カテゴリー  普及

峰浜小の総合学習

070227minehama.jpg
実施日:2007年2月27日
知床財団のある知床半島のオホーツク海側の町、斜里町には、9校の小学校があります。その内の一つ、峰浜小学校の3,4年生クラスの総合学習のお手伝いをしてきました。
峰浜小学校は、総児童数20数人のこじんまりした学校ですが、ホームページでいろいろな情報発信をして、総理大臣賞をもらうなど、とても活発な活動で知られています。
今日は2日後に控えた学習発表会に向けた総合学習のまとめの時間。子供たちが調べてきたテーマはエゾシカ。2つのグループに分かれ「増えすぎたエゾシカ」と「バンビの長城」(ウトロ地区のシカ柵)についてまとめています。
どちらも財団が普段の業務でも密接に関わるテーマです。子供たちから出て来る素直でストレートな疑問に答える形で授業に参加し、私たちにとっても楽しくて、意味深い時間を過ごしました。

コメント (0)

描いて伝える知床

toyomisketch.jpg動物画家 田中豊美氏の知床取材
実施日 10月13日~21日
知床の自然、そこに息づく生き物達の躍動・生態をわかりやすく伝え、より多くの人々に理解を深めてほしい。生き物たちの生態だけでなく躍動感や命のきらめき、感動、問題意識など、写真・映像や文章では伝えきれないものを表現したいという思いから、知床財団では出版物やホームページなど私たちの情報発信ツールとして、動物画の活用を検討しています。日本を代表する動物画家 田中豊美氏のご協力を得て動き出したこの企画、まずは制作のための取材に田中氏を知床に招聘。各季節年4回の取材のうち秋の取材が先日行われ、当財団スタッフがご案内しました。

続きを読む →

コメント (0)

知床フィールド講座「知床の海を支える魚たち」

koza_sakana.jpg
実施日:2006年9月9日
知床の海は豊かだと言う・・・
何が豊かなのかを、実感させてくるのは、この男しかいない!
そう、財団の新人ながら、オホーツクの海を誰よりも知る研究者、野別貴博氏が今回の講師。
知床の魚たちの生活を、豊富な知識と、海と魚へ知床へのあふれる思いで、解説しながら、大潮の海で遊んだ。

続きを読む →

コメント (0)

ブログ