事務局長のつぶやき

イワウベツ川のクマ、その後・・・

 昨年秋、このコーナーでイワウベツ川に出没する複数の若グマと、カメラマンや観光客との至近距離での危うい接近についてご紹介しました。秋も深まるにつれて観光客やカメラマンの数は少しずつ減っていきましたが、このクマたちの出没自体は11月末道路が冬季閉鎖となるまで続きました。その間周辺道路のパトロールや、花火やゴム弾での追い払いや忌避学習付け(人前に姿をさらすと嫌な目に遭うと学習させる)を繰り返し行いましたが、行動に変化はありませんでした。

bsmv
 今年4月、雪解けが進む中、我々は彼らの行方がとても気になっていました。冬眠から目覚めると、いろいろな意味で成長して、もう人前にノコノコ出てくるようなことはなくなるのではないかと、淡い期待も少しありました。
 が、期待はあっさり裏切られました。4月中旬冬期通行止めが解除されると、2頭はイワウベツ川周辺で目撃されるようになりました。
 そして4月下旬には、2頭のうち1頭が国立公園から出て知床半島基部方向に海岸線に沿って移動を始めました。連休の最中5月5日には、観光の車が行きかう国道沿いでエゾシカを捕食、見物する車で渋滞が発生、一度追い払いましたが、再び同所で別のシカを捕まえて再出没、9日には国道上を歩き、車が立ち往生、たまたま通りかかった地元の人がクマ撃退スプレーで追い払うといったことがありました。この間、我々も出没情報が入る度に現場に急行し、花火やゴム弾などでの追い払い、忌避学習付けを試みましたが、やはり出没状況に変化はありませんでした。そして連休明けの10日にはさらに半島基部方向に移動、広大な農業地帯となる斜里町峰浜集落の国道上や休業中のドライブイン駐車場を徘徊、再び国道上をウロウロ横断して藪に入ったところで最終的に駆除となりました。結果的に最期まで人に対する警戒心に乏しく、至近距離まで人や車に接近したり、白昼堂々と路上をウロウロするといった行動は変わりませんでした。

 出没時の花火やゴム弾などでの追い払いが、効果を発揮して人前に出てこなくなるクマも多くいます。しかし一方で、このクマのように効果が見えないまま出没を繰り返し、出没、追い払いのイタチごっことなるケースもあります。かつてこのようなクマを生け捕りにして別の場所で放す移動放獣を試みたことがありますが、すぐに戻ってきてしまい、知床では成功していません。残念ながら、こうなってしまうと、決め手に欠く状況となってしまいます。

 最近ではヒトではDNA解析の技術がさまざまな場面で活用されていますが、クマにおいてもDNA解析から個体識別をしたり血縁関係を知ることで、そのクマの経歴を辿ることができるようになりました。峰浜で駆除となったこのクマのDNAを解析※したところ、やはり昨年秋にイワウベツ川に出没していた2頭のうちの1頭(オス)と同一であることがわかりました。一般的に親離れ後、オスはメスに比べ、生まれた場所から大きく移動分散すると言われていますが、結果的にその通りとなっています。母親から独立した若いオスにとって、生まれ育ったエリアからの分散は試練の時だと言えます。
 またもう1頭(メス)のほうは少なくとも5月上旬までは保護区の境界付近にとどまっていたようですが、この2頭は異母兄妹であったことが採取した皮膚片のDNA鑑定から明らかになりました。仲良く2頭で出没していたことから、同じ母親から生まれた兄弟姉妹(同腹子)と思っていましたが、父親は同じで、母親は異なるということは、この2頭は異なる母親から独立した後にたまたま出会い、行動を共にすることとなったようです。クマの場合、父親は子育てに参加しませんので、本人たちは父親が同じであることはわからないはずです。

