カテゴリー  事務局長のつぶやき

今年の知床クマ事情①

『ちょっといつもと違った今年のクマ事情』
■出没ピークが1カ月遅れた今年

 知床と言えばヒグマがたくさん暮らすところというイメージをもたれる方も多いと思うが、確かに知床半島(斜里町・羅臼町)におけるヒグマの目撃数は、他地域と比較しても格段に多く、クマの出没に対して住民も比較的冷静である。だが、今年はあまりにも多かった。またただ単に出没が多いだけでなく、その傾向や出没するクマの様子も少しいつもと違った。
 まず目撃数だが、斜里町は昨年のほぼ2倍(1,695件10月末現在)、羅臼町は1.5倍(386件、10月末現在)で、両町合わせると既に2,000件を超えている。また例年だと7月がもっとも目撃情報が多く、8月に入った途端に沈静化する一山タイプか、9月以降秋にまた若干多くなるという二山パターンが普通だが、今年は一山だが、ピークが1カ月遅れた形となり、8月に入っても落ち着くことなく、むしろ大幅に増加した。
 最近は人の存在を気にしないクマの増加で目撃数全体が増加傾向にあるが、それだけでは今年の状況は説明しきれない。別の理由も重なったと考えるほうが自然だ。

■痩せたクマ、自然死の発生

 出没するクマの様子も例年とは違った。7月以降、カムイワッカ、知床五湖、岩尾別川などで痩せ細った1歳グマをしばし ば見かけた。知床では1歳(生まれて2回目の夏)で親から独立する場合が多いが、0歳(生まれて初めての夏)は普通母グマと共に過ごす。ところが今年は母 グマとはぐれた?痩せ細った0歳子グマも複数確認された。
 8月には斜里町側の半島海岸部で撮影された激痩せグマの写真が話題となった。撮影された クマ以外にも同様に痩せ細ったクマが目撃された。中には海岸で衰弱して動けなくなったまさに「行き倒れ」状態のクマも見られた。もちろん知床の全てのクマ が一様に痩せ細っていたわけではないが、一部であれ、今まで見たことがないほど痩せ細ったクマが目撃された。
 さらに7月中旬~9月上旬には自然死した死体が半島部で複数(斜里側4件、羅臼側2件)見つかった。2カ月ほどの間に自然死した死体が6体も見つかった年は記憶にない。これらの死因は特定できないが、状況からおそらく餓死と推測される。
 激痩せや餓死したクマはメスの成獣や1歳の子グマに目立った。オスに比べ移動能力が低く、定着性の強いメスや独立直後の子グマが犠牲になったのではないか。 0歳の自然死は確認されなかったが、単独で徘徊する痩せた0歳子グマが半島両側で複数確認されていたことから、人の目に触れなかっただけで実際は0歳も死んでいた可能性が高い。

 斜里側の半島基部ではこのような現象は特に認められなかった。例年と比べ、半島基部の農地で目撃が多かったり、特 段農作物被害が急増したわけではなかった。羅臼側の半島基部標津町では、目撃数は羅臼斜里同様に今年8月にピークがあったそうだが、痩せたクマが多いとい うわけではなかったと聞いている。半島の先と付け根ではどうも少し状況が異なったようだ。

