カテゴリー  その他

「公益財団法人 知床財団」に名称が変更になります。

logo_new.jpg財団法人 知床財団は平成23年4月1日より 「公益財団法人 知床財団」として新たな第一歩を踏み出します。
1988年の設立以来、知床国立公園の原生自然の保全と適正な公園利用を具現化するため、皆様の誤ご支援を受けながら、様々な活動に        ↑公益財団法人移行後の新しいロゴマーク
邁進してまいりました。今回、これまでの活動の公
益性が認められ、3月22日付けで公益財団法人として認定されました。
公益財団法人としてさらなる発展を目指し、私たちの使命であります知床自然を「知り・守り・伝える」活動に対して一層の熱意を持って取り組んでまいります。
なお、公益財団法人 知床財団にいただきました寄付金(賛助会費含む)は、下記のような税金優遇措置の対象となります。
■個人の皆様■
2000円を超える分(ただし、年間総所得の40%を限度)について、その年の総所得から控除されます。
■法人・団体の皆様■
法人税法上の優遇措置が適用になります。詳しくは税務署にお問合せ下さい。

コメント (0)

第2回「プロジェクト未来遺産」に選定されました

tranc.JPG当財団が社団法人日本ユネスコ協会連盟が主催する第2回「プロジェクト未来遺産」の一つとして選定されました。
「プロジェクト未来遺産」とは、地域の文化や自然遺産を未来へと伝える“未来遺産運動”の活動の一つです。第2回となる今回は、全国の25都道府県39プロジェクトの中から「危機に直面している遺産を守る」「生物多様性を活動に取り入れている」という2つの視点を優先的に考慮し、10のプロジェクトが選定されました。
※「未来遺産運動」をもっと知りたい方はコチラ
http://www.unesco.jp/mirai/              写真:トランクキット“1号”の中身

続きを読む →

コメント (0)

柱展示完成

101004hasiratennzi.jpg知床自然センターを支える4本の柱の側面に、10月1日より知床財団スタッフ総動員で制作の展示コーナーができました。
センター周辺にコロコロ転がっている“しかふん”はいったいどのようにできたのか、生き物の年齢ってどうやって分かるのだろう、クリオネの標本展示、などなど知ってナルホド!見てビックリ!のテーマが、各柱にそれぞれ趣向を凝らした方法で展示されています。

続きを読む →

コメント (0)

水のがっこう夏まつり2010 ブース出展

水の学校2.jpg実施日:2010年7月31日(土)
2001年に閉校となった旧斜里町立来運小学校を会場に「来運 水のがっこう夏まつり」が開催されました。今年は17のワークショップと10の露店が出店されました。来場者数は約600人。快晴の夏空の下、ベビーカーに乗った赤ん坊から小学生、おじいちゃんおばあちゃんまで老若男女を問わずたくさんの人で賑わいました。私たち知床財団は、子供たちにふるさとの自然をもっと知って、伝えていってほしいという想いから、毎年ブースを出展しています。
今年も恒例の「しれとこの森クイズラリー」と紙芝居「あるヒグマのおはなし」を行いました。
いずれも50人を超える子供たちが参加してくれて、大盛況でした。

続きを読む →

コメント (0)

アサヒビール「うまい!を明日へ!」第四弾は知床財団を応援していただけることに

asahi1.jpg実施日:7月17日(土)
「アサヒビールと北海道との自然環境保全に関する協力連携協定」に基づき、アサヒビール株式会社様より、知床財団にご寄付いただけることになりました。これは、今年8月下旬から10月下旬までに全国で展開するアサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト第4弾としてご支援いただくものです。
7月17日には、高橋はるみ北海道知事や斜里町長、羅臼町長も参加して知床世界遺産センターにてプロジェクトの紹介と知床財団への寄付について発表がありました。

続きを読む →

コメント (0)

ブログ