 その他にもDNA鑑定から詳しいこのクマの経歴がわかりました。母親は以前から知床五湖やイワウベツ周辺で目撃されていたクマで、DNAによる親子判定から、一昨年秋、イワウベツ川流域にある温泉ホテルのゴミ箱を破壊し、生ゴミを食べているところを駆除された若グマがこの母親の子であることがわかっていますのでイワウベツ川流域を行動圏としているようです。そして同じ年にこの母親は5月上旬、7月上旬と、イワウベツ川で1歳の子2頭を連れているところを目撃されています。その後、7月下旬には単独の母親が目撃され、その後2頭が頻繁にイワウベツ川で目撃されるようになったことから、この時点で2頭は母親から独立したようです。この2頭は一昨年の夏、人を見ても無反応で、しばしば数メートルの距離でカメラマンに囲まれて撮影されていた1歳のクマたちです。このうちの1頭が今回のクマで、もう1頭はその後姿を消し(このクマの消息は不明です)、どこかで異母の同齢メスと出会い、昨年はこのメスと行動を共にしていたことになります。つまり峰浜で駆除された時このクマは3歳ということになります。
 昨年一緒に行動していた2頭のうち、母親の行動域を離れ、保護区の外に出たオスは結果的に命を失いました。一生ずっと保護区の中、国立公園の中にとどまっていたのであれば、人を気にしないふるまいは許容されたかもしれません。しかし、この若いオスグマのように保護区を出て、人の暮らしがある集落の近くで同じようなふるまいを続ければ、やはり許容することは難しくなります。さらに躊躇なく人の暮らしがあるところに近づくとなれば、生ゴミに餌付くなど今度は食べ物求めて積極的に人に近づく危険なクマへと変貌するリスクも高くなります。
 一方で保護区内、国立公園内では、クマを見たいと思って訪れている人も多くいます。恐れず至近距離まで人に接近するあるいは人の接近を許容するクマの存在を否定するどころか、むしろ歓迎するかもしれません。クマが同じふるまいをしても、人がそれを許容できるか否かは時と場所で変わってしまうということです。クマの立場からすれば、人の身勝手と映るかもしれません。クマのほうも保護区内では人から危害を受けることはあまりありませんし、人のほうもクマも見たい、写真を撮りたいと距離を詰めると、両者の距離は今後も縮まる方向に進むはずです。人もクマもお互い許容度が高まれば、突発的な遭遇などによる事故の恐れは減少するでしょうが、一方でこれまでなら考えられなかったような場所、時間帯の出没、例えば昼間に街中や道路上に出没するといったケースは増加すると思います。クマの管理が保護区内だけでは収まる話ではない以上、保護区内も含めた人の管理も同時に進めなければ片手落ちになってしまいます。
 これからどのように保護区内、保護区外でクマと向き合っていくのか?知床での人とクマの関係はまた新たな局面を迎えています。


※DNA解析によるヒグマの血縁関係の研究は、ダイキン工業株式会社様の支援によって、北海道大学獣医学部・知床博物館・知床財団の共同研究として実施しています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

121016s

2012年7月。恰好の撮影対象に。

行動を共にしていた兄弟姉妹と思われる

もう1頭は2013年以降姿を確認していない。 

 

2012年10月。サケマス孵化場侵入。
130922s 1309s

2013年9月。

別の同齢メスと行動を共にするようになる。

 

2013年9月。

駐車中の車を物色。

131018s 1311s

2013年10月。

この年も恰好の撮影対象に。

 

2013年11月。

相変わらずイワウベツ川沿いに。

1404s 1405s
2014年4月。

2014年5月。国立公園外へ、移動。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

イワウベツ川

 今年9月以降、知床国立公園斜里町側のイワウベツ川では、カラフトマスの遡上が始まると、複数の若グマが頻繁に出没するようになり、そのクマたちを写真に収めようと多くのカメラマンや観光客が集まり、混雑、混乱するという状況が道路が冬季閉鎖になるまで続きました。人とクマの距離が数メートルの至近距離まで接近したり、結果的に取り囲むような状況も発生していました。また撮影のための誘引に使ったと思われる頭を落とした11匹のサケが見つかるといった悪質な事例も発生しました。

 かつてイワウベツ川では、河口にある孵化場のウライ(採卵用親魚を捕獲するための堰堤)のため、孵化場より上流に魚は遡上できませんでした。実は知床世界自然遺産地域内でも自然遡上し、産卵するカラフトマスやシロザケを容易に観察できる川はそれほど多くありません。どうにか魚が遡上し自然産卵できる環境を実現したいという思いから、まずは人の手でウライの上流側に放流する取組が始まりました。その後さらに孵化場を運営するさけ・ます増殖事業協会によってウライを通過できる魚道が整備され、捕獲時以外は魚が魚道を通って親魚が上流に遡上できるようになりました。改良が実現したのは、カラフトマスやシロザケが川を遡上して産卵し、孵化した稚魚が川下り、海で成長した後、再び産卵のために川を遡上する、そんな命のサイクルが繰り返されてこそ世界自然遺産であると思いが皆にあったからだと思います。

 遡上するカラフトマスやシロザケは鳥や獣、さまざまな生き物たちの命も支えます。ヒグマが魚を狙って集まることも、そのこと自体は極々自然のことであり、本来知床では当たり前だった光景なのです。一方で遡上、産卵するカラフトマスやシロザケを見てみたい、それを捕食するクマの姿を見てみたい、写真に収めたい、知床を訪れる旅人がそんな思いを抱くこと自体もこれまた自然なことだと思います。