■クマにとって厳しかった今年の8月

 かつてクマにとって厳しい季節は冬眠明け直後、つまり春だった。芽吹き始めた草本が主な餌だったが、それらの生育は春先の天候に大きく左右された。ところが今ではエゾシカが急増したことで、この季節、越冬明けの衰弱したシカを比較的容易に手にいれることができる。 
 一方で初夏から夏にかけて、かつてはふんだんにあった草本類はシカの影響で著しく衰退し、アリやセミ、海辺の貝などの小動物、広葉樹の若葉など限られた食物しか手に入らなくなった。林内の下草は消失するか、シカが好まない数種の植物に占有されるようになった。自然草原や河畔でも状況は同じだ。子ジカの出産期には一時的に子ジカを捕食することができるが、子ジカが成長し、簡単に捕捉できなくなると、一気に厳しい状況となる。つまり春先はシカのおかげで良質なたんぱく質を手に入れることができるようになった一方で、6月上旬のシカの出産期が過ぎ、子ジカも成長し簡単に捕捉することが難しくなる7月以降、一転して餌が不足気味となる。
 このような事情から、この時期、独立直後の若グマなどは農地に出没して農作物に依存するケースも多い。また最近では海鳥の巣を襲ってヒナや卵を利用したり、定置網に絡んだ雑魚など探し歩いたり、新たな餌資源の獲得に乗り出すクマも目につく。
 とはいうものの、例年だと半島部では7月を乗り切れば、8月に入ると河川にはカラフトマスが遡上し、高山帯ではハイマツの球果などが結実しはじめ、初夏の一時的な餌不足状態は解消に向かう。知床半島のクマは海岸から高山まで変化に富んだ環境の中で多様な餌メニューから選が択可能なため、例年は何かが不作で手に入らなくても他のもので補完可能で、餓死に至るような深刻な事態になることは稀である。
 ところが今年はその稀な夏となった。原因としてカラフトマスの遡上が8月末まで遅れたこと、ハイマツ等高山帯の実りも悪かったことなどが重なり、餌不足状態が8月に入っても解消せず、結果的には月末まで継続し、厳しい状況に追い込まれたと考えられた。アリや海浜の小動物、僅かな草本を求めて海岸や道路沿いを徘徊し、結果的に目撃数、対応件数が8月多くなったのではないかと推測された。
 半島基部と比較して、エゾシカによる植生衰退が顕著で、かつクマが自由にカラフトマスを採食できる河川が多い半島部で深刻であったことも、説明がつくのではないだろうか?
 幸いにも9月には例年に比べると少数だがカラフトマスの遡上も始まり、ミズナラのドングリなど秋の実りも順調であったため、状況は急速に改善した。しかしながら、乗り切れず命を落としたクマも少なからずいたに違いない。特に子グマの死亡率は例年に比べて高かったはずであるし、メス成獣の繁殖成功にも影響が出るはずだ。今夏の影響がどのような形で出るのか、来シーズンは注意深く見守る必要がある。またこのような推理仮説が本当に正しいのかどうか、今夏、例年の夏と餌事情に違いがあったのか食履歴の比較といった科学的な検証も必要になって来るだろう。また高山帯の実りなどについては、登山者等の伝聞による情報などに基づく部分が多い。もう少し客観的に把握する必要があると今回特に感じた。

(事務局長 増田)

コメント (0)

札幌市のヒグマ出没騒動について

『札幌市のヒグマ出没大騒動に思う』

公益財団法人 知床財団 統括研究員・事務局長 山中 正実

今、人口190万をこえる北海道最大の都市、札幌がテンヤワンヤの大騒ぎである。都心部に近い中央区の山寄りの市街地にヒグマが出没しているという。すでに十数回の目撃が通報され、クマ騒ぎの話題が連日マスコミをにぎわしている。何らかの原因で住宅地付近に紛れ込んでしまったと思われる1頭の若いクマ(おそらく)に大都市が揺れているのだ。一方、知床では年間のクマの出没件数は、この10年あまりずっと高止まりで600~900件。今回の事件で、あまりに報道関係などからの問い合わせが多いので以下に所見をまとめてみた。ただし、知床は札幌から400kmも離れた遠隔地であり、自然環境も社会環境も全く異なる。また、現地調査をしたわけでもないので、下記はあくまで、一般論、知床での経験や伝え聞く状況証拠からの推測である。

■北海道庁によるドングリ不作原因説は疑問。
北海道のヒグマの秋の主要な食物の一つはミズナラのドングリだが、ミズナラは一つの山でも標高や斜面方位によって豊凶が異なり、広域で同調しない。札幌近郊の山が全山すべて不作なんてことはないだろう。広域的に同調するブナの実の豊凶に敏感に反応して数年おきに大出没を繰り返すツキノワグマの例と安易に同一視できない。広い全道各地の少数の地点でパラパラと、しかも観察手法も統一されていない情報に基づく道庁の説が原因で出没多発なんて言えぬ。
また、ミズナラ以外にもヤマブドウやサルナシ等の代替え餌がいくらでもあり、それらもすべて不作というならまだしも、ドングリだけとりあげて、どうこう言う道庁の説は信頼性が乏しい。

