事務局長のつぶやき

今年のクマ事情(2013年8月末現在)その①

2013羅臼町対応件数

20138月末斜里町対応件数

 

 

 

 

 

 

 

 4~8月末時点での斜里町内でのヒグマ目撃件数は434件(昨年同期1314件)、対応出動件数は200件(同691件)、羅臼町内での目撃件数は59件(同306件)、対応出動件数は60件(同258件)でした(但し、出没時対応のみで、予防対応は除外。グラフをクリックすると拡大します)。

 グラフを見ると一目瞭然ですが、両町ともに過去にない大量出没のあった昨年はもとより、一昨年と比較しても少ないことがわかります。例年だと6~7月にかけての初夏に出没が多くなりますが、特に斜里町では今年ピークらしきものは見当たりません。また羅臼町では5、6月の出没が極端に少なかったことがわかります。昨年は例年だと落ち着きをみせる8月に入っても出没が一向に収まらず、むしろ月別では最多となり、半島部では痩せ細ったり、餓死したクマが見つかるといった異常事態が起こりました。これはカラフトマスの遡上が1か月近く遅れ、8月は全く遡上が見られなかったことと、ハイマツなど高山帯の実りが悪かったことなど複数の原因が重なった結果ではないかと推測されました。

 

hyouko それでは今年の状況はどうだったのでしょうか?
 まず昨年のように顕著に痩せ細ったり、餓死したクマは今年見つかっていません。
 カラフトマスについては、遡上量こそ多くないものの、遡上開始の時期は例年並みでした。それと昨年と大きく違う点として、海岸沿いでもハイマツ種子を食べたと思われる糞が多く見られました。マスの遡上量が少ないこともあり、この夏はハイマツを主体に食べていたのかもしれません。昨年はハイマツ入りの糞は全く見つかりませんでした。右上のグラフは調査のためGPS発信機を装着したクマのこの夏の標高移動を示したものです。このグラフをみても、初夏から夏にかけて低~高標高を行ったり来たりしていることがわかります。ハイマツだけでないでしょうが、山の「何か」を求めて山登りを繰り返していたようです。

マスを捕食するクマ

カラフトマスを狙うクマ。なかなかの恰幅。


ハイマツ食のクマ糞

海岸にあったハイマツ種子100%の糞

 

  もう一つの疑問、今年の出没件数はなぜ少ないのでしょうか?

もちろん現時点で明確な答えをもち合わせているわけではありませんが、ただいくつかの仮説をご紹介します。まずは前述のとおり、ハイマツなど中~高標高帯の実りが好調だったため、例年に比べ低標高帯よりも標高の高いエリアに活動域が集中していた可能性です。もう一つは昨年、半島部世界自然遺産地域内では衰弱や餓死したクマが発見されましたが、これは一部で人の目に触れることなく多くのクマが餓死などで死亡していた可能性などがあげられるかと思います。特に親から独立直後の若グマは経験も浅く、人前への出没などトラブルをおこすことの多い世代ですが、昨年この世代がかなり淘汰されてしまったのかもしれません。

 今後の出没状況はサケマスの遡上状況や、ミズナラのドングリなどの豊凶状態によってはまた変化するかもしれません。シーズン後半も注意深く見守って行きたいと思います。

(事務局長 増田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (0)

シホテアリンに行ってきました④

RIMG0328s.jpg

 保護区事務所でレクチャーを受けた後は展示施設に案内していただきました。

 沿海州地方の野生動物と言えば、なんと言ってもアムールトラが有名です。保護区でも象徴的存在で、海外からの援助もアムールトラを対象としたものが多いようでした。保護区内には7頭ぐらいとの説明でしたが、保護区職員でもそう簡単に姿を見ることはないようです。姿は無理でも足跡だけでも見たいと思いましたが、3日の弾丸ツアーではかないませんでした。

続きを読む →

コメント (0)

シホテ・アリン行ってきました③

RIMG0543s.jpg

朝ウラジオストクを出発して、途中休憩や食事をとりながら結局テルネイに着いたのは夜22時ごろ(日本時間との時差は+2時間)。約13時間のロングドライブでした。遅い時間にもかかわらず、宿泊先となる保護区のゲストハウスでは保護区のスタッフのみなさんが心のこもった手料理とウォッカを用意して出迎えてくれました。

翌朝、目覚めると高台にあるゲストハウスからはテルネイの町が見渡せました。町の人口4千人。ゲストハウスや保護区事務所もこの町にあります。保護区の職員も皆この町に住んでいます。

 

 

続きを読む →

コメント (0)

シホテ・アリン行ってきました②ウラジオストク~テルネイ

RIMG0267s.jpg

 知床とシホテ・アリンは直線距離で結ぶととても近いですが、実際に行くとなると、とてつもなく時間がかかります。

 今回は女満別空港から新千歳空港、そこから国際線で韓国仁川経由でロシア沿海州の拠点都市、ウラジオストクに入りました。ウラジオストクから、シホテ・アリン自然保護区事務所のあるテルネイという町まで、迎えに来ていただいた保護区の車で、ほぼ丸1日の冬道ロングドライブ。遠かった・・・。写真はバスターミナルにあった地図。地図の左下矢印がウラジオストク、右上がテルネイ。一応長距離路線バスも走っています。

 

続きを読む →

コメント (0)

「シホテ・アリン」に行ってきました①

shihote498s.jpg

  知床財団は知床からもっとも近い海外の世界自然遺産「シホテ・アリン」との交流を進めています。

 「シホテ・アリン」って、どこにあるかわかりますか?世界地図で見ると、その近さにびっくりするほどですが、日本海を挟んで北海道の対岸、ロシア連邦・沿海州地方に位置します。シホテ・アリンになじみがない方でも、ロシアの文豪アルセーニエフの「デルス・ウザーラ」の舞台と言うと、ピンとくる方もいるかもしれません。この小説は黒澤明監督によって映画化されたことでも有名です。

 知床を世界自然遺産に登録するか否か審査する過程では、既に2001年に世界自然遺産に登録されていたシホテ・アリンとの「違い」が焦点の一つとなりました。なぜなら、世界自然遺産はすでに登録済みの遺産と異なる特徴、理由がなければ、新たな登録が認められないためです。

 最終的に知床はシホテ・アリンとは異なる特徴が認められて自然遺産に登録されましたが、ある意味では多くの点で共通する部分があるからこそ比較対象となったと言えます。「知床とシホテ・アリンは一体どこが同じで、どこが違うのか?」知床の遺産登録時から、ずっと気になっていました。そして、シホテ・アリン自然保護区のアスタフィエフ所長も同じ思いをもたれていたようです。双方同じ思いの中で、昨年の秋、所長の知床訪問が実現しました(招聘に際し、アサヒビール株式会社様にご支援いただきました)。そしてこの2月、今度は私自身がシホテ・アリンを訪問する機会を得ました。現地2泊の弾丸ツアーでしたが、その時の様子と、今後の交流に関する抱負を数回に分けて連載したいと思います(担当:増田)。

(写真:シホテ・アリン自然保護区の海岸から日本海を望む)

コメント (0)