活動報告BLOG

エコツーリズムシンポジウム

P13007011.JPG実施日:2007年1月29日(月)~30日(火)
 環境省主催の平成18年度エコツーリズムシンポジウムが東京、代々木オリンピック公園を会場に開催されました。全国13地区のエコツーリズム推進モデル地区の担当者が一同に介し、それぞれの地区の取組状況について情報交換を行ったほか、エコツーリズムに関する学識経験者、実践者などによる分科会が行われました。


 知床地区からは知床斜里町観光協会から上野会長、知床羅臼町観光協会から辻中会長と当財団から田中・坂部の4名が出席し、知床エコツーリズム推進事業における取組と3ヵ年の成果、課題、今後の展望について発表を行いました。
 3ヵ年のモデル事業最終年度ということで、各地区とも今後も地元でエコツーリズムの推進を担う組織体制作りに精力的に取り組んでいるようです。モデル地区以外にも日本各地からガイド事業者や研究者、学生など総勢約200名が参集し、全国的なエコツーリズムへの関心の高さが伺えました。(担当:田中)

コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