コメント (0)

知床のお騒がせグマ第2弾

斜里市街へのクマ侵入に続き、10月26日朝、半島中部の国立公園に接した観光拠点、ウトロの市街地にヒグマが侵入しました。 今朝、6:30頃から7:00過ぎにかけて、ホテル従業員や通行人からヒグマ目撃の通報が相次ぎ、当財団のヒグマ当番職員が持たされている通称「クマ携帯」(24時間受付のクマ通報専用電話)に連絡が入りました。 私を含む財団職員5名ほどが緊急出動。

捜索したところ、クマは海岸段丘上のホテル街付近から、海岸の国道に降りており、さらに国道を渡って道路脇の海岸を歩いているところを発見。 クマは満1才の子を1頭連れた親子連れでした。 海岸沿いに国立公園内に追い戻すことができると判断。 海岸の国道、及び、国道山側に並ぶ住宅地の方に行かれると危険なため、徒歩の者と車輌2台で国道に上がってこないようにプレッシャーをかけながら、追い立てていきました。

いつもの「ホイ!、ホ~~イ!」というかけ声をかけながら、興奮させぬよう注意しながら、ゆっくりと誘導。 国道から丸見えのため、観光バスなどが止まって渋滞が発生しようとしていましたが、そこはいつも連携協力して動いてくれる地元駐在所の警察官が、赤色灯を回したパトカーで「停車せずに、行きなさ~~い!」と、うまくさばいてくれます。 日頃からいっしょにクマ対応をやってもらっているので、そのあたりは慣れたモン。 追い払いの邪魔にならないように、うまく一般車輌を誘導してくれるのです。 約1kmあまり誘導していったところで、国立公園境界の幌別川に到達。 ここで、轟音玉投下、及び、ライフル弾の至近距離への威嚇射撃で、一気に追い立てて8:05対応終了。 今日はたまたまライフル銃しか持ってなくて、ショットガンを用いたゴム弾・花火弾でのより強烈な威嚇追い払い・忌避学習付けができなかったことが残念ですが、淡々と仕事は終了しました。 これがいつもの普通の我々の対応です。市街地中心部へ侵入済みの時には、どちらの方向に追い立てても危険なので、我々自身の手で即射殺することもあります。 しかし、市街の周辺や外縁部に近くて追い払いが可能であれば、学習効果がなく危険性が高い死刑判決済みのクマでない限りは、この様な対応が行われます。 その時々の状況に応じて、柔軟に対策のオプションを繰り出し、住民の安全の確保とクマの無用な捕殺を避けていきます。 ウトロ市街へのヒグマ侵入は今年4回目。 ウトロ市街地をぐるりと取り囲むシカ・クマ侵入防止柵が2006年に完成してから、こんな市街戦は激減しました。 だけど、閉鎖しきれない道路や海岸からの侵入は完全にはなくせません。 これは知床では毎年くり返される日常風景なのです。 今年も「クマの異常出没」が叫ばれ、全国津々浦々で相も変わらずクマと見れば即射殺という「駆除一辺倒」の対策が行われています。 そこには、殺さなくても良い状況も多々あるはずです。 しかし、ゴム弾などの威嚇弾や轟音玉・クマ対策犬による追い払い、クマの行動を熟知した上での誘導技術、電気柵などによる防衛等々、多様な手法を駆使した総合対策は、技術と経験、そして、手間暇を要します。 片手間のボランティアによる猟友会員の対応では無理です。 結局は最も簡単な殺すという選択肢しか出てこないのが現状でしょう。 しかも、そのボランティア頼みの体制さえも、ハンターの減少・高齢化で後10年以内には崩壊するのが火を見るより明らかです。 さまざまな手法による総合対策、地域住民への安全と防衛に関する普及啓発、そして、緊急の際には「射殺」という究極の手段の断行、それらを一体的に実行可能な人材・組織の地域への配置が必ず必要です。 さもなければ、必ず巡り来る「クマの大出没」に対して大量殺戮するのみという先進国として恥ずかしい対応を繰り返すことしかできないのです。 そして、それさえもできなくなる日が、今刻々と近付いてきています。 クマばかりではありません、全国で爆発しているイノシシ、シカ、サル等々の問題についても、各県こぞって「特定鳥獣保護管理計画」等を作って対応しようとしています。 しかし、地方財政が困窮を極める中、機能不全に陥っているもの、そもそも「能書き」に過ぎないものが目立ちます。 「計画」はあっても、そこに「動ける人」がいなければ、打つ手はありません。 この「獣たちの逆襲」に対して、今、日本はどう立ち向かおうとしているのでしょうか? (知床財団事務局長 山中正実) 写真説明:国道脇の海岸を誘導されていく親子グマ。 ©知床財団 能勢 峰

