの調査や登山者とのトラブルは、原因の一要素にはならないのですか?
    全ては幌別川で釣りをする全員が悪人罪人ですか?

    登山でもヒグマとのトラブルはありますよね。
    (縦走路と登山道で至近距離での遭遇や、ヒグマ撃退スプレーの使用等)
    しかも今年に至っては滑落事故が多発していて、釣り人以上に世間に大変な迷惑を掛けている人もいる訳ですよね。
    けれども入山自粛や入山制限は行われません。それはなぜですか?
    議論の場にいる人たちが保身(自分の趣味や楽しみ)の為に議論しないからではないですか?
    それとも議論するとアレルギー反応がすごいからですか?
    登山をしていない人にとってみれば、遭難や事故を起こす人がいるなら入山規制しても構いませんよ。
    釣りの場合は他人事なので、釣りをする人全てが悪人罪人のような言い方をして、自粛や制限をして悪人罪人にしますよね。

    ゴミの件もそうです。
    釣り人のゴミが目立つのでネタにされていますが、海岸ゴミのほとんどが漁業者が出しているゴミです。
    中身が入ったペットボトル、食用油や調味料のボトルまでありますが、それらのほとんどが漁業者が船上から捨てている物です。
    ですが、誰も声を大にして言わないですよね?
    なぜですか?地域の漁業者に言うと反発を受けるからですか?

    ヒグマとの共存は、どの分野にも言える事ですし、知床にとってはとても重要な事と理解しています。
    しかし、ヒグマとのトラブルの原因を作り出す原因が釣り人だけのような言い方は気に入りません。

    登山やヒグマの調査をしない、ヒグマとのトラブルを起こさない釣り人から言わせれば、登山での出来事や調査で至近距離でヒグマに接近する事のほうが、ヒグマに対しての人馴れや事故を起こす理由では?と思いますよ。

    「そういうところで」と言うのであれば、知床半島から行政側の人間以外を全員排除すれば良いのでないですか?
    そうすればヒグマとのトラブルは全て解消しますよね?

    地域住民はヒグマがいる事を理解して住んでおり、行動している人が多くいて私もその1人です。
    釣り人全員が悪人罪人のような言い方はとにかく気に入りません。
    しっかりとヒグマの事を理解して釣りしている人も多くいます。
    理解者だけが釣りが出来る環境作りとして、ライセンス制度の導入を強く望みます。
    釣り人全員を悪人罪人にして排除・禁止するのではなく、マナーやルールを守っている釣り人の立場も考えて、ライセンス制度の導入や法整備の議論を進めて下さい。
    • said: 道東のつり人 on
      >理解者だけが釣りが出来る環境作りとして、ライセンス制度の導入を強く望みます。

      私も同意します。

      同じ釣り人として、有料になるのは非常に残念ですが、このシーズンにおいて、一部の釣り人による、マナーが問題になっているのもは事実としてあるので、この場所に限らず、今後も貴重な環境資源を守る上では検討事項として行く必要があるのではと思います。

道東のつり人 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