 クマは魚を食べたい、人間はそんなクマを見たい、撮りたい…。クマと人の出会いが日常化すると、その状態にクマも慣れてその距離はさらに縮まります。またクマ社会の中で弱者の若いクマは大きなオスグマと人を天秤にかけるとすれば、人に危害を与えられる恐れの少ない保護区内ではオスグマのほうが脅威であり、人に姿をさらしてでも白昼川に出て魚を捕ることを選ぶことになります。若いクマは人が常時いる環境にも順応しやすく、堂々と人前で魚を捕るようになります。

 ここまでであれば、何も問題ないのかもしれません。人に対するクマの許容度が高ければ、突発的な事故の恐れは低くなります。ただ、ここまでで終わらないのではないかという危惧を私たちは抱いています。

 一つは人がいても姿をあらわし、さらに人と数メートル距離まで接近しても気にしないクマは保護区の外でも内と同じ振る舞いをするのではないかという心配です。イワウベツ川から人の生活する集落までは数キロしか離れていません。保護区外、例えば街中で、人がいるところに堂々とクマが出てくれば、大変なことになります。結果的に何も起こらなくても人は許容できないと思います。また農地に堂々と出没して作物を食べていても許容することはできません。さらに人に見られてもそのまま逃げなければ、すぐ簡単に駆除されてしまいます。要するに人のクマに対する対応は保護区の中と外では全く違うわけです。クマのほうが人の作った保護区の内と外の違いを認識し、行動を変えてくれればよいですが、クマ自ら学習できるでしょうか?それをクマに学習させることはできるでしょうか?結果的に保護区内での人との関係に慣れてしまったクマは保護区外に出てしまえば、生き延びることはできないのではないでしょうか?

 もう一つはいくら人に対するクマの許容力が増したとはいえ、野生のクマです。数メートルの至近距離では、人のちょっとした不用意な動きが時にはクマを興奮させてしまい、人身事故を誘発するのではないかという心配です。道路上で三脚を立てて望遠レンズを構えていたカメラマンの列にクマが接近して、あわてて後退しようとして転倒したカメラマンにクマが驚くといった場面や、クマの行く手を遮ってしまい、クマが興奮したケース、ある程度クマの動きを知っている常連のカメラマンが接近すると、集団心理でコンパクトデジカメを構えた家族連れ一般観光客も同じようにクマに接近したり、追いかけたりするといった場面にも出くわしており、不慮の事故が発生しないかとても不安になります。

 来年もまた今年と同じような状況が発生するかもしれません。来年は今年よりも少しでも良い方向に持っていかねばと思っています。ただ正直なところ、今問題を解決する画期的なアイデアを持ち合わせているわけではありません。保護区内では「自然な」振る舞いをするクマがいて、保護区を訪れた人はそんなクマを見ることができる、保護区外ではクマは人の生活圏には姿を見せず、人の財産には決して損害を与えない。そんな人にとって虫のいい話は実現しうるのでしょうか?何か良い手はないでしょうか?・・模索する毎日です。(増田)

コメント (0)

今年のクマ事情2013年(11月末現在)

201311rausu690

 201311shari690

 11月末現在の速報値です。8月末現在の速報値を一度取りまとめて公表(9月14日ブログ)しましたが、春から夏にかけては平穏な状況が続きました。昨年はもとより、一昨年と比較しても少なかったことがよくわかると思います。またグラフ(拡大→グラフをクリック)を見ると、あらためて昨年の夏、特に8月の異常さが際立ちます。

 その後も全体的には平穏な状況に変わりありませんが、カラフトマスの遡上が始まった9月以降は河川での目撃、対応が増加しました。サケマスの遡上河川では遡上の季節となるとクマの出没は多くなりますが、対応が必要になるような白昼の出没は人目をあまり気にしない特定のクマの仕業であることがほとんどです。斜里町イワウベツ川では数頭の特定個体が9月以降くりかえし頻繁に出没しました。加えて彼らを撮影しようとするカメラマンが多数集まる状態がここ3カ月ほど続き、一部の人が数メートルの至近距離までクマに接近したり、取り囲んだりするといった危険な状況も発生していました。イワウベツ川河畔での目撃や対応の大部分は数頭の特定個体に関するものでした。この件に関しては別途また取り上げたいと思います。201311iwaobetsu690

 サケマス遡上河川での特定クマの出没を除けば、斜里羅臼ともに全体を通じて出没の少ない平穏なシーズンでした。斜里は初夏と秋のサケマス遡上時期にピークがある双山型で知床の標準的な季節変動パターンでしたが、羅臼はシーズンを通して極めて出没の少ないシーズンでした。羅臼はまさに昨年とは雲泥の差です。

 昨年半島では夏場の大量出没に加え、0歳や1歳の若いクマやメスの成獣で衰弱や餓死が確認されるなど特異な年でした。それなりのダメージを受けたことは間違いなく、昨シーズンの状況が今年に影響している可能性も否定できません。但し、それを今年の結果だけで判断するのは早計過ぎます。来シーズンも今年と同様の傾向が続くのかどうか、動向が大変注目されるところです(増田)。

