活動報告BLOG

知床自然教室 下山してきました

080804.jpg海岸沿いを歩く子どもたち。森でのキャンプを終え、ウトロにある漁村センターへ向かう途中を捉えました。
服はよごれているけれど、笑顔はピカピカ。
充実した様子です。
明日の閉校式まで、あとチョット。
どんな話を聞かせてもらえるか楽しみです。
(担当:乙部)

コメント (0)

第6回 「水のがっこう夏まつり」でワークショップを実施しました

水の学校080802 071.jpg7年前に閉校した斜里町郊外の旧来運小学校校舎などを会場に行われた「水のがっこう夏まつり」。親子で森や川に親しむこのイベントに今年も参加させていただきました。
今年も毎年恒例のクイズラリーと紙芝居を実施。クイズは全問正解したらヒグマの実物大足形スタンプとともに、今年はエゾシカの角の輪切りをプレゼントするとあって、子どもたちは大はりきりで会場内を走り回り、クイズに取り組んでいました。また、3回行った紙芝居では、ヒグマの話に真剣に耳を傾ける子どもたちの姿が印象的でした。
風が吹き、小雨のぱらつくお天気でしたが、たくさんの子どもたちが夏の一日を大いに楽しんでいました。
(担当:乙部)

コメント (0)

知床自然教室の森

080801kyanputi.jpg知床自然教室3日め。森でのキャンプが始まって、一夜が明けました。
知床自然センターの屋上から、かろうじて見えるキャンプ地。子どもたちは今、この森で生活しています。今日はオホーツクブルーの空に囲まれたよい天気。森での生活に戸惑いながらも、元気に過ごしていることでしょう。
天気予報をみると下り坂の模様。
テルテル坊主、作らないと。。。
(担当:乙部)

コメント (0)

第29回知床自然教室、開校!

080730.jpg斜里町役場前に集結した子どもたち。
知床自然教室、今年も開校です。
元気いっぱいの指導員やリーダー、そして何度も自然教室に参加している子どもたち。
彼らに圧倒されるように、どんなところに放り込まれるんだろう・・・と、今年初めて参加する子どもたちはなんだかとっても不安そう。
・・・それよりも、見送りの親御さんのほうがずっと不安だったりして^^;
(担当:乙部←保護者のひとりです)

コメント (0)

斜里町立峰浜小学校にてクマ授業をしました

080723minehama.jpg斜里市街地とウトロの間にある峰浜小学校にて、高学年(5~6年生)を対象にクマ授業を行いました。
小学校のある峰浜、日の出地区では、ビートや小麦の広大な畑が広がっています。そして、これを狙うヒグマの出没が確認されることがしばしば。地域の子供たちがヒグマの生態やヒグマとの事故防止について、正しく学習することはとても大切なことです。
授業を受けた子どもたちは「楽しかったし、ヒグマのことがよくわかってよかった。もしヒグマに出会ったときは今日聞いたことをしっかり思い出して行動したい」と話してくれました。(担当:岡本、乙部)

コメント (0)

ブログ