コメント (0)

お騒がせの斜里市街地ヒグマ出没

斜里市街へのヒグマ出現がマスコミを賑わしているようです。報道されている写真が撮影された場所は、何と斜里町の中心市街。某代議士の実家の中華料理店前でした。
斜里町役場は今朝からマスコミの問い合わせや、どうして撃ったんだぁ~~!?という苦情対応に追われているようです。
クマを直接見た斜里の街中の住民はちょっとビックリだったかもしれませんが、現場では淡々とかつ迅速に対応が終了しました。今年も全国各地でクマ出没大騒ぎですが、知床ではどこやらの町のようにパニックになって大騒ぎすることはありません。
斜里市街突入は初めてでも、これまでも斜里市街ギリギリの接近はありましたし、今回のような市街戦は羅臼町や同じ斜里町でもウトロの市街地では特別珍しいことでも何でもありません。騒いでいるのはむしろ外の人々です。
 斜里町では毎年600~800件ものヒグマ目撃に対して、さまざまな対策を行ってきています。この数字は、2004年、2006年と大爆発したツキノワグマの異常出没の時、大騒ぎしていた一つの都道府県における出没件数に匹敵しています。一つの県全体で驚天動地のパニックを引き起こした件数と同じくらいの状況が、たった一つの町で毎年ごく普通のことなのです。

