活動報告BLOG

電気柵の撤収作業

知床は雪が舞う季節になりました。

つい先日まで活発に活動していたヒグマたちも、そろそろ冬眠に入ったのかもしれません。

ヒグマの出没騒動もだいぶ落ち着いてきました。

 

毎年、雪が積もり始めると、電気柵の撤収作業が待っています。

電気柵が完全に雪に埋もれてしまうと、電気柵のラインが断線してしまうため、

区間によってはラインを落としたり、ポールや杭の回収を行います。

DSCF5288-1

 

 

 

 

 

 

 

この電気柵は、ヒグマの市街地侵入を防止する目的で設置しており、

ウトロの町をぐるりと一周囲う形になっています(総延長は約7.5km)

(電気柵にヒグマが触れると電気ショックが起こる仕組みです。

 接触すると強いショックを受けますが、流れる電気は基準に沿った安全なものです)

 

電気柵は、ヒグマの市街地侵入を100%防いでくれる訳ではありませんが、

ウトロの町を守ってくれる心強い道具です。

今年一年、お疲れ様でした。

 

コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG