活動報告BLOG

来年に向けて

 2015年も残りわずかとなりました。1年を振り返ろうと思いましたが、齢のせいか、もう1年前の記憶も断片的というか、思い出せないので、その断片の中から、ちょっと思い返してみようと思います。
 ヒグマ対応では2012年に次ぐ、目撃・対応件数を記録、その対応に追われました。公園管理では知床岬など先端部地区の利用のルールを定めた知床半島先端部地区利用の心得の見直しが始まりました。野生動物を含む自然環境を資源と考えるなら、その保全と利用のバランスをどのように取っていくかが今大きなテーマとなっています。その上で地域に暮す皆さんや知床を訪れる皆さんに対し、今何がおきていて、何が問題となっているのか、何をしなければいけないか、実現したいのか、客観的事実や私たちの思いを伝え、実現することに試行錯誤した1年でした。深く反省しなければならないところですが、特に伝えることに関して、私たちはまだまだ工夫や努力が足りないと感じています。多くの人の共感を得られなければ、独りよがりな思いでしかないですから。

 今年は知床の世界自然遺産登録から10年の節目の年でした。2005年の登録から、その保全のための体制が整備され、その中で知床財団も現場に携わる立場として、さまざまな分野で関わってきました。この10年の間に、変わったこともあれば、変わっていないこともあります。どちらかというと、自然環境よりも、社会情勢、つまり人に関する部分のほうが変化が大きかったような気がします。

 現在、知床財団は世界自然遺産登録地を抱える羅臼・斜里の2町に展開していますが、10年前羅臼町にはまだ展開していませんでした。知床財団が文字通り、知床全体に関わるようになったのは遺産登録後のことです。知床財団という名に恥じない働きをしているかというと、まだまだ至らない点が多々あります。そういった意味では次の10年、真の意味で「知床の財団」として、地域に根差し、世界自然遺産である知床を深く知り、守り、伝えるという使命を果たすことができるか、問われることになるかと思います。その重さをしっかりと受け止め、前進していきたいと思います。

 事務局長 増田 泰

コメント (0)

エコプロダクツ2015に出展してきました。

今年も東京ビックサイトにて開催された「エコプロダクツ展」に出展してきました。
今年で17回目の開催となるこのイベント、知床財団は一昨年から参加させていただいております。
3日間のイベント来場者数は、なんと約17万人!
そんな中で、私たちのブースにもたくさんの来場者がブースに立ち寄ってくださいました。
ブースでは、ヒグマ学習教材トランクキットをお披露目しながら、今、知床で課題になっていることや
普段、知床財団が現場でどんな活動をしているのか、などをお話しさせていただきました。
ブースにご来訪いただいた方の中には「昨年も知床財団のブース、寄りました!」と声をかけてくださる方や「ボランティア参加しました」「会員です!」などいう方もいらっしゃいました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
また、当日ボランティア等でお手伝いいただいた皆様、ありがとうございました。
この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

皆様、またお会いしましょう!
(担当:山本)

トランクキットの頭骨

トランクキットの頭骨

イベント中設置したワンコイン(500円)募金コーナー

イベント中設置したワンコイン(500円)募金コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)

南国でヒグマの話をしてきました。

11月21日から24日まで沖縄の琉球大学で「第21回 野生動物と社会」学会が開催されました。
私たち知床財団は、北海道大学敷田教授と共同で観光資源化しているヒグマについてテーマセッションを行いました。

知床五湖での事例を紹介します。

知床のヒグマ事情や知床五湖での事例を紹介しました。

続きを読む →

コメント (0)

「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)冬季閉園しました

柵内、森の中の様子。すっかり冬の森です。ルートがどこか分かりずらくなりました。

柵内の森の中。すっかり冬の森です。散策ルートが分かりずらくなりました。

昨年の7月末にオープンした、100平方メートル運動地公開コース「しれとこ森づくりの道」(シカ柵コース)は、積雪によるコース不明瞭のため、本日11/29(日)をもって、今季の利用を終了いたしました。

思いがけない、11月の大雪ですっかり冬景色になり、今年は少し早めの閉園です。

 

 

続きを読む →

コメント (0)

知床まつり@千歳船橋に行ってきました。

ヒグマの本物の毛皮に恐る恐るさわる子供

ヒグマの本物の毛皮におそるおそる触る子供

11/21(土)~22(日)に東京都の千歳船橋で開催された知床まつりに出展協力してきました。

このイベントは知床にゆかりのある故森繁久彌氏の地元・千歳船橋と知床の交流の一環として行われており、今年で3年目の開催となりました。今回私たち知床財団も知床の自然のPR部隊として参加しました。

当日は子どもから大人まで、家族連れの方も多く訪れ、私たちのブースでもヒグマの本物の毛皮や頭骨をもとに知床の自然を解説しました。皆さん初めて見る本物のヒグマにおっかなビックリ触りつつも、私たちの話に興味深く耳を傾けていただけました。

あっという間の2日間でしたが、都内にお住まいの皆さんにとって、遠く離れた知床に触れて、感じていただけるいい機会になったのではないかと思います。

羅臼の海産物コーナー

羅臼の海産物コーナー

斜里の物産販売コーナー

斜里の物産販売コーナー

コメント (0)

ブログ