事務局長のつぶやき

万国共通のルール

 カナダの国立公園へ旅行に行った職員から、みやげ話とあちらで集めたパンフ類や撮影した写真を見せてもらった。

 職業柄どうしても、パンフや看板にどのような記載があるか、つい気になってしまう。いろいろなパンフを見せてもらったが、野生動物に関する注意事項等は共通点が多く、相違点は少ない。下の写真のポスター(ジャスパー国立公園)のように「餌を野生動物にやらない」といったルールは万国共通でであることがわかる。

 ただ、下のポスターで驚いたのは一番下に書かれた罰金の金額だ。上限だが、なんと25000カナダドル。1カナダドル85円として、85×25000=212万5千円!その金額にびっくりした。罰金適用例は少ないのかもしれないが、ただ野生動物への餌やり行為に対して公園管理者が大変厳しい考えを持っていることが、その金額から推察された。

 一方で日本の場合、国立公園など自然公園に関する法律、自然公園法第37条でゴミの投棄などの行為について禁止されているが、罰金は30万円以下(同法86条)である。ゴミの不法投棄に関しては、この他の法律や都道府県や市町村の条例などでも規定されているが、野生動物への餌やりがゴミの投棄にあたるのかは微妙である。

 北海道の場合、北海道の北海道生物の多様性の保全等に関する条例第28条で、対象地域でのヒグマに対する餌やり行為を禁止している。知床もこの条例の適用範囲だが、罰金等は設定されておらず、当事者氏名などの公表のみである。

 カナダの罰金の金額を見て、実際に罰金を適用するかは別にしても、野生動物への餌やりがそれぐらいの大罪にあたるという強いメッセージを公園管理者が発信していることに、少しうらやましく感じた(担当増田)。

25000カナダドルの看板_ジャスパー国立公園s

コメント (1)

コメント 1件

  1. 見てきた者からのコメントです。
    野生動物に餌を与えてはいけない理由は、人間に危険がおよぶためではありません。
    人間が野生動物に悪影響を及ぼすからです。
    現地では野生動物に対するリスペクトを感じました。
    だから人のルールも厳しくなっています。
    現地のグリズリー対策ゴミ箱には、「Help keep our bears wild!」というメッセージが書かれていました。私達のクマの野生を守って、という意味でしょうか。これはビジター一人一人が真摯に受け止めなければならないメッセージです。
    野生でなくなったグリズリーがどういう運命をたどるか、想像はつきますよね?
    日本のクマも同じです。
    これは人を守るためのルールではなく、野生動物を守るために人が遵守しなければならないルールなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です