活動報告BLOG

森づくり作業の紹介

bannninn.jpg森の番人:橋本 勝(はしもと まさる) 100平方メートル運動の森づくりの現場を監督し、技術の指導を行うのが「森の番人」です。苗や木々の手入れ、防鹿柵の設置など、幅広い作業をこなします。 橋本さんは、地元斜里町出身。造園業を営むかたわら、本格的な森づくりが始まった1997年から「森の番人」として知床の森づくりに携わっています。植物のみならず昆虫や動物の生態など自然にかかわる知識は豊富。知床財団 嘱託職員。
森づくり作業の紹介 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

ブログ

旬の自然情報BLOG