コメント (0)

国立公園内イワウベツ川におけるシロザケの投棄について

 

130918s1

 9月18日に知床国立公園内のイワウベツ川で見つかったシロザケの投棄について各社から報道されていますが、報道だけでは少しわかりにくい点あるかと思いますので、この件についてもう少し詳しく紹介します。

 9月18日お昼頃、知床国立公園(自然遺産地域内でもあります)斜里町イワウベツ川でシロザケ15匹の投棄が見つかりました。写真のように頭と内臓がついていない状態で、明らかに人の手で包丁で処理されており、河畔と河川内にまとまって投棄されていました。投棄地点は道路から20mほどの場所です。ポイッと捨てたというよりは、そこに意図をもって置いたといった状況でした。魚は全て回収しました。

 イワウベツ川では現在カラフトマスは若干遡上していますが、シロザケについてはまだ遡上していません。そのため、別の場所で捕獲したサケをわざわざ運び込んだものと思われます。

 現場は前回このブログで紹介したおにぎり投棄や無人の車を覗き込む亜成獣のクマが目撃されたのと同じ川沿い、道路沿いです。ここ1週間ほどは無人の車を覗き込んだクマともう一頭同じ世代のクマが頻繁に出没しており、付近にはクマを見ようとする人たちが待ち構えているような状況となっています。クマと人との距離が詰まり過ぎると過度な人慣れを招き、人とクマ双方にとって不幸な結末を生む恐れがあるため、そのような場合我々は追い払いを行いますが、ここ最近はほぼ毎日出動対応しています。このような状況の中で今回の投棄が発覚しました。

130918s2

 確かにシロザケ自体は自然の中でもクマが食べる機会のある食べ物です。現場の状況から人の手から直接クマに与えたわけでもないと思います。人の置いたサケとはクマは気づいていなかったかもしれません。しかしながら、このような国立公園のたくさんの観光客が訪れる場所で、故意にクマを餌によっておびき寄せるような行為が続けば、いずれ最終的にはクマ、人も双方を不幸にする結果しか生まないと思います。
 今現在もスタッフがクマと観光客との一定の距離を保つために、現場に張り付いています。999人の人が知床の自然を、クマをはじめとする野生動物との出会いをそっと楽しむためにルールを守っていただいたとしても、たった一人の人の行為のために全てが崩れ去ることを心配しています(事務局長増田)。

コメント (0)

食べ物やゴミで詰まる野生動物とヒトの間、その危うさ

  国立公園内の道路に点々と落ちていたおむすび。。。
6月野外実習中の大学生が見つけ、写真を撮影して届けてくれました。はっきりしたことはわかりませんが、道路際にいたキタキツネか何か野生動物に、通りがかった人が車の窓からおむすびを投げ与えようとしたのではないかと思います。この他にも菓子パンや果物などの投棄、あるいは餌やりを疑わせる事例がこの夏も散発的には発生しています。

道路に点々と棄てられた?おむすび。えさやり2

 

 

 

 

 

 

 

無人車両の車内を覗き込むクマ

無人車両の車内を覗き込むクマ

 左の写真はおむすびが見つかったのと同じ道路で9月6日に撮影された写真です。車は無人ですが、助手席側の窓を覗き込んでいます。このクマはなぜか無人の車にとても興味を持っていました。車から何らかの食べ物を投げ与えられた経験を過去にしているのではないかと、私たちは心配しています。クマにとってメリットのある経験がなければ、自ら積極的に車に接近するとは考えづらいからです。もちろん、決定的な証拠があるわけではなく、推測の域を脱しません。

 今知床では観光協会のみなさんが中心になってヒグマなど野生動物への餌やり禁止のキャンペーンが行われています。もちろん知床財団も参画しています。このような観光関係者から行政機関までオール知床での取り組みは初めてで、画期的なことだと思います。

RIMG2170sRIMG2173s

 

 

 

 

 

 

 一方でゴミの投棄や餌やりが後を絶たないのも事実で、現場は危機感を募らせています。ゴミを捨てたり餌をやった当事者ではなく、それから後に知床を訪れる人々、知床に住む人々が危険な目に遭う恐れがあります。また餌をもらったことで人の存在と食べ物が結びついてしまった動物は多くの場合、その後悲劇的な結末を迎えることとなります。
 キャンペーンはまだ始まったばかり、そう簡単に解決する問題でもないことは事実です。これからもオール知床での息の長い活動が必要で、我々知床財団も覚悟を決めて取り組まなければと気を引き締めているところです。(事務局長 増田 泰)

コメント (0)