活動報告BLOG

春の100平方メートル運動地

知床にもようやく春が訪れ、日に日に緑の濃さが目に見えて増していくような毎日です。

ただ、今年は、新型ウイルス感染拡大に伴い、森づくりワークキャンプやボランティアなど100平方メートル運動のイベントも開催できない状況となっており、昨日は、夏の知床自然教室も中止とする判断をさせていただきました。

そんな中でも季節は進んでいきます。

いつもお手伝いをしていただくボランティアの皆さんの
お力添えや何十年かぶりに自然教室の子どもたちの声の
ない夏がくることになってしまいましたが、これからも
たくさんの皆さんからのご支援をいただける場所であり
続けられるよう、今年も日々務めていきたと思います。

(担当:松林)

, , コメント (1)

コメント 1件

  1. said: 藤江一成 on
    「今年は中止になるかもしれないね」と話しはしていましたが、通知をいただき目を通して、子どもはやはり残念な様子でした。2年前、初めて参加させていただいた年は「親元を離れて1週間も過ごせるか」と心配しておりましたが、それが全くの杞憂であったことは、迎えに行った空港から戻る道中、素晴らしい日々だったことが伺える話を尽きず聴くなかで、はっきりいたしました。昨年も参加させていただき、参加するたびに成長した姿で戻ってくるのを、親としても大変ありがたく、貴重なものと思っておりました。運営に携わる方々の並々ならぬお心遣いと努力の賜物であると、深く感謝いたしております。今夏の中止は致し方ないものと思います。このコロナ渦が終息し、知床での夏が再開される日を親子ともども心待ちにしております。時節柄、皆様、どうぞご自愛くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