活動報告BLOG

ロシア極東でカワウソの生息環境調査に参加してきました

2014年9月13日から同23日までの11日間、ロシア極東の沿海地方とハバロフスク地方で実施された、ユーラシアカワウソ(ニホンカワウソと同一種)の生息環境調査などに調査助手として参加してきました。

海岸の砂浜にあったカワウソの足跡と尾を引きずった跡

海岸の砂浜にあったカワウソの足跡と尾を引きずった跡

私自身はカワウソなどイタチ類の専門家ではないため、海岸や、森の中を流れる河川でカワウソ調査の手伝いをしつつも、岩礁に多数上陸しているゴマフアザラシや、広大な森の中のシカ類やクマ類の低密度ぶり、林床に広葉樹の稚樹や幼木が豊富にあることなど、カワウソ以外の自然の方にも、ついつい目うつりしてしまっていました。

私がよそ見して観察していたロシア極東の自然については、先ずは近隣の方に向けて、ウトロの自然教育研修所で来週11月19日(水)の夜に開催される「知床ゼミ」で、詳しく紹介したいと考えています。

シホテ-アリンスキー国立生物圏保護区(世界自然遺産)の海岸と汽水湖

シホテ-アリンスキー国立生物圏保護区(世界自然遺産)の海岸と汽水湖

 

 

ところで、なぜ知床財団の職員がカワウソ調査に参加したのか?
理由は下記のとおりです。

 

 

 

 

 

続きを読む →

コメント (0)

今季のトド調査スタート

知床財団では、知床半島東岸の羅臼町南部と標津町北部において、冬期にトドの定点調査を実施しています。
今年もトドの越冬群の本隊が、ロシア海域から知床へやってくる時期が近づいたため、10月下旬から調査を開始していました。11月8日には、メス成獣主体の計9頭を確認しています。

sstc141108_C_SSL2

トドの定点調査は今季で9シーズン目。この調査データの一部は、知床世界遺産地域周辺にやってくるトドの現況を把握するための数少ない資料として、世界遺産の管理に関係する会議などで活用されています。

体が大きく大食漢のトドは、その海域に少数が滞在しただけでも多大な漁業被害を発生させるため、その増減傾向の把握が特に重要な種です。
知床のトドの、本調査による各冬の最大確認頭数は、2006~2010年度には急速に増加していましたが(60-179頭)、夏季の死体漂着が目立つようになった後の2011~2013年度は横ばい、または微減傾向となっており(110-131頭)、この冬の動向が注目されます。

 

続きを読む →

コメント (0)

標津幼稚園に出前授業行ってきました。

RIMG0696-resize 10月29日(水)、羅臼ではアラレが降るという悪天候の中、私たちは標津幼稚園でクマ学習を実施するため、お隣の標津町へと向かいました。標津幼稚園でのクマ学習は今回が初めてだったので、あいにくの天候とは裏腹に、早く標津幼稚園の子供たちに会いたいという気持ちでいっぱいでした。 標津幼稚園に着き、私たちが授業の準備をしている間、子供たちは先生と歌を歌って準備が終わるのを待っていました。ただ、何が始まるのかな?という子供たちの視線が、こちらに向けられていることはひしひしと伝わってきました。 続きを読む →

コメント (0)

ウトロ小学校1,2年生と身近な昆虫の冬眠について学びました。

虫探しに夢中の児童

虫探しに夢中の児童

 11月6日、ウトロ小学校1,2年生を対象に環境学習授業を行いました。昨年の授業も含め今後は継続性のある内容で授業を進めていくため、昨年と同じ、身近な昆虫の冬の生態について学んでもらうことを目的としました。夏にはどこでも見つかる昆虫が、冬に見られなくなる理由はなんでしょうか。子供たちには、実際に昆虫を探してみて、どんな場所からどんな虫が出てくるのかを体験してもらいました。
 まず、昆虫は冬眠するために落ち葉や地面の下、木の中などに隠れることを説明しました。そのうえで昆虫が冬にどのような所に隠れているのか考えてもらい、思い思いの場所を実際に野外で探してもらいました。
 子供たちは皆すぐにあちこちでいろんな種類の虫を見つけました。みんなが見つけた虫は、ミカドフキバッタ、ハネナガフキバッタ、ヒナバッタなど、昨年は見られなかったバッタ類が見つかりました。この日は天気が良く、とても暖かかったためか、冬眠している虫というよりはバッタやトンボなどの秋の虫が多く見つかりました。
 越冬中の虫はあまり見つけられませんでしたが、木の中にはゴミムシやシデムシ、土の中にはハサミムシが潜んでおり、虫たちはちゃんと場所を選んで冬眠していることがわかりました。
 来年も虫の種類ごとに同じような傾向がみられるのか、気になります。

(担当:新庄)

コメント (0)

ブログ