今年、本州各地で言われているような「山の実りが不作、餌不足、異常出没」というようなことではありません。豊かな自然に恵まれた知床では、ドングリが少なくても、ヤマブドウやサルナシ、ハイマツなどさまざまな果実が補ってくれます。さらには川に遡るサケ・マスが海の恵みをもたらします。また、今秋は木の実はおしなべて豊作でした。事件のクマたちも丸々とよく太っていました。知床では山の実りがあろうが無かろうが、クマたちは毎年たくさんお出ましになるのです。  ( 写真: 知床のヤマブドウ)
この様な状況の中、斜里町におけるヒグマ対策は、畑で農業被害を起こすヒグマを除けば、基本的に命を奪うことのない対応が中心です。威嚇弾を撃ち込んだり、犬を使ったり、工夫を重ねて、クマがいては困る場所から追い払います。人の近くに来ると怖いぞと言うことを学習させようとしています。そのような努力の上で、学習効果がなく、どうしても危険性が排除できない場合や緊急性が高い場合は、駆除も重要なオプションとなっています。しかし、それは選択肢の一つにすぎません。
 全国津々浦々、ほとんどの地域でクマを見れば即撃ち殺すのが全てという対応が行われている中、斜里町は毎年600~800件もの出没に対して、駆除せざるを得ないものは10頭前後です。しかもそのほとんどは、農地で直接作物に被害を与えていたものです。
市街地での出没では、周縁部では山林へと追い返す対応が主に行われます。しかし、発見時点で既に市街地の中心部に入ってしまっている場合には、どちらの方向に追い払っても興奮したクマが市街地を駆け抜けることになり、追い返すことができないことがあります。そんな時は、躊躇している間はありません。仕方なくその場で射殺することもあります。今回の斜里市街地への出現は、まさにこの様な例でした。しかも、斜里市街地は広大な農耕地帯の中にあって、追い返すべきクマが通常生息している山までは10km以上も離れており、追い返して山まで安全に誘導することは不可能な状況でした。
 こんな時、良く言われるのは「麻酔銃で捕まえて、山に放してやればいいのに・・・」という話です。しかし、それは麻酔銃や麻酔薬の特性を知らない人の意見です。麻酔銃の弾が当たったら、動物はすぐにバッタリ倒れると思っている人が多いのですが、それはテレビで「野生の王国」なんかの見過ぎです(あっ!ちょっと古いか・・・)。 ヘリコプターからゾウを麻酔銃で撃つと、すぐ眠ってしまうような映像が繰り返し放映されていましたが、あれは編集されているからそうなっています。麻酔薬は効くまで時には10分以上もかかります。大型獣の場合は1発で必要な量を注入できるとは限りません。撃たれると、驚いて走ってしまうでしょうから、眠るまでの間、もうろうとしたクマが市街地をうろつく状態は非常に危険です。その間、どこに行ってしまうかも分かりません。また、麻酔銃は射程が短く、すぐ近くまで近付かねばならないので、危険性が高い動物が興奮しているような時にはなかなか使いづらいものです。
かつて北海道で長く続いた春グマ駆除。これは実質的にはヒグマ絶滅化政策でした。集落や農地に接した里山、それに続く山麓部あたりから、ヒグマは徹底的に駆逐されました。
それが終結してかれこれ20年。彼らは確実にかつての領域を回復しつつあります。そして、近郊の山々をまじめに歩くようなハンターはどんどんいなくなり、高齢者ばかりとなって捕獲圧は急減しています。つまり、人の生活圏とヒグマの生息地は緩衝帯を失って近接し、捕獲圧が低下したことでクマたちはたやすく境界を越え、かつ、捕獲にさらされていないクマたちは呑気に人の近くに現れるという構図です。北海道ばかりでなく、これはむしろ今、全国各地で大問題となっているイノシシ、シカ、サル、クマなどの問題で典型的な構図です。高度成長期に奥山に追いやられた獣たちが逆襲を開始して、人の生活圏に押し寄せつつあるのです。
そのような背景の元に、例えば、北海道では、札幌市西区や南区のように人口密集地に隣接した山林にさえヒグマが普通に生息している状況が生まれたり、今春の帯広市の事件のように山から遠く離れた平野部の農耕地の中の山林でヒグマによる事故が発生したり、ということが起きています。知床の近くでも、標津町の地元NPOと北大のチームによるヒグマの追跡調査で、大牧草地帯と市街地近郊を縦横無尽に動き回るヒグマの実態が明らかになって来ました。
 そのような状況のもっとも進行した例が知床です。その知床としても、今回のクマたちは、ちょっとあんたらやり過ぎだよ~~、といった無鉄砲な行動でした。
しかし、これはもはや知床の特殊な例と言っていられない状況なのです。
 
 生物多様性が日常語になった今日、かつてのように殺戮し尽くしてヒグマを奥山に追いつめるような対応は選択肢になり得ないでしょう。また、仮にやるにしても、後10年もたてば希少種・絶滅危惧種化することは間違いない狩猟者だけに依存して行うことは無理なことです。
 たとえ都市近郊であっても、森があれば当然クマがいる、油断禁物であることを共通認識にしなければなりません。出会わないための、あるいは、引き寄せないための手段は、至極簡単に学ぶことができることです。それを交通ルールと同程度に北海道民共通の常識としなければなりません。
そうすれば、人にとってもクマにとっても不幸な結果になる出会いの多くを防ぐことが可能です。
 さらには、万一の場合にも即応できる危機管理体制の再構築が必須です。猟友会の人々のボランティアに依存した安易な体制は崩壊間近です。斜里・羅臼両町と知床財団の取り組みや、最近試行をはじめた標津町のように、地域の自然環境や野生生物に関わる課題に地に足をつけて取り組む人材の配置がなければ、爆発寸前の野生動物問題、特に高度な危機管理を必要とするクマの課題には対応不可能です。
(知床財団事務局長 山中正実)

 

コメント (0)

ブログ