活動報告BLOG

幌別川河口で釣りをする方へ

幌別川河口で釣りを安全に楽しんでもらうために「魚内臓回収ステーション」と「事故防止のルール看板」を設置しました。設置作業は、行政関係者や有志の釣り人の方々に手伝ってもらいました。この場所で釣りを楽しむ際には、以下のルールを守ってください。

①さばいた魚の内臓は投棄せず、町指定の生ゴミ袋に入れて「魚内臓回収ステーション」に入れてください。身は持ち帰ってください。

②荷物と釣った魚は肌身離さずに持ち歩いてください。ヒグマ出現時には、すぐに全てを持って避難してください。

2016年に下記のトラブルが連続して発生したため、上記のようなルールができました。

・釣った魚をヒグマに奪われる
・荷物がヒグマに荒らされる
・投棄した魚の内臓や釣り餌をヒグマに食べられる

 

幌別川河口で楽しく釣りを続けられるかどうかは、皆様のマナーにかかっています。
ご協力よろしくお願いいたします。

(担当:土屋)

現地に設置された、事故防止のルールの看板の内容

現地に設置された、事故防止ルール看板の内容

設置作業風景

設置作業風景

設置完了

設置完了

幌別川河口風景

幌別川河口風景

, コメント (1)

コメント 1件

  1. said: 知床財団 on
    回収スタッフからのコメントです。
    最近、生ごみ袋への一般ごみ(餌の袋など)の混入が目立ちます。分別するのにひと手間かかってしまいます。
    回収するのは魚の内臓や頭のみです。ルールを理解して正しく使用しましょう。
    ご協力お願いします。
    あと、釣った魚はおいしく食べて最大限利用することを望みます。卵も白子もちゃんと料理すればおいしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ

旬の自然情報BLOG