カテゴリー  森林再生

床替え作業

090508.jpg2009年5月8日(金)
今日は広葉樹の苗木を育ている苗畑ボランティアの方2名とともに「床替え」作業を行いました。「床替え」とは、苗の根をしっかりしたものにするために、苗木をいったん掘り取って別の苗床に植え替える作業です。
今日床替えした苗木約200本は、10月の植樹祭で知床の大地に(防鹿柵の中ですが)たくさんの方々の手で植えられていく予定です。
(担当:松林)

床替え作業 はコメントを受け付けていません。

作業準備

090503.jpg2009年5月3日(日)
昨日の吹きだまりも今日には突破することができました。ここ数日の暖かさは最後の雪をどんどん溶かしていきます。
今日は作業の道具や機械を冬の間しまってある「開拓小屋」にものを取りに行きました(この小屋は開拓当時の馬小屋を改修して作業場などとして使っている建物です)。ポンプやホース、その他もろもろを車に積み込んで森づくり作
業地へと運びます。
いよいよ今年の森づくり作業の始まりです。
(担当:松林)

作業準備 はコメントを受け付けていません。

最後の吹きだまり

090502.jpg2009年5月2日(土)
今日から知床横断も開通し(当面の間日中のみ)、知床の観光面でも春本番を迎えようとしています。
森づくり作業も本格始動といきたいところですが、通りたい作業道に最後の吹きだまりが残っていました。吹きだまりの長さはわずか10メートルほどですが、深いところで80センチほどの雪が残っています。
この日は車で無理に乗り越えることはやめて、
雪が溶けやすくなるように「雪割り」を行いました。
(担当:松林)

最後の吹きだまり はコメントを受け付けていません。

ミニレクチャー「しれとこの森の守り方」

090429.jpg2009年4月29日(水)
現在知床自然センターで開催中のミニレクチャー『いわおべつ先生の知床のお話』のひとコマで森づくり作業についてお話する機会がありました。
今回は森づくり作業のひとつ「樹皮保護ネット巻き」をご参加の皆さんに模擬体験していただきました。実際のところ、このネットの巻き方を覚えてもあまり日常生活で役に立つことはないかと思いますが、今知床でこのような取り組みが行われているということを知っていただければうれしい限りです。
100平方メートル運動の森・トラスト」では、現場での森づくり作業だけではなく、この森とこの活動をたくさんの方に知っていただくための取り組みも行っています。          (担当:松林)
ミニレクチャー『いわおべつ先生の知床のお話』
■2009年4月29日~5月5日
■知床自然センター 12:40~13:00(20分程度)
*この連休中に自然センターへお越しの際はぜひご参加ください(無料)。

ミニレクチャー「しれとこの森の守り方」 はコメントを受け付けていません。

春の森づくり作業まであと少し

090425.jpg2009年4月25日(土)
知床自然センター周辺の舗装道路にはもう雪はありませんが、森の中の作業道にはところどころまだ雪が残っています。
吹き溜まりや日陰部分などは特に雪が深く残っていて、周りのちょっとした環境の違いによって、雪の積もり方や残り方が変わるのだとよく分かる春先の森の道です。
090425akaezomatu-syokujuti.jpg作業のため車で作業道に入るにはもう少し日にちがかかりそうです。本格的な春の森づくり作業開始まであと少しです。
5~6月にはこの森づくりをお手伝いしていただけるボランティアの方を募集しています。ご参加お待ちしています。    
(担当:馬谷)

春の森づくり作業まであと少し はコメントを受け付けていません。

ブログ