活動報告BLOG

今年は「クマ端会議」を斜里でも実施しました。

実施日:2018年2月9日(金)@ウトロ、2018年2月10日(土)@斜里市街地

kuma0地元住民の皆さんと昨年のヒグマシーズンを振り返り、ヒグマについてざっくばらんに語り合う「クマ端(ばた)会議」を今年も実施しました。
これまで知床国立公園に隣接しているウトロでのみ実施していましたが、5年目となる今回は斜里市街地でも初めて開催しました。

ウトロの回ではヒグマの出没状況説明やヒグマフリートークに加え、ヒグマ撃退スプレーの噴射を体験していただきました。(注:試射用スプレーのため、刺激物質のカプサイシン等は一切入っておりません。)
さらに初開催となる斜里の回ではヒグマの生態話も交え、またヒグマ学習教材のトランクキットも持ち込み、実際にヒグマの毛皮や頭骨などに触れていただきました。

斜里市街地は知床国立公園から約40km離れており、ウトロに比べるとヒグマを身近に感じる機会が少ないかもしれません。しかしヒグマにとってはたいした距離ではなく、少し歩けばウトロの街も斜里の市街地もすぐそこの場所にあります。
これからもここ知床でヒグマと人がともに暮らしていくために、私たち人間側が持つべき認識、できることを住民の皆さまと共有していく場として「クマ端会議」を続けていきたいと思います。

斜里開催の様子

斜里開催の様子

ヒグマ学習教材トランクキットを説明するスタッフ

ヒグマ学習教材トランクキットを説明するスタッフ


(担当:田中)

コメント (3)

コメント 3件

  1. said: 達 翔 on
    知床の兄弟ぐまを殺さざるを得なかった映像を拝見しました。
    本当に慣れさせてしまった人間たちのせいだと強く思いました。
    しかし、麻酔銃で捕獲して、クマ牧場などに収容するなどの方途は取れなかったんでしょうか?
    あと、近づく人間への教育もなにがしか必要だとも感じました。
    財団帰れのシュプレヒコールが起こる前にそうした無認識な輩へのもっと強い対策が必要ではないでしょうか?
    • said: 知床財団 on
      私達人間が安全に豊かに暮らしたいと思う背景には、野生動物の犠牲があることを忘れてはいけないと思います。クマが死んでいるのは知床だけではなく、全国で数千頭のヒグマやツキノワグマが捕殺されている現実があります。またクマが人身事故や農業被害の原因になっているのもまた現実です。
      それらのクマの命をすべて救うことは、残念ながら不可能だと思います。
      「必要な犠牲だから仕方ない」と言ってしまえばそこで終了ですが、少しの工夫でお互いの犠牲を減らせるのならば、それは試す価値があると思います。
      知床半島ヒグマ管理計画では今後、人間側の行動のコントロールが課題として検討されていきます。
      今回の知床の事例は、全国で起こっていることのほんの一部にすぎません。ですがその情報を発信することで、それを見た人が、知った人が「現実を変えたい」と少しでも思ってくれれば幸いだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